FC2ブログ

9月初中旬の絵手紙
レインリリー(ゼフィランサス)が咲き始めています。
黄色もボチボチと今年は2輪咲きました。
ピンクのレインリリーを描きましたが、なんだかゼフィランサスのようになりました。
割り箸を使って、ダメになっちやったと思ったのですが、落款を押すと意外と
気に言った絵手紙になりました。何方に出そうかな?


絵手紙レインリリー思いでは


鉢植えで初めて咲いた吾亦紅です。


絵手紙庭の吾亦紅を


洋種ヤマゴボウも我が家の庭産では初めてです。


絵手紙洋種ヤマゴボウ縦1


絵手紙洋種ヤマゴボウ縦2


先輩ブロ友さんから、実の汁が良い色で使えますよとコメント頂き
実の汁を使って描いてみました。
本当に綺麗な色です。顔彩の代わりに使えますね。


絵手紙洋種ヤマゴボウ実の汁で



お礼の絵手紙
ご縁のあった方からひょんなことから、手作りパンが届きました。
パンを焼かれることも知らなかったのですが、上手に作られています。
ビックリです。
透明な袋に入って頂いたままの状態で、早速絵手紙で返礼をと思い描いてみましたが、
難しいのです。袋の透明感はどう出せばよいのかな?


袋入りパン絵手紙


レーズンとナッツが中にはいっているのです。
それで翌日の今日、白いお皿に置いて再度描いてみました。


手作りパン絵手紙


絵手紙はじめたのは育てた花を描きたくて、でした。
これらと比べると、花は意外と描き易いです。花意外の物は難しい物が多いですが
折角なので2枚とも先様にお届けします。

絵手紙はヘタでいい、ヘタがいいと言われていますので!!


この言葉強い見方です。


御盆過ぎの絵手紙他色々
買い物の途中陽射しを避けて近くの公園の中を歩いていると
先日の風で落ちたのかまだ幼いドングリの実を見つけました。

拾って帰って、


拾ったドングリ


良い絵手紙材になりました。


ドングリ絵手紙縦


ドングリ絵手紙横


絵手紙材他に無いかな?と探してみるとまだ描いたことのないアサリナが
咲き続けていたことに気付きました。
アサリナは蔓生で切り花には難しいのですが


アサリナ紫8:22


アサリナピンク8:22


無理矢理なんとか小さな花入れに挿して


アサリナ切り花



アサリナ絵手紙縦


最近よく手元が狂って用紙を汚してしまうのです。これは妹行きです。


絵手紙アサリナ横


ブルーエルフィンも伸び放題だったので剪定をしました。


ブルーエルフィンオレンジ花瓶に


今年最後の小玉スイカです。
猛暑の夏、美味しく頂けました。全部食べられそうに思えるほど皮が薄くて、美味しかったです。
冷蔵庫にまるまる入りますし、最近なんでもミニはよいな!!と思っています。
ミニサイズ万歳です。


小玉スイカ

ただ今ゴーヤーが毎日たくさん採れています。御盆には娘、息子に持ち帰ってもらったのですが、
今日も同じ位採れています。さてどうしようかな?


ゴーヤー6個


久しぶりの絵手紙
和服リメイクが楽しくなり、空いた時間はそちらに熱中していました。
私のや妹のや、一段落しましたので、久しぶりに絵手紙に取り組みました。

今年の猛暑で久しぶりに咲いてくれた砂漠のバラ(アデニューム)
最初7/29日に咲いた花(左)と8/4日(右)に咲いた花だけになりました。
途中で咲き始めた花は一日水やりをしなかった事と猛暑で日焼けし
早々に全部落ちてしまいました。
多肉植物とはいえ肝心な時は水を切らしたらいけないようです。

砂漠のバラで

絵手紙砂漠のバラ縦


7/29日に咲いた花(左)は少し色褪せてきました。
これを描いた翌日12日には花が落ちましたが半月も咲いていることがわかりました。


絵手紙砂漠のバラ横


この暑い夏でも元気いっぱいのルドベキアです。
この花を見ていると元気になれる気がします。
立秋はとうに過ぎたのにまだまだ暑いので。


絵手紙ルドベキア


ピンクの帽子に紫の羽飾りがあるような、チャイニーズハットも描いてみました。
親しい旧友に、多分花の名前は知らないと思います。


絵手紙チャイニーズハット

時折の絵手紙
今年も半年過ぎました。きょうから7月。
もう梅雨も明けたとのこと、ここ数日はなんといっても強い風に
悩まされています。風と共に土ぼこりが舞い込んでくるのです。


そんな中部屋に取り込んだスパティフイラムが今年は8輪も咲いて嬉しく
思っていたのに更に2輪がしっかりと立ち上がり、今日絵手紙に描いてみようと
手元に置くと、小さな蕾が下のほうにも有りました。今のところ11輪になります。
こんなにたくさん咲くのは初めてのことです。ここに10輪見えます。



スパティフィラム7:1


根元近くに小さな蕾が一輪


スパティフィラム陰に1



びっくり記念の絵手紙です。


スパティフィラム絵手紙7:1


ルリマツリモドキです。
暑さに負けず咲いてます。


ルリマツリモドキ絵手紙

重宝な夏菊です。


夏菊花瓶で


ニオイバンマツリが凍害からなんとか復活し、幹の割れた所はそのままで
皮がはがれていない所から養分が行き来しているのでしょう、2度目の花も
さかせています。


又咲いて来たニオイバンマツリ


梅雨が明けて鉢物はよく乾きます。外を見ると水が欲しいと訴えている花、木が目につきますが、
もう少し、日が傾く迄待っててねと思っている私です。

Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.