大切な記念の一日
川崎ハーモニカ音楽祭

5/11日、12日と川崎ハーモニカ音楽祭がありました。

私はシルバーサークルでハーモニカを教わり始めて十数年になります。
故郷の瀬戸内海の小さな島の今は廃校になった小さな中学校の同級生(男性)も
ミニミニクラス会でハーモニカを始めた事を知りました。それで
記念にこの川崎ハーモニカ祭りに節目節目に出演しましょうということになりました。
デュオです。

最初は7回目(2007年)に出演。一日だけの気楽なハーモニカ祭りでした。
初歩の「荒城の月」と「旅愁」を。

5年後に古希の記念にと12回目(2012年)再び出演。「ハイケンスのセレナーデ」を
この時上手く演奏出来ていたのでしょうか? 全員ではなく選ばれたのか
YouTubeで一部は配信され、田舎の同級生や子供達にもちよこっとだったのですが、
聞いてもらえました。

そして又5年後の今年17回目(2017年)、川崎ハーモニカ祭りは川崎ハーモニカ音楽祭と
呼称も変わり、2日間にわたって行われ、何とネットで生配信されるとのこと。
どんどん進化している「川崎ハーモニカ音楽祭」にビックリ、大変!! 大丈夫かな?と。
しかも多分これが最後になるであろうと私は独奏もエントリーしてしまったのです。
最初からは想像もつかないようにレベルが上がっているとの事。

光輝高齢者となった私は練習と年の功でなんとか下手でも許してもらえるかな?と、
エポック中原には徒歩圏内に娘も住んでいるので、終活の一環に、との思いもあったので、
キャンセルもせず、厚かましく演奏をしました「青葉の笛幻想曲」緊張しましたが、
なんとか大きなミスもせず、終わりホッとしています。

デュオは「小さな木の実」と「真珠とりのタンゴ」
一人より二人は気楽です。あまり緊張もしていなかったのですが、何故か
二人共に一カ所ずつミスしてしまいました。練習量も少なかったのかな?と反省。
でも二人で元気に舞台に立てたことはとても嬉しく有り難いことでした。
一人ではとてもこんな勇気はありません。引っ張ってくださった彼に感謝感謝です。

遠路東京の外れから友人を誘ってきてくださった旧友は花束

花束

迄持参してくださり、刺激されたのか、ロビーで売られていたハーモニカを買ったのよ!!
と二人で1本ずつ購入されていました。

大編成あり、私みたいな素人もあり、プロの演奏もありで楽しまれた様子でした。

音楽祭の大仕事が終えた翌日12日は、25年以上続けている一人暮らしのご老人への
配食サービスの総会を兼ねた箱根、小田原方面へのバス旅行でした。
天気もよくホッとして参加できました。
箱根、小田原方面へは何度か行って珍しくはないのですが、小涌園で昼食とのことで、
楽しみでした。食事後は付属の蓬莱園で見頃のツツジが楽しめました。
新緑も美しく目にしみるようでした。

蓬莱園のツツジ1


蓬莱園ツツジ横アップ


蓬莱園ツツジ2



今日は雨。一日違いで好天にめぐまれて、バス旅行が今日でしたら悲惨でした。
雨の中畑に行って見ると

シランや

5:13雨のシラン

ジャーマンアイリスが見頃になっていました。

4:13雨のジャーマンアイリス




田舎行き、道中や実家で
20年余り通い続けた田舎行きも、今回が長逗留の最後となりました。

そんなこともあり、今回は四国を経由しての里帰りとなりました。
新幹線「のぞみ」利用のーーはじめての四国(四万十川、しまなみ海道、桂浜、金毘羅宮)ーー
のツァーに申し込み帰途は岡山でさようならと我々は広島に帰る事にしました。

道中のピックアップ

福山からはバスで、しまなみ海道に入り、途中大島の亀老山展望台からしまなみ海道を眺めました。

亀老山からしまなみ海道

ちなみに帰途は瀬戸大橋を通るのですが、通過中は景色はさほど良いものではありません。
何年か前、岡山の鷲羽山からの眺めには感動しました。電車に乗るとさらにあっと言う間なんですよ。


初日は道後温泉泊。

道後温泉本館の坊っちゃんの間から下を眺めてみました。

道後温泉本館坊ちゃんの間の廊下から下を

翌日、一度は行きたいと思っていた四万十川。水はきれいに澄んでいましたが、もっときれいに
澄むとのことでした。
左隅にちよこっと写っている屋形舟に乗船遊覧しながら焼きたての鮎の塩焼きをいただきました。
美味しかった!!
上部に写っている欄干のない端が沈下橋です。車が通っています。

四万十川

桂浜では坂本龍馬の像などありましたが5色石拾いが楽しかったです。
拾った5色石。波にもまれて、すべすべの石です。

小石


石段で有名な金毘羅宮は、785段旭社まで登りました。
奥社までは1368段になるそうです。
金毘羅宮旭社側面から

金毘羅宮旭社

帰りは瀬戸大橋を通って岡山に。皆さんは東京へ、私達二人は広島へと帰りました。

里に帰ると
昨年は会えなかったイソヒヨドリに今年は出会えました。良い声でさえずっています。

イソヒヨドリ雌

29イソヒヨドリ雌

イソヒヨドリ雄

イソヒヨドリ雄29

旧友と宮島にも行ってきました。安芸灘大橋と言う橋で本土と繋がり、日帰りができるようになりました。
宮島口からのフェリーで遠くから宮島を撮ってみました。桜が咲いているようです。

ふぇりーから鳥居を

帰路の頃は満ちていた潮も引いて、鳥居まで歩いていけるようになっています。
今回は外国人の多いのに驚かされました。日本人より多いように感じました。
ツアーゃ家族連れが多かったですね。カップルも多かったな!!

帰宅頃の鳥居

我が里も風光明媚な所です。
潮が引くと渡れるという双子岩、一度渡りたいと思い大潮の干潮に出かけてみましたが
干潮時になっても、渡るまでには潮が引きませんでした。大潮でも更におおきな大潮で無いと
ダメなんですね。これは諦めるほかありません。

蒲刈島の双子岩

家の壁際、吹きだまりに松のみが植えてみようと持ち帰ったはずですが、何処に
収めたのか?記憶がありません。トホホ、そのうち何処かから出てくるかな。

松のみ

旗を立てて道中にこんなイチゴが売られていました。ピンク色(赤くはない)で果肉が柔らかく
桃の香りがするという「桃薫」と言うイチゴ。なるほど、桃の香りに桃に似た味。
新品種とのことで、都会では1粒千円で売られているよ!!とのことで、帰って、ネットで調べると
なるほどなるほど、そうらしい。田舎のこととて、1粒千円では誰も買う人はいないので、
1パック500円「甘王」並の値段で売られていました。

桃薫イチゴ

田舎の里の庭、横浜から運んだ変わり咲きのツツジ(奥)や私か植えた久留米ツツジ(手前)も咲き始めています。

29我が家の庭

挿し芽して運んだモッコウバラも大きく育ち、咲き始めています。

29坂西モッコウバラ

母が好きというので買った3種のボタン2株は枯れてこれだけ残っています。

29ボタン

里の庭も私達が行かなくなるとどうなるでしょう?近くに住む、妹や孫達がなんとか代わりに
手入れしてくれる事を祈るばかりです。

突然の雪、未だメジロ訪問
10日は趣味の卓球の練習日(15:00~17:00)でした。
出かける14:40頃にチラチラと雪がちらつき始めましたが、
卓球を楽しんで、スポーツセンターを出るとなんと大きなな牡丹雪が
どんどんと舞い降りていて外は一面の銀世界に変っていました。

10日は友人の車での行き帰りで、良かったですが、自転車では帰れない
ところでした。車の窓から見る雪景色は裸木に新雪がまとわりつき
花の咲いたような美しい光景でした。家まで送り届けてもらい
カメラを手にその光景を撮ろうと出かけましたが、もう薄暗く
私の安価なデジカメではこの位しか撮れませんでした。


突然の雪2


突然の雪


家の五葉松の上にもこれ位の雪が積もっていました。

突然の雪3


翌朝2階のベランダから庭を見下ろして

突然の雪翌朝


メジロはまだこの辺りにいるようです。
いつものところに蜜柑はないのですが、ヒヨドリが何処かから運んで落とした蜜柑を見つけて
一羽が食べていました。

2:13メジロ


2:13メジロ2

しばらくするともう1羽も飛んできて2羽のツーショットが撮れました。

2:13メジロ3

メジロの口先のオレンジ色の物は蜜柑の中皮を咥えているのです。
果肉も少しは残っているのでしょう。長い時間一生懸命食べていました。


メジロに遊んでもらっています。
今日で1月も終わりますね。
毎年暮れからメジロが遊びに庭にやってきていましす。

29メジロ初2

今年も癒され楽しませてもらいましたが、蜜柑も今日で無くなりましたので
庭の梅の花や椿もこれから咲きますが、他所の沢山の梅の花を求めて
そろそろ来訪も終わりでしょうか?
最近のメジロです。

1/26 日はまだ蜜柑が充分ありました。
雄雌の区別がつきません。1羽が見張り番をして交互に食事する事が多いのですが、
早朝は2羽で同時に食事する事の方が多いのに気付きました。

メジロ1:26の1


メジロ1:26の2


メジロ1:26の3


そろそろ蜜柑も今日で終わりです。
蜜柑も節約してついに半分だけになりました。昨日の空の蜜柑の皮も上に置いておきました。
すると
メジロはやってきて、どちらかが実のある蜜柑を食べています。

1:31メジロ1


1:31メジロ2


もう1羽は、上の空の蜜柑を食べようとしています。
中の袋を食べていましたが、下におりてきて

1:31メジロ2羽


交代して食べ始めました。

メジロ代わって


こちらは美味しい


こちらは美味しい2



今日はまだメジロの囀りが庭から聞こえていますが、蜜柑が無くなってしまったので、
やがて姿を見せなくなることでしょう。




ほっと一息
毎日寒い日が続いていてクリスマスローズの蕾も硬いままです。

20日(金)はハーモニカクラブの教室内独奏会、その後は新年会でした。
教室内独奏会、これが意外と緊張するのです。舞台の大勢の知らない人の
前での独奏よりも緊張してしまうのです。「いい日旅立ち」家ではまずまず
吹けててもやはり不満足の出来でした。でも一つの行事が終わりました。

今日21日(土)は地域のコミスク祭りで、そこで自主練習しているハーモニカ同好会の
年一回の発表会でした。初回から参加、今年で11回目になりますが、今年で解散します。
最後の年になるので、少し力を入れて練習しました。
コードハーモニカ、バスハーモニカ、複音ハーモニカ、グリッサンドハーモニカを
使ってのアンサンブルで例年は作らないチラシも作りました。

プログラム

「とおりゃんせ」「湖畔の宿」「真珠とりのタンゴ」「高原列車は行く」
「故郷」最後の故郷は歌詞も書き皆さんに歌って頂きました。
連日ハーモニカの行事でしたがまあまあの出来で、皆さんから良かったといわれ、ほっとしているところです。
ー先生の居られる、教室内独奏会のあるハーモニカ教室は続けます。ー


我が家の柿の木に猫が実りました。メジロ等の小鳥を狙って登ってきたようです。

柿の木の猫29

吊るした籠の蜜柑はヒヨドリも食べられるようになってしまいました。

籠の餌とヒヨドリ


籠の餌とメジロ


軒下のニオイバンマツリに吊るした蜜柑はニオイバンマツリの寒避けの布の
中まで入ってメジロは蜜柑を食べています。メジロはメジロの部屋の中にいるようですね。

部屋に見える餌場

部屋に見えるメジロ


多肉植物、砂漠の宝石(愛称)は夏に咲く花と思っていたら、真冬でも咲いています。

砂漠の宝石デロスペルマ

秋に買った良く咲くスミレ(購入時は咲いていた)は良く咲かないで、今ようやく咲いてきました。


よく咲くスミレ1月

次のクリスマスローズがようやく少し開いてきました。

骨折クリスマスローズ


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.