FC2ブログ

3月11日
10年前のこの日は東北の大津波の映像に釘付けなった日でした。
こちらでも震度4の揺れで怖い思いをしました。何時か又大きな
地震が何処かで起きる事でしょうが、大災害になりませんように!!


クリスマスローズがほぼ咲きましたので、
我が家にどんな花があるのか、まとめてみる事にしました。


ダブル

3クリロー13クリロー33クリロー2クリロー4

セミダブルとシングル

3ブラックセミダブルミヨシスモーキーピンク令和3レッド購入株アップ3原種白3二世3シングル底エンジスポット3スポット3ニゲル3黄色シングル底エンジ3コイチ23コイチ13アプリコット


有径種のフェチダスとリビダスを残して、ルーセホワイトが最後の開花になりました。


ルーセホワイト全景3

3ルーセホワイト


クリスマスローズ以外では


鳩がならんだように咲くのですが、今年は元気がなく、ならんだように綺麗には
撮れませんでした。

白鳩ツパキ3

上品な花色の浄蓮の春


浄蓮の春3

絵手紙浄蓮の春


若い時の好みで我が家に最初からある乙女椿。


3乙女椿

今は、卜半と咲き分けています。

令和3咲き分け卜半乙女椿


ストレプトカーパスも思い出したように咲いてきました。

3ストレプトカーパス
絵手紙ストレプトカーパス3




あっと言う間に3月です。
2月は暖かかったり寒かったりと、目めまぐるしく気温が上下していましたが、
気づけばもう3月、3月の声を聞けば何となく明るい気分になります。

椿も咲き、水仙も咲きと色々な花達が次々と咲いていますが、
今日は旬を迎えたクリスマスローズを紹介したいと思います。

最初に同じキンポウゲ科の雪割草を。


丈夫で生き残っている紫。増えてます。

雪割草令和3紫全景


まだ蕾みもあり、紫色より開花がかなり遅い赤系の花です。


雪割草赤令和3全景

旬のクリスマスローズ
自治会初の敬老祝い金2000円にプラス少々して記念に購入した 糸ピコダブル。
盤根化したので株分けをして増えました。地植えに2株。鉢1株で元気に咲いてます。


糸ピコ令和3


ミヨシスモーキーピンク、メリクロン苗ということで、未開花苗の購入でした。


ミヨシスモーキーピンク令和3


赤系購入株

レッド購入株アップ

上の花の全景です。赤系は上から見ると皆こんな感じです。

レッド購入株


ピンクダブル。下向きでなく横向き。中には上向きで咲きそうな花もあります。

3・1ピンクダブル


最初に我が家に来た花、10年以上になります。

地植え初代令和3


ここからブロ友さんから頂いた種から、咲き始めている花達です。

23年発芽親(1年で種を残し何故か枯れました。)からの2世で親と同じ姿で咲きました。
シングルのピコティーで上から見ても可愛いのです。
好きな花だったので、2世が育ってとても嬉しいです。

エ2世ピコティー全景

27年の種から、セミダブルの良花です。「エ・コイチ」と名前をつけました。少々色が違ってNO1〜NO3まであります。


エコイチ3令和3


シングルで細かいスポットの入った良花

エスポット良令和3花


こんな花も

エプランター東


こんな花も。茎が長く水揚げの良い品種で、地植えや鉢で育ててます。

エ黄色シングル底エンジ茎長


ミセス・イエローと名付けた花。今年は黄色が少し薄くなったように思います。
そして芯にエンジのスポットが入ってきました。


ミセスイエローアップ令和3


ミセス・イエロー全景です。大株になりました。

ミセスイエロー全景令和3


まだ有径種や蕾の物もありますし、クリスマスローズはいっ〜〜ぱいになりました。



私の部屋の隅ではブーゲンビリアが咲いています。


令和3絵手紙ブーゲンビリア


ブーゲンビリア令和3



我が家の菊、他
最近は10月桜も、テレビ等でもよく紹介されていますね。

昨年挿し芽した10月桜が手のひらサイズで可愛く咲きました。

挿し芽10月桜

鉢植えの親株も少し賑やかに咲いてきて、ようやく桜とわかるようになりました。


10:12十月桜



菊のシーズンです。この時期の菊は少なくしているつもりなのですが
咲いてみると意外やたくさんあります。

まず最初に咲いてきたのは食用菊の黄色でした。


食用菊黄色令和

食用菊拡大


「もってのほか」
黄菊は丈夫で沢山咲きましたが、もってのほかは少しになりました。挿し芽して株を更新しないと無くなりそうです。


もってのほか令和


昨年可愛くてつい購入した小菊の「ケヤキ」です。

ケヤキ拡大


ケヤキ令和


ケヤキではこんな手のひらサイズの小鉢で遊んでみました。


ケヤキ手のひらサイズ


北斗の松ー小菊、一昨年購入、その前年購入の大師の恵みはまだ蕾です。

北斗の松拡大

北斗の松令和

以前からある盆栽にならなかった盆栽菊

盆栽菊

盆栽菊拡大

籠にならなかった籠菊

籠菊

葉に特徴のある、浜菊

浜菊令和拡大

浜菊令和


お正月の切り花を挿し芽した大輪の黄菊


お正月の黄菊


いまでも咲き誇っている里からのホトトギス


咲き誇るホトトギス


切り花に重宝しています。

菊野紺菊ホトトギス/>

中輪の白、中心部が盛り上がって意外と可愛いです。

𣘺本菊畑



𣘺本菊拡大


鉢植えの美男葛は1個も稔らず、絵手紙にも描かず、ほっておいた畑の美男葛、
蔓を整理していると、シワシワの実や最後に実ったらしい青い実がありました。

美男葛令和


美男葛令和縦

何年前購入したのか定かでない、ストレプトカーパス、柚子の根元でひっそりと咲いていました。
冬には室内にいれ5月頃に柚子の株元に戻しています。


令和ストレプとカーパス


追加

22日、ストレプトカーパスの絵手紙を書いてみたので追加。

絵手紙ストレプトカーパス

10月半ばの花達
最近は涼しい日もあり過ごし易くなりました。
花達も夏から秋へと、少しずつ変わっています。


マルバフジバカマが今年も咲いています。少々盛りは過ぎましたが
切り花に重宝しています。


令和マルバフジバカマ


中景マルバフジバカマ


ブルーエルフィンはまだまだ咲き続けています。今年はとても元気です。


ブルーエルフィン中景


ブルーエルフィン一杯


うっかりしてしまった「コルチカム」毎年は畑から堀りあげて、家周りのプランターに
置いて花を咲かせていたのですが、畑で花が開いてしまいました。今年はこのままここに埋めておきます。
ーコルチカムは土がなくても花がさきます。ー


コルチカム畑で花


白絹病で主たる株は枯れてしまいましたが、遠くにランナーを伸ばしていた子株は
白絹病の害にあわず、少しだけ花も咲かせました。


菊芋はな10:14


茗荷の花が咲いています。お味噌汁に入れると美味しいと聞いたので、
早速試してみました。美味しかったです。


茗荷の花

 
ルエリア・パープルシャワーこの花色に惹かれて、この秋購入しました。
ところが1日花でした。大きく育てれば次々と花が咲くので大鉢栽培にしなければと
思っています。近くの里山ガーデンに行ったのですが、このルエリア・パープルシャワが
あちこちに植っていました。最近流行の花なのかな?


ルエリア・パープレシャワー


その里山ガーデンで見た、ホックスヘェイス、こんなナスのような花なのを知りました。



ホックスヘェイス


前記事でも紹介したミニカトレア 花数が増えてます。


ミニカトレア6輪


自家初芽のニゲルが何故だかもう花を咲かせています。後ろに蕾も隠れています。

今年初ニゲル




カラス瓜 他
カラス瓜の実が絵手紙材に良いので、田舎から雌株の芋を掘り出しこちらでも育てています。
花は咲いていましたが今年は梅雨が長く、雄株はないので、実は付きづらいのではないかな
と思っていました。
ようやく梅雨もあけた最近、見え易い所に花後やこれから咲きそうな蕾を見つけました。
1、2、3、は咲き終わり、今夜は4が咲くかな?と、観察したく、蚊除けを撒いておきました。


令和カラス瓜1

居間から時折眺めていると8時すぎに開き始めいてるのに気付きました。
4だけでなく、5も一緒に開き始めています。


令和カラス瓜2

10時半過ぎには更に開いていましたが


令和から数理3


2個同時に開き始めた所為なのか11時過ぎても全開とはなりません。


令和カラス瓜4

今年はこれで観察終了、眠ることにしました。
そしてこれは昨年の画像です。意外と早い時刻に全開していました。


2019のカラス瓜

翌朝は既に萎んでいました。この連続の5個の花に実は幾つ出来るでしょうか?
秋の楽しみです。

翌朝のカラス瓜


最近咲いている花は
8月に咲く玉紫陽花

玉紫陽花令和全景

令和玉紫陽花


以前から咲き続けているブルーエルフィン


令和ブルーエルフィン

切り戻して2度目のハンカチの花。
ブルーエルフィンと鉢隣りです。

ブルーエルフィンとハンカチの花


一昨年白絹病に侵され全滅したダルマヒオウギ、種からの1株だけが復活しました。
白絹病は消毒が難しく、4倍に薄めたイソジンが唯一効果があると知り消毒したのですが
ダメでした。
我が家では時々白絹病が暴れ出すので、今年もポピヨンヨードの騒動が起きる前に購入準備
していたのですが今年はまだ白絹病の発生はみられません。時期的にこれからなんですよね。


令和ダルマヒオウギ


遅くに種まきした蝶豆。畑のは元気で花も大きく、種は充分採れそうです。


令和蝶豆畑


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.