シャクナゲ、桜 他
今年初めて咲いたシャクナゲ、ミセスフジイ思いのほか美しい花で気にいっています。
シャクナゲは何故か我が家と相性が悪く、買っては枯らし、かっては枯らししていました。
何年か前農協祭りで安価(育て易いことの印みたいに思っています)なシャクナゲを
見つけて購入、思った通り枯れずに何年か咲いていますが咲き始めはピンク色で
美しいのですが、程なく色褪せてくるので、???と思っていました。
今年は未だ蕾みは沢山持っていますが、咲きません。プランターに植えて何年にもなるので
力がなくなったのでしょうか?



農協シャクナゲ


そして今度はお手頃価格の未開花株を購入、1年置いて今年ようやくの開花を見ました。


蕾が付いて

ミセスアザレア1


蕾が膨らんで、15個の一杯の蕾に喜んでいた矢先、後ろに目のない私はうっかり5個の蕾を
折ってしまいました。


ミセスアザレア2


5個が欠けても見事な花です。2番目の蕾達も咲いてきました。
チューリップも意外と長く咲いています。


4:5のシャクナゲ


挿し芽から育てていた富士桜、鉢に植え地面に埋めて置きました。
花が咲き掘り出すとこんなに下に根(鉢の下左)が出ています。花が終わると今年は根を切って
そのまま又地面に植えておくことにします。


富士桜1の縦


富士桜1の横

今日は見頃になりました。


4:4の富士桜アップjpg


もう1株は田舎の富士桜で取り木したものです。昨年秋、田舎をひきあげる時持ち帰りました。
すぐに花芽も付けていますが、根が育つ間がないので、花はチラチラです。
どんな風に育てようかと考え中です。


富士桜2


30富士桜あっぷ


そろそろ椿は終わりかけているのに、今頃見頃を迎えた今年の藪椿です。

30藪椿アップ


ボケも赤2種、白八重、寒ぼけとあるのですが、この草ボケは何故かこれまで、紹介したことがありません。
多摩川沿いの社宅に居たとき多摩川土手にあったものをちょっと持ち帰り、最初からの住人なのに、
プランターの隅に植えてあり、(今は満作と同居)草丈も草ボケというだけあって伸びないので、目立たない。
でも色合いは一番好きな花色です。優しいオレンジなんです。


草ボケ



ニオイバンマツリの復活
初めての幹割れを起こして、今年の寒さに堪えきれず枯死かな??と心配していた
ニオイバンマツリは、なんとか生き残ったようで嬉しくなりました。

昨年花が咲いていたニオイバンマツリ

ニオイバンマツリの今


幹割れ起こしたとき根元部分

幹割れ

あちこちの幹が縦に割れていました。

幹割れ2


そしてはじめての種も見つけました。枯れる準備なのかな?と


ニオイバンマツリ種


今日その実を割ってみました。中に5粒の種が入っていましたので種蒔きをしておきました。
さてこの種から何年経過すると花が咲く迄になるのでしようか????


ニオイバンマツリ種5粒


近頃の異常なまでの暖かさにビックリしたのか、 濃い紫色の新芽があちこちの枝先から
出てきてます。生きていたんです。ダメージが大きいので、花はどうかな?と思いますが、
ひとまず嬉しいことでした。


ニオイバンマツリに新芽


この暖かさで他の花達もどんどん咲いてきてます。

モロッコナズナは寒さにも強く可愛い花です。


モロッコナズナの近影


30モロッコナズナ


鉢植えの花海棠も咲いてきました。


30花カイドウ


白いイカリ草も赤色のイカリ草に続いて咲いてます。


紅白イカリ草

ブーゲンビリアも咲き始めました。中の黄色い部分が花です。


30ブーゲンビリア全景


302ブーゲンビリア


プランターのイエイオンは家の周りにおいてありますので、葉が黄色く傷んでいません。


プランターのイエイオン30


我が家の椿
私達が家を建てたのは、もう45年も前になります。三人目の末っ子が生まれた時
社宅では狭くなるので、こちらに家を持ち、産後の世話になっていた田舎から3人の
子供達を連れてこちらに帰って来ました。引っ越しは夫一人でこなしましたよ。


年子に近い3人を夢中で育てた我が家です。いろいろな事が思い出されます。
最初に買った椿は八重の乙女椿。その時はそれが一番の好みだったんですね。


3:18乙女椿

それから何年も経過するうちに我が家の椿はいろいろと変わっていきました。

次に来たのが白い椿

白椿30


同じ頃に絞り柄の椿
今年はまだ蕾です。


絞り椿蕾み30


昨年の花

変わり花椿全景

卜半と言う名花を知り

29卜半アップ

乙女椿に卜半を接ぎ木してみました。


30卜半と乙女椿

白い椿は2本有り、一本の木にピンク色の濃い侘助椿を接ぎ木しています。


椿白と侘助


その同じ木に、鉢植えで頂いた、浄蓮の春と言う椿も接ぎ木しています。
この白い元の木には濃いピンクの侘助椿、浄蓮の春の3種の椿の花が咲きます。
左にみえるピンクの大きめの花が浄蓮の春です。

3:7浄蓮の春と侘助


これら卜半も侘助椿も、浄蓮の春も椿好きの年配のご婦人が、挿し木しなさいと、
これもこれもと枝をくださった物です。ほどなくして階段から落ちられて、子供さんの
近くに越されて行かれましたが、もうお彼岸に渡られているのかな?と。

そんな挿し芽から育った白い鳩が止まっているような花付きの良い白鳩椿(フラテルナ)
も大分大きくなりました。


白鳩椿30全景


白鳩椿30アップ


侘助椿、白は挿し木成功せず、ピンク色の太郎冠者は元気にプランター植で育っています。


太郎冠者3:15

好きな藪椿、挿し芽苗をわざわざ田舎から持ち帰り鉢植えにしていますが、
今年は日当りが良すぎたのか、病気なのか葉が黄色くなり、蕾が未だ開きません。


藪椿蕾み30

昨年の藪椿です。

29藪椿


軒下で幹割れしたニオイバンマツリに、初めてこんな実が付いているのを見つけました。
10 年位は育てていると思いますが、実が付いたのはこの1個が初めてです。


ニオイバンマツリ種


黄色い◯の所に実が付いています。


ニオイバンマツリ種全景



老爺柿 他
今年は畑の老爺柿は雌木に1個何故か昨年から雄木にも実が一個付くようになり
雄木にも実が1個付いています。
鉢植えの老爺柿は、今年は良く実を付けました。


老爺柿懸崖29



29老爺柿縦


今年初めて老爺柿のカイガラムシに気付きました。
カイガラムシも桜の木、キングサリの木とまるで違う形しています。

老爺柿のカイガラムシはこんな形をしています。


老爺柿のカイガラムシ


十月桜も少しですが、今年も咲きました。


10月桜10:27


今日は野紺菊と野菊が共演しています。


野紺菊野菊共演

次郎柿、柊モクセイ、美男葛
次郎柿、こちらに住むようになって早い時期に植えたと思います。
かれこれ40年近くになるのでしょうか?一時は食べきれない程の収獲で
干し柿にして、カビさせてみたりご近所に配ったりと、いろいろな事があり
ました。木も大きくしないように、切り詰め切り詰めしてきましたが
今年はこの時期ポタッポタツと、自然に落下しています。

今朝も又落ちています。

次郎柿落下1個

昨日は2個。そのうちの1個は熟していて半分に切ってスプーンで今朝頂きました。
とても美味しかったです。径8cmの立派な実です。

次郎柿落下2個


この柿の根元にアケビを植えてありこれに絡んで上らせています。
緑の葉はアケビの葉です。


次郎柿最後1


次郎柿最後2

大木になっていますが、実はパラパラと。
幹周りは何と71cm、私のウエストより立派ではないですか?
あらためてビックリです。いつの間にかこんなに大きくなって。
でも今年の実を収獲するとどうも病気になっているのかな?
私達も高齢で手におえなくなるな!!と切り倒そうと合意しています。
寂しくはありますが物がなくなるとさっぱりはします。
庭も又少しスッキリするでしょうか?


柊モクセイも挿し芽から大きくなっています。この木も昨年かなり切り詰めました。
今年は花どうかな?と思っているとパラパラとではありますが、咲いていました。
木犀とは違う柔らかな香りです。


29柊モクセイ2


29柊モクセイ1


柊モクセイアップ129


柊モクセイアップ229


柊モクセイあっぷ329


鉢植の美男葛は今年は雄花雌花のタイミングが合わず残念な事に実をつけませんでしたが
畑の美男葛は一杯の実を付けています。

ここに6個

畑美男葛2k29

ここには9個の実があります。

畑美男葛1k29


秋明菊の白が見頃です。

29白秋明菊
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.