今日は夏日でした。
今年の春は異常です。夏から冬へと、気温の振れが大きいです。

今年例年になく良く咲いてくれた山吹の花は切り花にする時もなく
終わってしまいました。


30山吹


香りの良い糸水仙も沢山咲きましたが、もう終わりそうです。
咲き始めの紫蘭と花瓶で役立ってもらいました。


糸水仙30


糸水仙とシラン


今日の紫蘭です。

シラン紫30


シラン白30


葉に斑入りの白色紫蘭はこれからです。

シラン斑入り葉30


オーニソガラムが咲いてきました。


オーニソガラム


畑のあちこちに増えています。


オーニソガラム2


オルレアが一輪咲き始めました。


オルレア30アッブ



姫ウツギは鉢植えです。


30姫ウツギ


明日からは又寒いらしい、体調管理に気をつけましょう!!

コーヒーの木他
楽しみにしていたコーヒーの木が一日遅れで届きました。
立派な苗に感激。


コーヒーの木


包装を取ると、受け皿まで付いてました。コーヒーの木は3株。


コーヒーの木2

すぐに根が廻りそうなので、1株と2株に分けて2鉢にしました。
1鉢1株の方(右)は実を成らせるようにお日様にあてて育てたいと思っています。
もう1方の鉢は観葉植物として、室内で風雨にさらさず、しばらくは大切に。
そのうちこれにも実を成らせようと思うかもしれませんね。



コーヒーの木2鉢



14日の夜間は大変な風雨でした。起きてみると門上にあった鉢が飛ばされ、
下にあったパンジーを直撃、引きちぎられた花が散らかっていました。
そんな花を拾い、一輪挿しに。なんとも愛らしく洗面所に行く度健気だなと思っています。


嵐の後で


今年はキエビネがことのほか綺麗に咲いてますのでもう一度の紹介です。


4:17黄エビネ


イベリスも良く咲いてます。


イベリス30


今年はデンドロは不出来で、セッコクもようやくこれだけが咲いています。


30セッコク


エアープランツ・イオナンタは例年6月頃と思っていましたが、
もうこんなに咲いています。


30イオナンタクランプ


沖縄土産の観賞用ミニパイナップルもいつの間にか可愛い実を付けてました。


30パイナップル



夏を越し、冬は戸外越しした、レウイシアも咲いてます。一株が別れて双子です。


4:17レウイシア


インベーダーとお隣さんと、勝手に別名を付けた岩唐草もプランター植の侘助の下で
蔓延り咲いてます。可愛い花です。


30岩唐草


嬉しい頂き物
春蘭は30年以上前から、我が家にあるのはあるのですが、
ブログを始めた頃には次第に元気がなく田舎通いもしていたので、
そのまま地植えにして先細りになっていました。田舎通いも終わったので
今年、東洋欄を枯らした空いた鉢に、植え替えて蘇らせたいと試みていました。

先日、一昨年この町内に越されて来た奥様を無くされて単身のお爺さん(87才)の
庭端に春蘭が見事に花咲いているのを見つけ、おじさんも居られたので、
良く咲いてますね!!と声かけしたら、「もうギュウギュウで植え替えないといけないんだけど
要ればあげるよ!!」。と「今花一杯付けてるので今は無理でしょう?」と言うと「大丈夫
大丈夫、丈夫だから」と、鉢から抜き出しカマで半分に切って、「ホレあげる」と
嬉しく頂いてきました。

こちらに越されて何年も経っていないのに、誰にでも気さくに、ご自分から声かけして、
男性には珍しいタイプの方です。奥様を亡くされ、一人で越されて来ても元気で楽しそうです。
こういう風に生きられればいいなとお手本にしたいと思える方なんです。

頂いた半分(四分の一)でこんなに見事に咲いてます。


春蘭


もう一方の半分は椿の根元に植えました。


春蘭地植え


私が今年から蘇らせようとした、小さくなってしまった春蘭は右の鉢です。


春蘭チビ_


変わり咲きのツツジとモミジが美しいです。


ツツジとモミジ


シラユキゲシは庭の縁をぐるりと伸びていきます。


シラユキゲシ


フリージアの赤色が復活して2茎咲きました。軒下の地植えです。


フリージア赤黄色


キエビネも咲いてきました。下の蕾も今日は開き始めていました。


30キエビネ


スズランも地植えでアッチコッチと咲いてます。


30スズラン


マーガレット意外と寒さに弱いので室内取り込みをしていました。
コスモスですか?と間違えられるマーガレットです。


コスモス様マーガレット


今日、ポイントをセコセコ貯めて申し込んだコーヒーの木が届く予定です。
何時頃届くでしょうか楽しみです。次回はこの記事を。


蘭 と草花等
温度管理をいい加減にした蘭達も春になりようやく花が咲いてきました。
例年よりは大幅に遅れています。


ようやく大輪のデンドロが咲きました。小輪のデンドロ室内取り込みをせず
なんとか生きているかな?の状態です。花は咲かないらしいです。
中輪のデンドロは枯らしてしまいました。


DSCN5067.jpg

枯れたゴムの幹に寄生するように根を伸ばしています。植え替えも何年もしないので
今年の花数はグッと少なくなりました。今年は植え替えてやらねばならないかな?

普通サイズの花キリンの赤と黄色がありましたが、冬の取り込みを止めると
枯れてなくなりました。どうやらこの赤花と黄花を親に自然交配したらしい、
花キリンが同じゴムの木の根元に同居して咲いています。




DSCN5062.jpg


DSCN5063.jpg

なかなか良い色合いです。
一鉢に独立させて育てていこうと思っています。


DSCN5064.jpg


胡蝶蘭も細々と。普通の胡蝶蘭なんですが、これだけの花数です。


DSCN5037.jpg


ミニカトレアです。


DSCN5036.jpg


胡蝶蘭はもう1株。ミニの赤系とミディの黄色は未だ堅い蕾です。


DSCN5069.jpg

ダイソー由来のアンスリュームはミニで咲いてます。


DSCN5072.jpg


どこから来たのかこんな小さな花が咲いています。

追記
今日ネット検索でキラン草とわかりました。別名 地獄の釜のフタとか。
筋骨草という生薬にもなるそうで、地獄の釜のフタの名前の由来は病気を治して地獄の釜にフタする
ということのようです。


DSCN5042.jpg


日本桜草も咲いてます。プリムラ・マラコイデスと違って意外と育て難いです。
うっかりしてると無くなってしまいます。


DSCN5057.jpg


戸外で冬越しをした、今年で最後のレウイシアが1輪咲いてきました。
双子のようになっていますが、わかりますか?

DSCN5071.jpg

シャクナゲ、桜 他
今年初めて咲いたシャクナゲ、ミセスフジイ思いのほか美しい花で気にいっています。
シャクナゲは何故か我が家と相性が悪く、買っては枯らし、かっては枯らししていました。
何年か前農協祭りで安価(育て易いことの印みたいに思っています)なシャクナゲを
見つけて購入、思った通り枯れずに何年か咲いていますが咲き始めはピンク色で
美しいのですが、程なく色褪せてくるので、???と思っていました。
今年は未だ蕾みは沢山持っていますが、咲きません。プランターに植えて何年にもなるので
力がなくなったのでしょうか?



農協シャクナゲ


そして今度はお手頃価格の未開花株を購入、1年置いて今年ようやくの開花を見ました。


蕾が付いて

ミセスアザレア1


蕾が膨らんで、15個の一杯の蕾に喜んでいた矢先、後ろに目のない私はうっかり5個の蕾を
折ってしまいました。


ミセスアザレア2


5個が欠けても見事な花です。2番目の蕾達も咲いてきました。
チューリップも意外と長く咲いています。


4:5のシャクナゲ


挿し芽から育てていた富士桜、鉢に植え地面に埋めて置きました。
花が咲き掘り出すとこんなに下に根(鉢の下左)が出ています。花が終わると今年は根を切って
そのまま又地面に植えておくことにします。


富士桜1の縦


富士桜1の横

今日は見頃になりました。


4:4の富士桜アップjpg


もう1株は田舎の富士桜で取り木したものです。昨年秋、田舎をひきあげる時持ち帰りました。
すぐに花芽も付けていますが、根が育つ間がないので、花はチラチラです。
どんな風に育てようかと考え中です。


富士桜2


30富士桜あっぷ


そろそろ椿は終わりかけているのに、今頃見頃を迎えた今年の藪椿です。

30藪椿アップ


ボケも赤2種、白八重、寒ぼけとあるのですが、この草ボケは何故かこれまで、紹介したことがありません。
多摩川沿いの社宅に居たとき多摩川土手にあったものをちょっと持ち帰り、最初からの住人なのに、
プランターの隅に植えてあり、(今は満作と同居)草丈も草ボケというだけあって伸びないので、目立たない。
でも色合いは一番好きな花色です。優しいオレンジなんです。


草ボケ



エイプリルフール
ここのところ暖かい日が続いています。今日も良い天気です。
子供の頃はエイプリルフールを楽しんでいましが今はそんなこと覚えている
人もいないみたいですね。

エイプリルフールは私達の結婚記念日です。堪え難きを堪え、忍びがたきを忍んで(??どっちが?)
半世紀が無事に過ぎました。二人ともに病気での入退院はなく、健康でいられたことは
先ず有り難いことでした。これから先は?ですが。


庭で初めて咲く三重シャクナゲ、ミセスフジイが蕾を持ちました。


ミセスアザレア1

少しふくらんできました。


ミセスアザレア2


丁字サクラとチューリップ、蕾のシャクナゲ(奥)と丁字サクラ側からみても綺麗で満足です。

チュウーリップ丁字サクラアザレア裏

シャクナゲの方からみてもきれいです。丁度良い春です。

チューリップ丁字サクラアザレア前


花付きの良く無い草丈は小さく花は大きなアヤメ科の花がありました。
何年ぶりかで、花を咲かせているのをみつけました。
葉はイチハツのようです。エヒメアヤメとして頂いたものですが、愛媛菖蒲とは
どうも違うのではとと思っていました。
今日ネット検索で姫イチハツと分かりました。

姫イチハツです。


姫イチハツ

奥にムスカリが咲いています。こんな大きさです。

姫イチハツとムスカリ


ハナカイドウが満開になり、今日はもう散り始めました。


花海棠満開


今年は早いです。昨年の今頃は蕾だったんですね。


2017:3:30ハナカイドウ


エアープランツ・オアクサカーナーが咲いて萎みかけています。
気をつけていたけど、又見逃してしまいました。


エアープランツ・オアクサカーナー


エアープランツの根はこんな物なので、花が咲くと小さな鉢に置いてやります。
一寸前に咲いて終わったシーディアナに良く似ています。


エアープランツの根


花の終わったシーディアナ(右)の方が大きく、オアクサカーナーは小さいです。


エアープランツシーディアナとオアクサカーナー


アケビの花が1株は満開みたいです。もう1株のほうが未だ咲かないのです。
異種交配しないと、実が付き難いとのことなので、今年は何個の実がつくでしょう?


30アケビ花



ニオイバンマツリの復活
初めての幹割れを起こして、今年の寒さに堪えきれず枯死かな??と心配していた
ニオイバンマツリは、なんとか生き残ったようで嬉しくなりました。

昨年花が咲いていたニオイバンマツリ

ニオイバンマツリの今


幹割れ起こしたとき根元部分

幹割れ

あちこちの幹が縦に割れていました。

幹割れ2


そしてはじめての種も見つけました。枯れる準備なのかな?と


ニオイバンマツリ種


今日その実を割ってみました。中に5粒の種が入っていましたので種蒔きをしておきました。
さてこの種から何年経過すると花が咲く迄になるのでしようか????


ニオイバンマツリ種5粒


近頃の異常なまでの暖かさにビックリしたのか、 濃い紫色の新芽があちこちの枝先から
出てきてます。生きていたんです。ダメージが大きいので、花はどうかな?と思いますが、
ひとまず嬉しいことでした。


ニオイバンマツリに新芽


この暖かさで他の花達もどんどん咲いてきてます。

モロッコナズナは寒さにも強く可愛い花です。


モロッコナズナの近影


30モロッコナズナ


鉢植えの花海棠も咲いてきました。


30花カイドウ


白いイカリ草も赤色のイカリ草に続いて咲いてます。


紅白イカリ草

ブーゲンビリアも咲き始めました。中の黄色い部分が花です。


30ブーゲンビリア全景


302ブーゲンビリア


プランターのイエイオンは家の周りにおいてありますので、葉が黄色く傷んでいません。


プランターのイエイオン30


春本番スミレ他
暖かくなりました。ソメイヨシノも早く満開になるようです。
畑に行ってみると、食べきれなかった白菜。キャベツ等に菜の花が咲いていて
きれいです。


これは小松菜です。


小松菜の花


ビオラも零れ種であちこちで咲きます。
そんなビオラの花色が好みの物は庭に持ち帰り、買ったスミレやビオラの傍に植えます。


パンジービオラ30


虹色スミレもまだまだ美しく目を楽しませてくれています。


虹色スミレの今日


葉に切れ込みのあるスミレの赤系の平塚スミレと南山スミレを2種以前から育ててました。
ある時おなじ葉に切れ込みのある白いスミレが何処からか飛んで来て、葉に切れ込みのある
スミレがあっちにもこっちにも、出てくるようになりました。
葉を見ると区別つかなく、多いので、抜き去っていました。
今年ふと気がつくと、周りは白ばかり、赤系スミレの姿がありません。
庭中探して、ようやく1株見つけました。なんとか種でも採りたいと大切に鉢に植えました。


赤系スミレ30


この白いスミレ逞しいのです。今は庭中このスミレです。


白スミレ30


今日はそんなスミレをプランターに集めました。

白スミレプランター


その他タチツボスミレは老爺柿の根元やもう2カ所に。


タチツボスミレ30


小スミレはキングサリの根元に。緩行性肥料の粒と比べてみてください。可愛い小さい、
この地に自生していたスミレらしいスミレです。


小スミレ30


何年も植え替えをしないチューリップ、黄色が多くなりました。
今日最初に咲いてきたのも黄色、赤色も2株は残っているようです。
今年もそのままで来年も咲きますようにと施肥しておきました。


チューリップ30


丁字サクラも急に見頃になりました。


丁字サクラ30


丁字サクラ30アップ


チオノドクサも増えてきました。小さくてかわいい花です。


チオノドクサ30畑


イエイオンも丈夫でどんどん増えますが、寒さが厳しかったので、葉が黄色になっています。

イエイオン30畑



春分の日
一昨日の春分の日は真冬に逆戻りの雪の一日となりました。

春を感じ庭は花で賑わい始めていましたが、植物達はかなりの雪にびっくり
戸惑っていたことでしょう!!

何年も育てているイカリ草ですが、鉢のまま庭に埋め込み、花を見る頃は
留守の時が多かったように思います。今年は庭から掘り出しました。
花が咲き始めましたが、雪が降り始めたので取り込みました。
白花はまだ咲きません。


イカリ草に雪


最後に咲いて来た濃いピンクの雪割草は、雪で埋まりそうです。


雪と雪割草1輪


雪と雪割草3:21


雪と雪雪割草全景


春の雪は翌日にはすっかり溶けて、まだ寒かったですが、
今日は又暖かい春の日に戻りました。明日日曜日はぐっと暖かく(16℃)なるとの予報です。

白や薄ピククの混じる寒ぼけは好きなボケです。千両との寄せ植えで鉢植えです。


寒ぼけ30


白の八重咲きは最後に開花します。まだほとんど蕾みです。


紅白ボケ30


椿「浄蓮の春」優しい濃淡のあるピンク色です。風や雨に傷められてましたが、
ようやく一輪無傷で咲きました。


浄蓮の春一輪


左「浄蓮の春」右下 白椿(傷があります) 濃いピンクの侘助がチラチラと。
三種咲きのツパキをもう一度紹介です。


椿3種


その椿の木の下に日向ミズキが咲いてきました。


日向ミズキ30



エアープランツ・シーディアナ
2/5日ころ2輪目の花に気づいたのですから、最初の花から最後の花が咲く終わる迄には、
2ヶ月も経過することになります。全部で6輪。ボチボチと目立たず、静かに咲き続けていました。



エアープランツシーディアナ最後の花


エアープランツシーディアナ


続クリスマスローズ他
3月も半ばを過ぎて、クリスマスローズのシーズンも過ぎそうです。
北側にあったり、成長の遅かった物などを、紹介します。
最初に数字の入っているものは種蒔いた年で種から育ったものです。


23ルーセピンク

27クリスマスローズルーセピンク


ルーセピンククリスマスローズ30全景


レッドクリスマスローズ


レッドクリスマスローズ30


糸ピコダブル(我が家で一番高価な花です。)


糸ピコクリスマスローズ30全景


糸ピコクリスマスローズ30アップ


ピンクダブル


大越縦クリスマスローズ


クリスマスローズ大越ピンクダブル

ピンクダブルのこの花も時が経つと色が変わります。


切り花大越クリスマスローズ


27の4 黄色いダブルの花もグリーンに変化しました。


黄色ダブル変色クリスマスローズ

ミヨシスモーキーピンク


スモーキーピンク30アップ


ミヨシクリスマスローズ30


純白のニゲルも今はこんな色になっています。


ニゲルクリスマスローズ変色30


クリスマス頃から咲いていたニゲルで何粒か取蒔きしようと思います。


クリスマスローズ種ニゲル


27の1の4  最後に咲いてきたこの花、一番のお気に入りになりそうです。


クリスマスローズ271k4


有径種のフェチダス。株分けをして2鉢、花茎も5~6出ています。


フェチダス2鉢


27有径種のリビダス?は昨年から咲いていて、今年2茎の花を咲かせています。
有径種は成長がはやいですね。


リビダス27全景

時々の暖かさでヨウラクツツアナナスも咲いてきました。

ヨウラクツツアナナス30


ヨウラクツツアナナス30アップ


畑に行って見るとヒヤシンスも


ヒヤシンス30


ラッパ水仙も咲いていて、ボケも満開でした。


白黄水仙とボケ


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.