FC2ブログ

1月は去(い)んで
瞬く間に1月も過ぎました。
その1月にボツボツと咲いていた我が家の花達は、まだ咲き続けています。

昨年から咲いているブーゲンビリアはますます元気に賑やかに咲いて
明るい気分にしてくれてます。


まだ咲き続けているブーゲンビリア


クリスマスローズ・ニゲル 今年も早くから沢山の蕾をつけ、早く咲いた物から
純白の時期を過ぎて、ピンク色に変色してきました。


ニゲル花盛り

今冬の温暖なせいなのか寒菊の開花は遅れてしまいました。
お正月の花に間に合ったのは最初に咲き始めた白菊だけです。


令和寒菊白


赤色は1/20過ぎから


令和寒菊赤

黄菊も同じ頃からで正月には役立ちませんでした。

令和寒菊黄


ホームセンターでふと目にしたプリムラ・スイートジュリアン購入。可愛いでしょう!!


プリムラバラ咲き


蠟梅も咲いてよい香りを漂わせています。


令和蠟梅

一株に熟したコーヒーチェリーを収獲しました。

コーヒーの実1弾


プランター植の侘助椿の太郎冠者も花盛りです。


令和侘助太郎冠者


1株の梅(白加賀)に紅梅、緑萼、しだれ咲き等を接ぎ木している梅の蕾も膨らんできました。
緑萼と紅梅の蕾は、よく区別できます。


梅蕾み

絵手紙も少々楽しみました。マサキの実は今は全部、子鳥に食べられてしまいました。


マサキ絵手紙令和


挿し木で育てたクリスマスホーリー小鳥に食べられないようにと網をかけていましたが

クリスマスホーリーR1


網のかかったクリスマスホーリー全景

かくのごとく、何処から食べたのか?一粒残らず、たべられてます。

網のかかったクリスマスホーリー

近所のスーパーでドラゴンフルーツが売られているのに気付き、種まきしようと購入。
そんなに美味しい果物ではありませんが。寒い時なのでどうなるかな?

ドラゴンフルーツ絵手紙縦

ドラゴンフルーツ横絵手紙




新年
新しい年になりました。今年は穏やかで、災害のない年となりますように!!

R1年12月の我が家の植物達です。


昨年思いがけなく、初めて実を付けたコーヒーの木は
赤い実が増えてきました。

コーヒー実アップ


コーヒー赤い実全景


12月半ば頃、絵手紙でも役立ってもらえました。


絵手紙コーヒー


絵手紙コーヒー2


最初に赤くなった実(コーヒーチェリーと言うそうなので。)を味わってみました。
ほんのり甘く美味しい果物というようではありませんが、食べられます。


コーヒー豆

皮を食した後のコーヒー豆です。1個の赤い実に2個入っています。

コーヒー豆皮を剥いて

この豆を2ヶ月乾燥させ、焙煎して、挽いてコーヒーに。手間がかかりそうです。


冬のハイビスカス。
もう1年育ててみる事にしたドアーフバナナ(左に葉が見えてます)と一緒に
毎日運動だと思いながら、ひこじって玄関に出し入れしています。


冬のハイビスカス


ブーゲンビリアは今年とても元気です。


ブーゲンビリアR1


ブーゲンビリアの花は、小さく白く見える部分です。今年は8月にも咲いていました。

Rブーゲンビリア花


クチナシは何故かまだ赤くなりません。


クチナシの実R!

挿し芽で育てていたマサキは昨年1個の実を付けましたが、今年は沢山の実を
つけてくれました。赤い実が顔を出して可愛い実です。


マサキR1

マサキR1全景


これも挿し木からのクリスマスホーリー、もう小鳥に実を食べられています。
(真ん中あたりの下部分)

クリスマスホーリーR1


相性が悪いのかあまり育たなかったクリスマスローズ・ニゲルが昨シーズンから元気です。


クリスマスローズ・ニゲルR1


令和元年最後の訪問者はツーショットを撮らせてくれました。
2羽寄り添っているのですが、わかりますか?


最後の訪問者


最後の訪問者2



いつの間にか師走になりました。
月1のブログ更新なので、11月初め頃からの花の紹介になります。


我が家のホトトギスはいち早く咲いてきたのが白色。10月末に咲き終わりました。


令和白ホトトギス


里から運んだホトトギス大きくもなり、あちこちに広がってます。
紫色が意外と美しいホトトギスで切り花にも重宝しています。


令和ホトトギス既存の



黄色が欲しくて仲間入りさせたツキヌキホトトギス3年目になりますかね。


 ツキヌキホトトギスアップ令和


令和ツキヌキホトトギス


紀伊ジョウロウホトトギスが欲しくて、ネットで購入してもらった株に
ようやく1花咲きました。もう少し沢山の花が咲くかと思いましたが根が充実
していなかったのか1花だけでした。


ようやっと咲いた紀伊ジョウロウホトトギス


ジョウロウホトトギス

ジョウロウホトトギス2


シーズンの菊ですが。
私が力を入れている菊は夏菊と寒菊です。がシーズンの菊も何種か
咲いてます。畑では籠菊が巨大になってます。菊は手入れをしないと
見られるようには咲きませんね。虫もよくつき、病気にもなります。


畑で咲いている菊達


令和畑の菊


裏にプランターや鉢で育てている菊達。10月サクラ(鉢植え)も一緒に咲いてます。


裏の花


そして今年1鉢、小菊盆栽展で見つけた可愛い小菊を加えました。


菊ケヤキ



11月29日、好天に恵まれ、皇居の大嘗宮を見学してきました。
大嘗宮はいろいろと報道されていますので、カットして。


皇居内の松は赤松、黒松と良く手入れされ素晴らしいです。今回は
二の丸公園の小さな池に映り込んでいるこんな松に出会えました。


二の丸公園の松と池


しばらく歩き進むと次の池に、金魚???、鯉???と理解の出来ない魚が泳いでいました。


鯉1

鯉2

池端にこんな説明文を見つけ納得でした。


鯉の説明

又途中

デイゴがこんな所でこんな時期に咲いていると思いました。不思議だな?
沖縄の花と思っていましたので。


カイコウズ

名札に

かいこう名札


帰宅後調べてみましたら、アメリカディゴの別名で花期は6月~9月頃までとか、
なかには11月まで咲くこともあるようです。デイゴでした。


私の年では次の代替わりはないと思われますので、大嘗宮の見学が出来て良かった
楽しい一日でした。


嬉しいことにコーヒーの実が赤くなりはじめました。全部が赤く熟し自家製コーヒーが
飲めるのは何時のことになるでしようか?


コーヒーの実赤くなる



11月の絵手紙
最近は喪中欠礼のハガキが届くようになりました。
我が家もダブル喪中なのですが、欠礼ハガキは出しません。
夫は今年の賀状で年賀状終いの挨拶を済ませているからです。

私は絵手紙で賀状パスを知らせたり、寒中見舞いに代えようと思っていて
ボチボチと絵手紙を描いています。


畑に植えたツルウメモドキは拡がって管理が大変です。畑のあちこちに芽ぶいてきます。


ツルウメモドキ畑の1部


令和ツルウメモドキ絵手紙縦


令和ツルウメモドキ絵手紙横


ツルウメモドキ花瓶に


小鉢で育てたツワブキが咲きました。蕾を幾つか付けてます。


 ツワブキ小鉢1       ツワブキ小鉢2


絵手紙縦ツワブキ小鉢


吉祥草が咲いてます。良く増えるというのでプランターに植えました。
プランターから溢れるように増えてます。


吉祥草絵手紙1


吉祥草2絵手紙


吉祥草プランター



畑の秋明菊と菊達を鉢カバーを花瓶代わりに投げ入れにしてみました。


菊2秋明菊花瓶

10月の庭の花達
最近の気候は少し?ですが、それでも季節は確実に冬に向かって
いるようです。秋の快適な時期が、短くなったように思います。


そんな中10月桜が咲きました。

十月桜令和


我が家の十文字草は夏の猛暑にくたびれて、種から育った交雑種だけに
なりました。


令和十文字草1

少し色合いが違うのですが。皆同じようにみえますね。上2株下1株で3株あります。


令和十文字草


木犀も咲いていますが、香りの少し違う柊木犀です。葉が柊のようにギザギザしています。


柊木犀アップ令和


柊木犀全景令和


令和柊モクセイ中


秋明菊は我が家ではピンク系の方が早く咲きます。


令和赤系秋明菊


中には、こんな私好みの花が最近咲きました。

秋明菊良き色


白色は今朝なんとか撮る事が出来ました。今年の花はこぶりです。


令和白秋明菊3輪


令和白秋明菊

種から育てた名無しのナデシコ?意外と可愛い花が9月始め頃から
ポチポチと咲き続けています。


名無しナデシコ


今年も観賞用ミニパイナップルが出来ました。食べられません。


ミニパイナップル令和


紫色の花も咲いてます。

ミニパイナップル1個

稔りの秋 1
10月も終わりました。月日の早さにあらためて驚いています。

庭では色々な実がなりました。故郷の島由来の物です。
アケビは11個稔りました。


R1のアケビ

割れているのに気づいて7個収獲今年は7個と思っていたら


R1アケビ最後の1個


蔓の整理をしていると、既に3個は落ちて腐りかけており
最後に1個まだ割れていない物もありました。

それらを絵手紙にしてみました。

絵手紙アケビR1の2


絵手紙アケビR1縦


絵手紙アケビR1


同じように里から持ち帰ったカラス瓜も今年実をつけました。こちらは10個でした。
小さいのや、いびつなのや、ヒョウタン型のや、いろいろです。


庭のカラス瓜縦


庭のカラス瓜横


同郷の同級生に絵手紙で便りを。


絵手紙喜寿


美しかった仙人草もその名前の由来になったであろう種が出来、
仙人のヒゲのような物が出来ています。


仙人草アップ

仙人草のヒゲ

又又我が里由来の山葡萄。何年も前に株を持ち帰りましたが、日陰に移植したので
何年来実を付ける事はありませんでした。
3年位前に鉢植えにしてみました。令和元年のきりの良い時、初めて
あちらこちらにパラパラと実をつけました。1cm足らずの小さな実ですが、
嬉しいです。種ばかりですが、食べられます。


初なり山葡萄

絵手紙材に、実のなっている枝を切りました。

山葡萄カットして


絵手紙我が家の山葡萄


田舎では道端にこんなにたわわに稔っているのです。
一寸見えづらいですが、完全な房が幾つもぶら下がっているのです。


田舎の山葡萄


酢橘も一杯出来て、まだ木に残っています。
いろいろ便利に使っていますが、黄ばんできて大きくなっています。
お店で売られているサイズの4個分位になっているものもあります。


酢橘R1



9月の植物達の記録
令和元年9月の敬老の日前後は楽しくもあり嬉しくもある9月でした。
喜寿の年でもあるので、自治会からと、連合会からと、二重のお祝い品を頂きました。
連合会からのには「祝長寿」と書かれていました。えっ!!私 長寿なの?と。
最近は100才近くにならないと長寿とは言えないような気がします。

それ関連でデイサービス等でのボランティアの依頼に今度は祝う側に。
ハーモニカ、マジック、ハーマニカ+マジックと3度の出番があり
それぞれ緊張しながら、楽しんでいただきました。ハーモニカは長いのですが、
習い初めて3年を越えたばかりの新米マジシャンも、なんとか、種や仕掛けが
分からないように演じる事が出来、反応が直ぐにくるので楽しく若やいで
過ごすことが出来ました。


さて
挿し芽から育てていた、仙人草が今年初めて咲きました。今は仙人のヒゲを
思わせる種が出来かけています。


仙人草アップ


仙人草縦


仙人草中景


1個頂いたマンゴー、美味しく頂いた後、(冬には一緒に室内に入れられるからと思い)
面白半分ハイビスカスの根元に埋めておきました。するとほどなく発芽してきたのです。
ビックリです1週間も経ていないと思います。
ネットで調べると東京で、実をならす迄に育てられるらしい。そして直根との事。
それならこのままではまずいと思い、直に小さな鉢に植え替えました。



マンゴー発芽


10日後にはこのように成長しましたが、10月に入っても葉は充実してきましたが姿は
あまり変わっていません。どうなるか分かりませんが、初めての試みは楽しいものです。



マンゴー発芽から10日


初めてと言えば今年はじめてのコーヒーの実は肥大してきました。

コーヒー豆肥大する


カラス瓜は最初に稔ったものはもう赤くなりましたが、小さくイビツです。

カラス瓜初成り


まともな物も出来ています。6~7個は出来ているようです。


カラス瓜普通


ミニホスタもひっそりと咲いていました。

Rミニホスタ


萩も咲いて終わりました。


R萩


今年は沖縄スズメウリは鉢植えにしてベランダに登らせました。
細々とですが、赤くなり種は採れそうです。


R沖縄スズメウリ


秋明菊は庭一杯に広がってあちこちに咲いています。


R秋明菊


ゼフィランサスの黄色も増えました。


R黄色ゼフィランサス


9月の絵手紙
10月になりましたが。今日も真夏の暑さです。暑さが効を奏するのか
我が家の蝶豆はまだまだ元気で、バタフライチィーにと集めている花殻も
かなり集まりました。

乾燥させた蝶豆の花

未だ元気に咲き続けている蝶豆


蝶豆未だ元気

9月末の蝶豆


絵手紙R蝶豆


台風15号では横浜も強風が吹き荒れ、公園の木々も枝や実が大量におちました。
少し拾ってきました。拾ってきたコブシの実はほどなく爆ぜてきたので絵手紙に
描いてみました。


R台風後の木の実


R絵手紙落ちたコブシ


ミニパインも早くから1実 稔っていたので、切取り絵手紙にしました。


Rミニパイン切取り


上手紙Rミニパイン


さらに2個小さな実が出来てきました。

ミニパインR


畑の美男葛はもうこんなに大きく色づいています。


R初成り美男葛



絵手紙R美男葛

何年か前広島三次在住の同級生から道の駅で買ったという「キクイモ」が送られてきました。
血糖値によいという薬効があるのです。
畑があるなら植えてみてとのことだったので、一部を残して畑に植えてみました。
困ったなと、思うほどに大きく2m以上に大きく育っていましたが
夏の終わりに白絹病に侵されて枯れてしまい塊根も育っていませんでした。
それでも翌年根を伸ばして1部残っていたものから芽を出し又大きく育ちましたが、
収獲することは出来ず又白絹病の犠牲になりました。
そして今年又同じ事の繰り返しかなと思っていたら、ひまわりに似た花が咲いてきました。
訪問するブログで、花が咲く事は知っていましたので、ようやっと花が見られました。
高く伸びています。奥に見える丸い茶色の実はキウイです。


菊芋の花

送ってくれた友に絵手紙を書きました。そして今年限りでキクイモは終しまいにします。

絵手紙菊芋


彼岸花が咲かないな、消えたかなと思っていたら少々遅れて咲いてきました。


R彼岸花絵手紙


1円切手を追加しないでも済むうちにとせっせと投函しましたが、まだまだ62円切手は残っています。
アヤヤです。



8月盛夏の花達
令和元年の夏も終わりそうそうです。

今年もハイビスカスが咲きました。


Rハイビスカス

毎年、冬に咲いていたブーゲンビリアが元号の変わった今年から夏咲きになりました。

Rのブーゲンビリア全景

赤い部分は苞で花は中の白い部分です。


Rブーゲンビリア花


コンロンカ(ハンカチの花)も今を盛りと綺麗に咲いてます。


コンロンカ


バナナの木はまだ育てています。大きくて新葉はこのようですが、
今は葉が開いて、幅50cm長さ95近くにもなっています。
今年も花の気配はありません。


バナナ新葉


高砂百合が植えない所で咲いてます。


DSCN8786.jpg


今年はカラス瓜の実が幾つか実りそうです。
がこの花は実になりませんでした。


Rカラス瓜花


この(3個)花の中で右隅の目をこらさないと分からない蕾が実になる気配です。


DSCN8790.jpg



遅い時期に咲く、畑にあった玉紫陽花、日照が強すぎるので鉢植えにしました。
鉢で動かせるので今年はままあまあの花8個付けました。


玉紫陽花令和


今年は飾りナスが早くよく育ちました。花瓶に活けたままの実が中で発芽していて、
駄目かと思ったら、それが育ったのです。早くに色づきました。
高砂百合もコスモスも自然に生えて花を咲かせています。切り花に重宝です。
高砂百合は良い香りもありますよ。


  一輪挿し高砂百合と飾りナス     一輪挿しコスモス


蝶豆は今年バタフライティーを目指して花殻を集めています。
出来た豆も落としていると、次々と花を咲かせているので花殻は充分集まりそうです。


盛りの蝶豆


砂漠のばら(アデニューム)を育て始めて何年になるでしょう?

冬期の留守で凍害に会わせ枯れ枯れの状態でしたが、何年ぶりかで今年花を咲かせました。
きり良く令和元年に復活です。


砂漠のばら令和

記録を辿ると2008年購入のようです。
1カ所から3輪の花を付けていたこともあったんですね。
来年はそのように完全復活となりますように!!


砂漠のバラ11日



エアコンと仲良くして
今年の夏は猛暑でした。
熱中症にならぬようにと、エアコンの世話になっていました。

そしてその間、気になっている着物のリメイクに精出していました。


最初に作ったのが、母のシルクウールの長着から妹の作務衣です。
以前の私の絣の作務衣はとても気にいってくれたのですが、少し地味かな?と
心配です。もう少し涼しくなってから送りましょう!!


妹作務衣


残り布で私のブラウスを作りました。
7月初めには出来ていたので、既に着用気心地も良好でした。


茶ブラウス

 
袖丈を短くした同じ型のブラウス、しっかりした羽裏で作ってみました。
まだ出番がありません。薄地なので今年は出番が有るや否やです。


ピンクブラウス


シングル幅の胴裏、これも生地がしっかりしていたので、
ハーモニカ発表会の舞台用にどうかな?と袖にフリルを入れ、後ろ見頃に
ピンタックを入れてみましたが、これも出番があるや、無しや!!


白ブラウス前


白ブラウス後ろ


母のウールから姉の上っ張り(長い方)と私のブラウスを。皆同じパターンで
楽々仕立てをしています。晩秋までしばらく出番待ちです。
姉や妹は喜こんでくれるかどうかは?ですが、手元から気になっている和服が
片付いていくのは、心が身軽になって、嬉しいです。


姉と揃いの普段着


2年前に小さな団扇(右)に和紙を張り絵手紙風に描いていました。
今年竹製の団扇(中)を頂いたので、さぞ良い団扇が出来るかと、描いてみましたが
竹の色が表に写ってあまり良く有りませんでした。
それでプラ骨の団扇(左)で又作ってみました。


団扇

9月に入った今日も暑い一日で、「手作り団扇で涼をとり」でした。



Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.