FC2ブログ

蘭、小鳥 他
東京ドームで世界蘭展が開かれていますね。
29年目になるそうです。1回目は東京ドームではなく、今は閉園になった
向ヶ丘遊園地の一角でした。近くに住んでいましたので、初回から
東京ドームに移ってからも、何度が足を運びましたが、いまはとんとご無沙汰です。


そんな時代の蘭の生き残りや頂いた蘭などがこの時期には咲いてきます。


シンビジューム 薄い色は懸垂型の湖衣姫 赤色は栄光


31コイヒメと栄光


セロジネは2年休みで今年なんとか咲きました。
華やかな花だけど意外と花の咲いている期間は蘭にしては短いです。


開き初め

31セロジネ開花始り


最後の6輪目まで咲きました。


31セロジネ開花



胡蝶蘭も最初の開花の花です。細々と。


胡蝶蘭とセロジネ


ミニ温室の中でミニやミディの胡蝶蘭が蕾を持ってきています。4鉢。
咲くのは何時になるやら?



胡蝶らん4花茎


かわらずメジロは来ていますが、メジロも千両をたべるのです。


梅にメジロ


ヒヨドリも最近は仲良く番いで、来て千両万両の実を貪欲に食べていきます。


ヒヨドリの番


千両が無くなると最後に万両です。一杯の実でしたが、黄色の○囲いの1粒を残して食べ尽くしてしまいました。


一粒だけになった千両


こんなに実っていたのです。



万両2



飾りナスを何時迄も切り花のように飾っていました。
そろそろ種にしておこうと 実を崩してみると、なんと赤い実の中で根が出てました。
ほとんどの種に根が、長く伸びたのや、出始めのや。
さてどうしよう?
どうなるか分かりませんが、ひとまず、根が出始めた種を鉢に埋めておくことにしました。。
根が出ていなさそうな種は乾かしておく事にしました。ビックリしました。



飾りナスの種



今年は遅く実って12月10日頃の飾りナス(地植えです)


12月の飾りナス

蘭と椿
庭に花の無い時期には室内の多肉や蘭が咲き始めます。
大きな物から、だんだんに減そうと言う事で、蘭も少なくなりましたが、
まだ今年もボツボツと咲いています。


ミニカトレア、珍しく5個の蕾を持ちました。


草柳ミニカトレア咲き始め


草柳ミニカトレア


何年か前に東京ドームで求めたデイネマポリブルポン。小さな花ですが、増えています。


デイネマポリブルポン31アップ


ディネマポリプルボン全景31



デン・プリンセス


31デン・プリンセス


初期の東京ドームで買った懸垂性の湖衣姫。当時は懸垂性のシンビジュームは珍しかったのですが。
今年なんとか1茎だけ花をつけました。


31湖衣姫



白鳩が並んで止まっているように見えるので、白鳩椿と呼ばれている「フラテルナ」です。
花は小さくお茶の花に似ています。


白鳩椿1


白鳩椿2


蕾が並んでいます。これが咲くと鳩が並んでいるように見えるのですが、
寒波が来ると色が悪くなります。ここのところ寒がゆるんでいるので、
咲き始めた今の花色はきれいです。


白鳩椿3


白鳩椿中景31


地植えの侘助椿も今は綺麗な花色をしています。


侘助椿地植え


老爺柿も長く楽しませてまらいましたが、実の色が悪くなってきました。


1:17の老爺柿


蘭 と草花等
温度管理をいい加減にした蘭達も春になりようやく花が咲いてきました。
例年よりは大幅に遅れています。


ようやく大輪のデンドロが咲きました。小輪のデンドロ室内取り込みをせず
なんとか生きているかな?の状態です。花は咲かないらしいです。
中輪のデンドロは枯らしてしまいました。


DSCN5067.jpg

枯れたゴムの幹に寄生するように根を伸ばしています。植え替えも何年もしないので
今年の花数はグッと少なくなりました。今年は植え替えてやらねばならないかな?

普通サイズの花キリンの赤と黄色がありましたが、冬の取り込みを止めると
枯れてなくなりました。どうやらこの赤花と黄花を親に自然交配したらしい、
花キリンが同じゴムの木の根元に同居して咲いています。




DSCN5062.jpg


DSCN5063.jpg

なかなか良い色合いです。
一鉢に独立させて育てていこうと思っています。


DSCN5064.jpg


胡蝶蘭も細々と。普通の胡蝶蘭なんですが、これだけの花数です。


DSCN5037.jpg


ミニカトレアです。


DSCN5036.jpg


胡蝶蘭はもう1株。ミニの赤系とミディの黄色は未だ堅い蕾です。


DSCN5069.jpg

ダイソー由来のアンスリュームはミニで咲いてます。


DSCN5072.jpg


どこから来たのかこんな小さな花が咲いています。

追記
今日ネット検索でキラン草とわかりました。別名 地獄の釜のフタとか。
筋骨草という生薬にもなるそうで、地獄の釜のフタの名前の由来は病気を治して地獄の釜にフタする
ということのようです。


DSCN5042.jpg


日本桜草も咲いてます。プリムラ・マラコイデスと違って意外と育て難いです。
うっかりしてると無くなってしまいます。


DSCN5057.jpg


戸外で冬越しをした、今年で最後のレウイシアが1輪咲いてきました。
双子のようになっていますが、わかりますか?

DSCN5071.jpg

蘭 他
今日は3連休の最終日なんですね。サンデー毎日の私達はそんな事にも
気づかずに過ごしてしまいそうです。


戸外に花の無い時期部屋では蘭の花が咲いてきます。耐寒性のあるデンドロは
長く戸外に置いてますので、(セッコクの混ざった小型種は戸外置きのままです。)
花などまだまだ先です。


デン・プリンセスが咲いてきました。


デン・プリンセス30全景


デン・プリンセス30


小型の蘭「ディネマ・プルポラボン」も咲きはじめました。


ディネマ・プルポラボン30

長く咲き続けている黄色のパフィオや、香りの良い蘭と並べてみました。
こんな小さな花です。


蘭そろい踏み


懸垂咲きの湖衣姫は次々と花数が増えてます。

湖衣姫下から

まだ蕾みの「栄光」


30シンビジューム・栄光


「ルナ」右端に写っているのは栄光です。


30シンビジューム・ルナ

パフィオの次の花も大分ふくらみましたが、咲くのはいつでしょう?


パフィオ蕾み30


今年27年種からの初咲き期待大の印「1」昨日から夜間取り込み開始です。
期待に違わない美女のようです。


エルフィン1期待大


23年種蒔きの遅咲き初開花、レッドのシングルかと思ってましたら、ミヨシの
スモーキーピンクに似たセミダブルが開花しました。これもなかなかの美形です。


遅咲き初開花エルフィン


お気に入りの多肉さんの蕾もようやく大きくなりました。
里から子株を持ち帰った物で名前がわかりません。ネットで調べてみますが、
未だに名前は特定出来ません。


名無し多肉開きそう


追記
午後3時半頃には1輪だけ花ガ開いてきました。

名無し多肉花1


径9cmくらいの小鉢に植えてあります。私の名前はなんでしょう!!

名無し多肉全景

サマークリスマスブッシュも白い花を咲かせてます。6月頃には花が落ち萼が赤くなるので、
赤い花が咲いたようになります。


サマークリスマスブッシュ30


ブーゲンビリア一時水不足にさせて、葉を全部落としていましたが、なんとか花蕾を持ってくれました。


ブーゲンビリア30蕾み


庭ではメジロがさえずっています。これは雄メジロです。


雄メジロ

蘭とクリスマスローズ
寒いこの時期を彩ってくれる、蘭とクリスマスローズ
どちらも丈夫で花保ちがいいでね。

蕾や開きかけだったシンビジュームが満開状態になりました。

手前サザナミと栄光

シンビジューム2種

栄光

栄光アップ

湖衣姫

恋姫開花

ルナ

ルナ開花

デイネマ・プルポリボン---花茎2cm位の小さな花です。

デイネマプルポリボン

胡蝶蘭黄色が開き始めました。白色は息絶え絶えです。

胡蝶蘭2種


赤系の表示があったクリスマスローズ遅い開花です。
発芽の小苗は一昨年近くに植えていた初代のクリスマスローズです。
ひ孫苗ですね。クリスマスローズは丈夫育て易いんですね。

クリスマスローズと発芽苗

エ7号2cm位の小さな花、4茎立っているのですが、これで開花なんですね。
これ以上は花が開かないようです。

エ7号開花?全景

エ7号開花アップ


コスモスと間違えられるマーガレット(だと思っている)寒さに弱いので無加温サンルームに
入れてあります。早々と咲いていてもう萎みそうな花もあります。
こちらでは見かけない花なので、枯死させないように時々は挿し芽で更新しています。
田舎では大株で戸外で育っています。
彼岸頃から戸外に出すと、丈夫なしっかりした花が次々と咲いてきます。

マーガレットだったかな?

日本サクラ草もなんとか生き延びているようで、新芽を出しているのを見つけました。
嬉しい一瞬です。

日本サクラ草発芽


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.