ベンジャミン努力が実るか?and復活したサンダーソニア他
4~5年前に購入したベンジャミン。もう少し高さが欲しいと思い自分で好みの高さにしようと
もくろみました。10本以上挿し芽して、わき芽をかいてはまっすぐにのばします。
およそ1Mの長さに同じように成長した3本を選び編んだのが昨年の春でした。
それから1年まだ支柱を外すと倒れますが、なんとか3本同じ成長ぶりで思ったような
ベンジャミンに仕上がりそうです、途中経過も記録してはいず、記憶も曖昧になっておりますが。

右の幹の太いものが親木で、左の支柱がしてあるものが育成中のベンジャミンです。  
 画像クリックしてください大きくなります。

ベンジャミン親子


サンダーソニア(ユリ科)が復活しました。昨年は芽が出たかどうかも分からないくらいでしたが
今春は3本はしっかりした芽が出、このように元気に花を持ち喜ばせてくれてます。
何故復活したのかな?変わった事はプランターが割れた事くらいなんですが。割れたまま
で水はけがよくなったのでしょうか?

サンダーソニア1  サンダーソニア2  サンダーソニ<br />ア3


斑入りどくだみです。花は普通の花が咲きます。意外と葉がきれいでしょう。

どくだみ


ヒペリカムは花が終わり赤い実に変身です。

ヒペリカム  ヒペリカム赤実  ヒペリカム渡辺

花のヒペリカム    赤い実を付けたヒペリカム  お隣さんにのヒペリカム

昨年挿し芽苗をさしあげました。私は地植えにしていますが鉢で育てられなかなか良い形に仕上げておられます。

クチナシも咲いてきました。およそ花径6Cmの八重咲きです。

クチナシ


今朝起きてみると零れ種で芽を出したインパチェンスが咲き始めていました。嬉しくなりました。

         DSCN0973.jpg


しばらく(7月末まで)ブログお休み致します。瀬戸内の島で一人暮らしの実母のサポートに行ってきます。

藍染め遊び
4/24日に種まきし5/2日発芽 間引きながらプランターで育てた藍が35Cmに成長しました。
まだ少々早いかもしれないのですが、今日地面から15Cm上を刈り取り、染色方法に従い
昔の黄ばんだ白のシルクブラウス(生葉染めは木綿は染まらないとのこと)をダメもとで
染めてみる事にしました。
280g収穫出来、葉だけにすると190gとなりシルクスカーフ10gを染める藍の量となりました。
それで100gのブラウスを染めます。10%の生葉しかないのでさてどうなりますか?
          画像をクリックしてください大きくなります             
  35Cmに成長した藍    刈り取り後の藍   葉だけをミキサーにかける
                         抹茶ジュースみたいです   
                            

                      
藍成長  藍刈り取り  藍ミキサー


ミキサーにかけた藍の汁を濾し 水にあらかじめ浸していたブラウスを染め液に浸します。

ぶらうす1  ぶらうす2  ブラウス3

黄ばんだ白のブラウス  10分染め液に浸し脱水した   乾いたブラウス
            直後のブラウス  
不思議な事に白いボタンもしっかり同色に染まっています。(染まった小さなボタンは見えないようです。大きな飾りボタンは染まっていません。材質で違うのですね。)藍の量が少なかったので、藍色にはなりませんでしたが、これはこれでよかったようです。藍色にしたければ、重ね染めをすればOKですから。面白い体験でした。

今年は丁字咲きマーガレットとウインターコスモスが同時に咲いています。

丁字マーガレットとウインターコスモス

デンドロビューム"ガットンサンレー"と初開花のアルストロメリア
デンドロ"ガットンサンレー"が咲きはじめました。温室なしで毎年この時期に
花を持ってくれます。花径が5Cmもあり結構ご近所さんから珍しがられています。
        
    画像をクリックしてください大きくなります。(Den.Gatton Sunray)

ゴットンサンレイ1  ゴットンサンレイ2  ゴットンサンレイ3

      ゴットンサンレイ4    ゴットンサンレイ5


昨年秋お隣さんに頂いたアルストロメリア切り花用に近くの菜園に植えましたら
元気のよい花を咲かせ始めました。水揚げも良く切り花に重宝です。アリスとロメリア



一重咲きのマーガレット軒下でなんとか越冬はしますが 寒さには意外と弱いようです。
コスモスと見間違える人もいてふらふら風に揺れ好みの花です。切り花にしみました。

マーガレット切り花

名無しの赤い百合と花キリン
かれこれ20年前、娘の間借り先が園芸店でそこで百合の球根2種をいただきました。
一種はピンクの柔らかい色でしたが、だんだんと元気がなくなり今年はまだ、何処にあるか
みつけられません。もう一種は強健でどんどん増えていきます。ご近所に配っても配っても
まだ沢山残っています。
          画像をクリックしてください大きくなります。

畑で            畑でアップ       切り花にして
畑ユリ   畑ユリアップ  ユリ切花


花キリンも咲いています。最初の画像の花の長径は3Cmもあって一つの茎に8コの花を咲かせるので豪華です。後の二種は1.5Cm位で花数も4こです。黄色の花キリンはかなり大きな木になりました。

花きりん大  花キリン黄色  花キリン赤


花きりん黄色鉢

こじゅけいと白い花
昨日近くの公園を散歩していると "きじ"のような鳥が草原にしゃがんでいました。
見かけない鳥なので、撮ってみようと思い近づくと起き上がって歩き始めました。
あまり警戒心もなく、めじろより平気にしています。傍を車がとおっても知らんぷり。
通りかかった人も「なーに?」とよって来られ。これは"こじゅけい"だと教えてくださいました。
         画像をクリックしてください大きくなります。
"こじゅけい"の番い仲良くおさんぽです。

こじゅけい1 こじゅけい2 こじゅけい3


"こじゅけい"は中国南西部原産の鳥で大正8~9年に東京と神奈川県に放たれたとの事で
多産で増えているようです。キジの雌のようにみえました。


さつき「雪中の松」。より葉で小さな葉に、花は意外と大きく好みの花です。今年は花付きが
悪くよく咲いているところだけを撮ってみました。

雪中の松


6月の花嫁さんのブーケにも使われる"カラー"もぽちぽち咲いていましたが、そろそろ終わりになりました。大きな花瓶に生けてみました。

カラー




鉢寄せ植えバラと今日の作業
今日は雨も降らず庭仕事には最適な一日でした。
サンデー毎日の私ですが、この日曜日庭仕事に勤しみました。
鉢植えでミニ、中バラを寄せ植えしていますが、今年は揃って花を
咲かせてくれました。
        画像クリックしてください大きくなります。

鉢寄せ植えばら ミニバラ赤 中バラ三輪


フリージア植えっぱなしで育てていましたら葉ばかり茂って花が少なくなりましたので、
堀上て小さい球根は処分しました。(中のお皿に入れてあるもの)
ムスカリも葉がネギのように伸びてしまいましたので、整理して秋に植え直します。
その他イキシアとチューリップも同じ作業をしました。

フリージア       ムスカリ

フリージア種  ムスカリ種


リシマキアも咲いています。輝くような黄色です。

リシマキア

新入りペラルゴニュームとアマリリス他
ペラルゴニュームはゼラニュームより少し育てにくいように思っています。
大きくなり見事に育ったなと思うと夏に枯らしてしまいます。
そのため常に挿し芽苗をそだてて命はつなげております。
新入りさんはゼラニュームかと勘違いしていた位ですから丈夫かなと思います。
この夏どうでしょうか?主役さんがボケてました。
画像をクリックしてください大きくなります。
新入りゼラ   DSCN0102.jpg


新入りさんは左画像の大きな花  右画像は夏越しできなかったこれ迄のペラルゴニューム
左画像の左端に写っている(一輪)ものと同じものです。挿し芽したものです。

アマリリスも咲いています。植え替えをしないで育てているので、花立ちは4本しましたが、
各二輪ずつしか花を持ちませんでした。あるいはこういう種類なんでしょうか?
頂きものなので、最初からこんな感じです。

                       H20アマリリス


ミヤコワスレが又咲いてきました。弱々しいですが、切り花にすると色が奇麗で、
楽しめています。

            都忘れピンク青


お風呂に入れて楽しませてもらったバラ、ついに元気なものは三輪になりました。
ごくろうさん、ありがとうのしるしにもう一度お出ましねがいました。

DSCN0853.jpg  風呂後のバラ

シクラメンの種とリカちやんパンジー 他
今日は雨もあがり午後庭仕事が出来ました。気になっていたシクラメンの種を見てみました。
茎が柔らかくなり、中心のほうは、いくぶん皮がめくれていましたので、茎ごと採りました。

    画像をクリックしてください大きくなります。

シクラメン種アップ シクラメン種とさや シクラメン種とり後


種は18個入っていました。3枚目の画像は種をはずした後です。ゼリーのような珠がありました。このゼリーのような珠に一つ一つの種がついていました。

虹色パンジー(リカちやん)未だ頑張って咲いています。
紫色のノーブルリカは種が一個しか採れそうにありません。左側
濃いピンクのスイートハートリカは五個位は採れそうです。右側
真ん中の優良農家のパンジーというのは沢山種ができています。種はリカちゃんを取り蒔き
してみようと思っています。

DSCN0854.jpg


アリッサムも昨年から咲き続けています。

アリッサム


ハーデンベルギヤの今の状態です。ぱらぱらですが未だ咲き続けています。豆のような種が
ついています。

6:4のハーデンベルギヤ

今年も梅雨の季節になりました。
当地では5月末の雨から晴れの日は、日曜日のみで引き続いて入梅となってしまいました。
花達も雨に濡れてしょんぼりしています。
先に紹介した強健な房咲きの赤いバラ、雨に打たれて地面につきそうにしなっているので、
切り花にしてバケツに入れて観賞です。もう少ししたらお風呂にでも浮かべて今年もありがとうと
幸せ気分に浸りたいと思っています。
画像をクリックしてください大きくなります。

DSCN0853.jpg


種蒔きが遅れてきれいには先揃わなかったアイスランドポピー待っていた花色が出ましたので、
再度アップです。予想通りになるかな?と咲きそろいはしませんでしたが、おおいに楽しめました。
メンデル博士の気分?????。

アポピー集合  ポピー花色囲み


花色の整理です。
一昨年の親株の花 一色
アポピー親


その親から取り蒔きした今年のバラエティーにとんだ花色です。来年はどうしようかな?


アポピー7 ポピー5 DSCN0664.jpg

アイスランドポピー期待の色


ぽぴ-4 DSCN0661.jpg DSCN0665.jpg
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.