FC2ブログ

砂漠のバラと長岡花火
砂漠のバラという美しい多肉植物の花に出会って、何年になるのでしょう?
ブログの初期2007年にはこんな画像を載せていました。


砂漠のバラ縦380


それから10余年。ここ何年かは花を持つ事もなく、調子の良い年悪い年を経て
今年は猛暑のお陰か元気に蕾を一杯につけました。久しぶりの砂漠のバラの
紹介です、こんなにたくさんの花を付けるのは初めてのことです。
凍害に会い根が何度か腐って、この株は上部を挿し芽したものなのです。


30砂漠のバラ蕾み

7月末一輪目が咲きました。

30砂漠のバラ一輪咲く

きれいでしょう!!

一輪アップ

二輪目が咲きました。砂漠のバラは珍しく一日花でありませんでした。
何日咲いているのか、忘れてしまっているので、今回は記録したいと思ってます。


二輪目砂漠のバラ30

8/2日(木)はかねてから一度は見て見たいと思っていた信濃川の河川敷で打ち上げられる
長岡花火を、ようやく見れる機会が得られました。
川崎に住む娘と二人で、横浜、川崎から乗れるお座敷列車の利用です。花火が終わると夜行で帰ります。
翌8/3(金)の早朝には帰着なので、木曜は休みの娘は休む事もなく翌(金)午前中勤務。
私も午前中はハーモニカ教室に出席しましたよ。


テレビで素晴らしい映像が流れていますので、花火の様子はカットです。
準備が進んでいる河川敷の様子を、大手大橋から写しました(私はカメラは持たずで娘のスマホです)
木がある後ろあたりの桟敷席から見ましたが、大迫力で、素晴らしかったです。
一度は見たいの念願がかなった一日でした。


大手大橋から1


大手大橋から2


鉢物の水やりは留守番の夫に頼んで行ったのですが、2階のベランダの多肉植物は
大丈夫だろうと思って頼みませんでした。
早朝帰宅してみると、花の時期は水やりをしないといけないのですね。
最初に咲いた花(手前)は無傷でしたが、咲いて間もない花(右端の2輪)は日焼けをしたり、
蕾は茶色く焼けていたりしました。
ビックリして水をやり、霧吹きをして回復してくれる事を念じながら、ハーモニカ教室へ


30:8:3日焼け砂漠のバラ

帰宅してみると、焼けて白くなった所はそのままですが、なんとか蘇っています。


30手当後の砂漠のバラ


幼い蕾はこの通り回復の見込みはありません。


日焼け害の砂漠のバラ蕾み



8:4の砂漠のバラ

ちょつと可哀想なことになりましたが、蕾も蘇るものもありそうです。しばらくは砂漠のバラ楽しめます。


コンロンカ3株植っていたので、剪定し一鉢一株にしておきました。剪定後咲いてきました。


コンロンカ剪定後1輪


蝶豆もボチボチと咲き始めていましたが、今日は2輪寄り添った花がありました。


30蝶豆

我が家の多肉植物
水やりの心配の少ない多肉植物が田舎通いをしている間にいつの間にか
増えています。多肉植物は良く似た物も多く名前もよく分からない物が
多いのですが。

花の咲いているもの2種同居で右の花は良く咲きます。
博星かな?


3:4多肉2種



2:24多肉花アップ


カランコエ・ミラベラ


多肉カランコエミラベラ3:4


大型の花キリン冬咲きで夏は咲きません。


冬咲き花キリン3:4

戸外置きでなんとかこの冬を越した朧月に蕾が付きました。右2番目


3:4 多肉朧月


幹割れしたニオイバンマツリの株元に置いてある「虹の珠」と「乙女の恥じらい」も戸外で大丈夫でした。


多肉虹の珠と乙女の恥じらい

胡蝶の舞もOK

多肉胡蝶の舞3:4


暮から咲いている冬咲きサボテンまだ咲き続けています。


3:4 サボテン冬咲き

寄せ植えの多肉です。

多肉の寄せ植え3:4


右の小さなグリーンに中心が白い多肉「センペルビューム」。花かと思ったら何とアブラムシです。


多肉センペルビューム


なんと一杯の虫です。こんにに沢山になる迄気づかないとは。トホホです。

センペルビュームだけ多肉


今年花の咲かなかった「錦晃花」植え替えないといけないようです。


錦晃花3:4

子持ちレンゲと何かな?


a href="https://blog-imgs-120.fc2.com/f/l/o/flower200752/20180304094149e64.jpg" target="_blank">子持ちレンゲ他1多肉


三時草

三時草多肉

砂漠の宝石

砂漠の宝石

冬咲きの多肉なんですが、今年は花咲かせなかった。なんでかな?
植え替えないといけないのかな。

冬咲き名無し多肉

月兎耳と七宝寿

月兎耳と七宝寿


サマークリスマスブッシュに見た事の無い何かが付いています。

サマークリスマスブッシュの虫

カイガラムシの一種のようです。1.5cmはある大きなカイガラムシです。

サマークリスマスブッシュの虫2


キウイの「香妃」と言う枝が送られてきました。挿し木しておくと何と花芽を持って芽吹いています。
これは挿し木なので実は持ちませんが、接ぎ木したものは今年もう実がなるんですね。
赤い実で、美味です。楽しみです。畑の接ぎ木は活着していますように。


キウイの挿し芽に花


今日は暖かい、なんとゴールデンウィーク頃の気候とか。お雛様も片付けたので、
これから庭仕事を楽しみましょう!!。

庭に出てみると、無加温サンルームの多肉達が目に入りました。

アオエニューム


3:4 多肉アオエニューム

「かがり火」?

多肉火祭りか?

綺麗な花が咲きます。?

美花多肉

一番好きな多肉さん。今年は植え替えて増やします。

名無し多肉3:4コイチ

追記又忘れた物に気付きました。


ダイソー由来「ハオルチア」です。

ハオルチア



多肉植物他
姿、形が可愛くて、大切にしている多肉植物の蕾が大分ふくらんできました。
蕾が出来て花咲くまでにはかなりの時が必要です。何時咲いてくれるでしょうか?


1:10多肉蕾み


一度凍傷に会わせ、弱っていた花月は少しの花をつけています。
来期は多くの花を付けてくれますように!!


花月はな:10


夏咲きの砂漠の宝石が一輪の花をつけています。1cmくらいの小さな鮮やかな花です。


1:10砂漠の宝石


同じ鉢に植えてある同じような多肉さん。
一方には蕾があり、他方はこの時期蕾がありません。
十字星? 南十字星? 名前は定かでありません。

多肉の蕾1:10

蕾のない方は寒さで紅葉しています。


紅葉した多肉1:10


蠟梅はこの寒さで葉が全部落ちて、見頃です。


1:10蠟梅全景


1:10蠟梅アップ

夏越ししたシクラメン(赤)、今年頂き物のシクラメン(ピンク)、長く咲いているパフィオです。


シクラメンとパフィオ


ブルボコニュームも見頃です。どんどん増えて花の少ない時期たくさんの花を咲かせて楽しませてくれます。


1:10ブルボコニューム


メジロさんは充分な餌(蜜柑)もあげないのに、毎日 チチチ とさえずって訪問してくれます。


1:8のメジロ


1:8のメジロ2




多肉植物の花 他
手のかからない多肉植物の花が そっと 咲いてきています。

錦晃星

2:16錦晃星

カランコエ・ミラベラ

カランコエ・ベラミラ2:17

この花の名前は?です。


多肉2:17花


胡蝶の舞

胡蝶の舞2:17花

又藪椿が2輪美しく咲きました。

2:18藪椿

白鳩椿(フラテルナ)が今年もたくさんの花を持っていましたが、2度の寒波にあい
花が茶色に変色してしまい、きれいには咲いていません。
未だ蕾みも多く残っているので、もう少し綺麗な姿を見せて欲しいと思っています。

2:18白鳩椿


プランターで咲いた初咲きのクリスマスローズを鉢上げしました。
根がいっぱい廻っていて、プランターから外すのは苦労でしたが
花も大きく鉢植で高いところに置くと、初咲きとは思えない立派さです。
先日エ6号として紹介した花です。


初咲き鉢上げクリスマスローズ

枝が折れたクリスマスローズをプランターの隅に挿しておいたら花を
つけました。小さな鉢に鉢上げです。


小さなクリスマスローズ


畑では黄水仙が5茎も立ち、綺麗に咲いていました。
畑で咲いていたクリスマスローズと一緒に切り花にして、台所で楽しんでいます。


畑の黄水仙とクリロー

サボテン、多肉、他
紐サボテンがボチボチと咲いていましたが、今日はもう一つのサボテンも
咲いてました。
紐サボテン今日は2輪咲いてます。

紐サボテン28

28紐サボテンアップ

名前不詳の毎年咲くサボテンの初咲きです。ボチボチとこれから花を付けます。

サボテン花アップ28

サボテン28

多肉植物のデロスペルマ(砂漠の宝石)花サイズ経1,5cm位の小さな花で、とても可愛いです。

砂漠の宝石アップ28

砂漠の宝石28


アジサイの季節になりました。お多福アジサイと

おたふくアジサイ


ガクアジサイ、これから花色は変化します。畑の地植えで切っても切っても大きくなります。
左上にピンクの花が見えますが、初咲きの天使の釣り竿です。

ガクアジサイと天使の釣り竿

天使の釣り竿嬉しい濃いピンク色です。
他にも幾つか花穂が見えてます。

天使の釣り竿6:1

天使の釣り竿花アップ

花色のピンクのホタルブクロを畑に移してみましたら、花色少し変わってしまいました。

畑のホタルブクロ

ツルコケモモは実が付いて来る頃には花色もピンクになり綺麗です。
今年は沢山の花を付けました。
黄色の○囲いの中に実が見えてます。

ツルコケモモ6:1
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.