FC2ブログ

乱暴リメイク他
少し涼しく秋らしくなってきました。
先日。
そうだ、この薄手の母の一重長着をうわっぱりにして羽織ろうかと思いつきました。
乱暴リメイクです。襟の下5cmで切り、裾上げをする。袖は離して、片袖で左右の袖に。
袖口は片袖の一部を使って裄を伸ばしゴムをいれる。紐を4本つくる。
みやつ口もそのまま空けて涼しく。ポケットは下前に付ける。

切った下部は上下を逆にして巻きスカートに。

でかくのごとく、うわっぱりの方は直ぐに着用。薄手の作務衣はなかったので、
ただ今重宝中です。


薄手リメイクうわっぱり


下部を巻きスカートにしましたが、これは失敗ですね。
薄地なので、寒そうです。合わせてきることはないように思います。
別々に着るのなら、巻きスカートでないほうが便利ですね。
あまり手間隙かけてないので、記念に写真を撮って、来春には違うものにしようかな?
色がかなり違いますね。実際はこの中間の色です。


薄手リメイクうわっぱり上下


秋にもミョウガが採れる事をブログ訪問で今年初めて知りました。
もう遅いかな?と思いながら今日試しにミョウガを探してみましたら、
3個見つかりました。


秋のミョウガ3個


秋のミョウガ花


名無しの多肉さんも咲きました。


名無し多肉さん30全景


可愛い花です。


名無し多肉さんの花30



残布で頑張りました。
先日結城紬のリメイクで私と妹の2着のブラウスを作りました。

結城紬は大島紬などと並んで高価な生地なので、残布で何か出来ないかと
考え頑張ってみました。
丈の短い簡単ソーイングの以前に作った事のある、お気に入りのブラウスに挑戦しました。

残布は色の変わった部分もありますが、ちょこちょこ目立たない所は接ぎをして
なんとか仕上げてみました。


残布でブラウス前


残布でブラウス後ろ


早速、本日着ています。


残布でブラウス着用


2年前に作った私の絵羽織からの同じパターンのブラウスです。お出かけよう。



絵羽織リメイク前


おなじパターンでも生地によって仕上がりの様子は随分違う事に気づかされました。
この記事はよこシボがあり、見頃の袖のギャザー部がすんなりと治まって、良い感じです。
袖口も着ていてもすんなりと治まります。
今回の結城紬は張りがあり見頃の袖のギャザー部の治まりがイマイチだし。
袖口も治まりが悪いので袖丈も短くしました。普段着ようにジャブジャブ洗えるので
まあいいかな!!
生地によってパターンも選ばなければ行けない事を学びました。



猛暑のお陰で?
今年の夏は特別に暑いです。運動や外出は最低限にとどめて
エアコンのお世話になり手仕事をしていました。

猛暑のお陰(?)でいくつか仕上がりました。

今回は自分の物だけでなく、妹の物も作ってみました。
体がないので、サイズを聞いて、気にいるか否かは?ですが、
手持ちの着物地が減っていくのは、気分が明るくなります。


昔妹から送られてきていた結城紬をなんとかしたくて頑張りました。
ようやく形に出来ました。

同じ形で、妹と私の物を
このパターンは以前に作ったことがあり私は気に入っていたのです。

大きい方が妹のです。前襟はピンタックをとってあるんですよ。後ろ見頃も。
ピンタックをとるのに一寸手間取りました。

結城紬のブラウス表

後ろ側

結城紬のブラウス裏

何年か前に同じ形の半袖と長袖を私のお召しでつくったことがあるのです。
3~4着目になるのに、手順を忘れてモタモタでした。
以前作ったもの2012年だったようです。もう6年も前なんですね。忘れるはずです。

お召しの裏地で

半袖前

表地で

以前に作った私のお召しブラウス

私は同じ形の物が3着になりました。

絽の喪服からロングベストも作ってみました。
妹用、着てくれるかな?


喪服からロングベスト


こんな仕事用の手被いも二人分作ってみました。
半袖にこれを付けると蚊避けになり重宝です。


作業用手被い


私のトマト。台風の雨で水を充分に吸って、割れ初めていたので、少々青いのも収獲しました。
結構採れましたよ!!


台風後のトマト





製茶、他
小さな椿のようで可愛いので、お茶の木を1鉢育てています。
新芽が伸びてきて、そのままでは大きくなるので、新芽を
剪定しました。その新芽を眺めているうちに、ふとお茶にしてみよう
と思ったのです。作り方はネットで。
電子レンジを使う簡単な方法があったので、それを参考に。なんせ10gしかないのですから
電子レンジの時間は参考にはなりません。いつものいい加減で


そして出来たものが

出来立て茶


内側の白い湯のみに、80℃のお湯を注いで。色だけはプロ並みにきれいでした。
味と香りはイマイチです。なんとか飲める感じでした。
2煎目は100℃のお湯を入れてみました。味も香りも落ちますが、1煎目よりはよかったです。
面白かった。来年はもう少し上手くなりたいです。


湯のみの茶



クリスマスローズの糸ピコもこれ以上咲かせていては来年によくないので切りました。
トイレの一輪挿しや紫蘭と一緒に花瓶で活躍してもらいます。


紫蘭クリロー花瓶


糸ピコ一輪挿し


畑の白い紫蘭(葉に斑がない)


紫蘭白

こちらは葉に斑が有ります。肉眼ではこちらの方が、ピンク色が濃いかなと
おもうのですが、写真では区別がつはません。


紫蘭白葉斑入り

畑で咲いている名前失念した花


?

今年は早くもカラーも咲き出しています。


4:30カラー


シャリンバイはことのほか綺麗に咲いてます。

4:30シャリンバイ


4:30シャリンバイ拡大

4月も終わりきょうから5月です。明日は誕生日、いったい幾つになるのやら。


自画自賛
気温の乱高下が続いていますが、次第に春めいてきました。

今日は初めて作ってみた帽子が出来上がりルンルン嬉しい気持ちです。
帽子なんて作れるものではないと思っていたのですが、いとも簡単に出来るんです。
ビックリです。生地にもよるのでしょうが、しっかりした夏帯のバッグの残り布で
ふと作ってみようと。
如何ですか、好みの帽子の出来上がりです。


夏帯帽子


一昨年だったかな?この夏帯でセミプロの友人にショルダーバッグを作ってもらっていました。


夏帯ショルダー


その残り布なので、お揃いで使えます。早く初夏がこないかな!!と待ち遠しいです。

さらに帽子の縁取りとリボンは
かつて、ベストとズボン作った残り布なので、さらに揃えて着る時はなんだかオシャレに
凝っているように見えません?でもこんな事、気づくのは作った私だけかもしれませんけど。
苦肉のリメイク品でオシャレです。

昔のベストとズボンも再度紹介です。縁取りはこの残り布です。


28秋作パンツ_以前のベスト


冬の寒い時ボチボチと祖母の大島で作務衣作りをしていました。
地味なので、私のピンクの絵羽羽織残り布の模様を利用して伊達襟を付けてみました。
なんとかきれるかな?。


作務衣
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.