自家製野菜
夫の管理する畑の野菜が収穫できるようになりました。
虫食いだったりいびつだったりするものもありますが、鮮度抜群で
料理らしい料理をしなくても美味しいです。

お正月に密かに種蒔きしていたトマトとキュウリ。
田舎に運んだものは全滅しましたが、こちらに残したものが一部
育ったようです。
キュウリは一株生き残り、一株購入したようです。
トマトは自家製苗での収穫です。


キュウリ・トマト

小さなキャベツも出来ました。

キャベツ

これまでは、ペンシル人参とよぶような細い人参しか出来ませんでしたが、今年は
ご覧のような立派な人参の収穫です。

人参

きようは「なす」の初収穫です。カボチャはぼっちゃんカボチャ。
小さくて、便利なカボチャです。3コ目の収穫です。
トマトとキュウリは毎日穫れています。今日のトマトとはいびつなものばかりでした。

なすカボチャ

堆肥の中には沢山のカブトムシの幼虫がいるようで、水槽に入れて観察して楽しんでいるようです。

これは雌
カブトムシ雌

雄が羽化し始めました。

カブトムシ雄1

今日には立派な雄に変身していました。

カブトムシ雄2

7/4 追記
本日羽化したカブトムシは森にかえました。どんどん元気にクヌギの木に登っていったそうです。

6月絵手紙 N02
通信講座を受講して、月一度の提出だけど、絵手紙も新しい気持ちで
又楽しめています。(小さな画像はクリックで大きくなります。)

5月の課題「好きな花を描く」。一番出来の良いと思うこのアルストロメリアを提出
好評でしたが、この絵柄には文字は縦書きのほうが良いとの指摘で描き直してみました。
描き直す(右)と頭を押さえられない感じですっきりしました。

  22絵手紙アルストロメリア   22絵手紙アルストロメリア描き直し

クチナシも次々咲いているので、影を少なくしてもう一度描いてみました。2度目は少々
雑になりましたが、こちらの方が、クチナシらしくなりました。

22絵手紙クチナシ2

今年もサンダーソニアが咲いてきましたので、縦書き横書きにしてみました。

  22サンダーソニア   22絵手紙サンダーソニア2


22絵手紙サンダーソニア

温度さえあれば年中咲いている我が家の八重咲きハイビスカス
この暑さで元気一杯です。
今回の課題「季節の挨拶」はこのハイビスカスにします。

ハイビスカス2輪

22絵手紙ハイビスカス


6:26ハイビスカス

カリブラコア
昨年挿し芽苗を頂きシーズンを終えそのまま越冬させた親株の
カリブラコアが大きくなりすぎたので、先日剪定をして形を整えました。

黄色のカリブラコアは元気に育ちすぎました。水をよく吸い上げ水やりも大変です。
橙色のカリブラコアと同じくらいにすることにします。

カリブラコア黄色

同じ兄弟なのにこちらは成長が遅く今春挿し芽した子株も二株追加してありますが、
まだようやくこの程度の大きさです。こちらは剪定しません。

カリブラコア橙

ふたつ並べるとこれだけ大きさが違います。。

カリブラコア剪定前


黄色のカリブラコアおよそ半分切り詰めました。鉢も見えてきました。

カリブラコア剪定後


先の記事で紹介した、あじさい「アナベル」蕾みは黄緑 咲き始めると白に。
11月まで楽しめると魅力一杯のアジサイですが、
花が大きくなりすぎてこの雨で茎が耐え切れず、折れてしまいました。
折れた後に気付いたのですが、花房の一部をを切り取ってちいさくすればいいと。
来年は茎に見合った花サイズにするように剪定を工夫しないといけないのでしょう。
今年は仕方ないので、きりとった花はお皿に水をはって観賞です。

アナベル切り花





雪割草の移植
雪割草1

2007年に購入した雪割草、意外と育てにくいです。親株で残っているのは
地植えにしている一株だけ、


最初の種蒔き、雪割草は土を被せない、混植のほうが育てよいということなので、
そのままパラパラと草ボケ等との寄せ植え鉢満作の根元に種蒔きしてみました。
するとどうやら翌春雪割草らしき新芽を見つけました。

雪割草?

雪割草は一年この双葉のままで過ごしました。一年目に発芽した物、種のまま
一年過ごし翌年ようやく発芽した物などゆっくりなんです。
興味の有る方はクリックして見てください。

雪割草説明付き


昨年 元気よく育っている本葉の出た一芽を親株の傍に(ここなら上手く育つかと)移植しました。

雪割草前庭 印付き

なぜ ? 葉を落としてあえなく消えてしまいました。

雪割草の残念

そして今年一年遅れ組の本葉の出た4芽をそのまま置いておく2芽と鉢上げの2芽に
してみました。これからどのようになるでしょう? 楽しみです。
山野草の土に植えた2芽です。このまま地面に埋めておきます。

22雪割草移植

発芽した所にそのままおく2芽です。暑い夏を過ごせるよう寄せ植えの木や草の陰になる
ものを残しました。三つ葉の葉がそれです。

22雪割草1


22雪割草2

さてこの4株のうち一株でも花が咲いてくれるまで育ってくれると嬉しーいんですけど。!!

この時期の我が家のアジサイです。
挿し芽苗を頂き今年初咲きの新入り「アナベル」です。

アナベル

「十二単(左)」と名無しさん。十二単は意外と強健で名無しさんを排除しそうな勢いです。
名無しさんはやっとこの一輪のみの開花です。

アジサイ2種





オーストラリアンベルズ
今日は降ったり止んだりの空模様で、水曜卓球出るときは大雨で歩いて行く事にしました。
歩けば40分。行くだけで疲れます。練習はいつもより早めに切り上げ、園芸店に寄り道したり、
川沿いのアジサイの名所を歩いたりしながら遊び遊び帰ってきました。

寄った園芸店で私には初めての花
オーストラリアンベルズと言う花に出会ってしまいました。涼しそうな花色に惹かれ
連れ帰ることに決定です。

オーストラリアンベルズ購入

ヒメ卯木に似た枝にしゃじんのような花を付けています。

オーストラリアンベルズ


オーストラリアンベルズ説明

二株植わっているようなので、二鉢に分ける事にします。一鉢は土中埋め用です。
ポリポット一杯に根が回っていて2株と思ったら3株ありました。
左の鉢に1株(土中埋め用,購入時に植えられていた鉢です)と右の鉢に2株に株分けしました。

オーストラリアンベルズ株分

大株になると5~9月まで咲き続けるとのことなので楽しみです。

畑百合1

今畑いっぱいに咲いている赤い百合です。どんどん増えています。
中央のピンクの百合は次第に減って今年はこの一輪だけになりました。

畑百合2

左から2番目の花も虫に食べられたりようやく見られる一輪です。オレンジっぽいのは
この百合と同じのはずですが、花色が少し違ってきて小さくなりました。



デンドロ・デンシフロラム??
十数年前、東京ドームで壁に吊るされ、根もそんなに付いていない、
これまで見た事もない美しい蘭を見つけ、即 連れ帰ったものです。
今では名前も??となり原種系デンドロ、デンシフロラムに似ているので
少々花弁の色は違うように思うのですが、遠からずとこの名前での紹介です。

田舎通いが始まって生かしているだけの蘭達ですが、昨年から花を付けて
くれるようになりました。
今年も蕾みをつけました。我が家での愛称は「松かさ蘭」です。

22デンシフロラム1

蕾みが伸びてきました。

22デンシフロラム2

今日花は開いていました。

22デンシフロラム3



22デンシフロラム4

これは古い写真です。こんなに咲いていたんですよ!!
やっぱりデンシフロラムではないかなー?花弁が黄色ではなく白ですからね。

22デンシフロラム5



未だ咲き続けている元気なガーデンシクラメンです。6株中の一株です。
健気な一株。季節はずれの紹介です。

6:21ガーデンシクラメン



一日花
雨のふらない日は暑くなりました。
この暑さの好きな花が咲いてきています。どちらも一日咲いているだけの花です。
睡蓮花 睡蓮に似た美しい花ですが、咲いているのは一日だけ、今年で3年目位になるので、
剪定の仕方で一日花でも次々枝一杯に咲かせたいと思っているのですが、上手くいくでしょうか?

先ずは初咲きの花です。花径役2,5Cmの小さな花です。
今日はもう花はありません。

22睡蓮花アップ

22睡蓮花


ハイビスカス親株は40年近く育ています。これは挿し芽でスタンダード仕立てに育てたものです。
幹部分が1mあります。業者でなく私が育てところが自慢出来るところです。
ハイビスカスの成長は早く4年目くらいかなと思います。

ハイビスカス2輪

部屋から撮ったらいろいろ周りのものが写っていましたので、説明してみました。
いろいろごちゃごちや育てています。


ハイビスカス説明入り2・7-17


絵手紙
絵手紙をおりおりに楽しんでおります。次回の課題は季節の挨拶です。
我が家のエゾアジサイ?なのかなーよくは分らない小ぶりのアジサイの額弁がようやく
色付いてきました。

22アジサイ


22絵手紙アジサイ

20日追記しました
今日このアジサイの親株の花を写真に撮ってきました。こちらは遮る物のない南の庭に植えてあります。
我が家は柚子の木の下日当りの悪い場所に植えてあります。我が家のとは色が大分違っています。

広田さん親アジサイ

さてこの小ぶりのアジサイは何というアジサイでしょうか?頂いたお宅でも名前?なのですね。
ここまでが追記でした。


クチナシは今年の初開花です。絵手紙はちよつと暗くなりました。一輪切り取っただけなのに
香ります。

22クチナシ


22クチナシ絵手紙


葉を観賞するゴシキドクダミも花を咲かせています。ドクダミにも八重花とかいろいろあるようです。

22ゴシキドクダミ  ゴシキドクダミ葉


絵手紙ゴシキドクダミ


ヒナソウ、サンビタリア、コリウス
関東も梅雨入りをして今朝方は大雨でした。水曜卓球歩いて行くと疲れるので
いやだなと思っていましたら、なんとか自転車で往復出来やれやれです。
そして今は太陽がかんかん照っています。気温も急上昇中のようです。

昨日の作業又又挿し芽苗の植え替えです。
ヒナソウご存知ですか?
小さな小さな花(花径1Cm)です。こんな細い草花は挿し芽無理だと思っていました。
ところが逞しく根を出すんですね。
効率的には株分けで増やすのが良いと思いますが。この小さな草花の生命力には
感動しました。
4月初めにはこんなに可愛い花を咲かせていました。

4:8ひな草

5月半ばサンビタリア・テキーラ(ひな草ほど小さくはありませんが同じく小さな花です)

サンビタリア・テキーラ

とひな草の挿し芽をしました。3号鉢に混植です。挿し芽の様子です。

ひな草・サンビタリア

1ヶ月弱経過して鉢穴から白い根が見えてきましたので鉢からサンビタリア、ひな草を
取り出すことにします。
どちらも発根しています。ひな草も発根していたのです。

ヒナ草挿し芽1

ひな草6本は素焼きの2号鉢に
サンビタリア・テキーラはポリポットに3本ずつ植え付けました。
きょうも元気にしています。サンビタリア・テキーラには蕾みも見えます。

ひな草挿し芽2

ベンジャミンの根元で越冬したコリウスに花が咲きました。
ベンジャミンの根元には先のサンビタリア・テキーラ、ミニホスタ、インカノカタバミ、コリウスが
植えてあります。

コリウス22

コリウスは水挿しで越冬すると聞いて2年試していましたが、冬季の留守もあるせいか
2年ともに失敗我が家は観葉植物との寄せ植えで越冬させるのが適しているようです。
コリウスは葉を観賞するので花芽は早めに剪定するのが常道のようですが、
花も可愛いですよ。

  コリウス花アップ1  コリウス花あっぷ2



カーネーション
カーネーションの挿し芽をしています。最初はこんなものが挿し芽出来るとは
思わなかったのですが、菊のようにそう簡単ではありませんが、挿し芽
出来るんですね。最初に挿し芽成功した花です。2007年に挿し芽したように思います。
そして2年後の母の日に丁度開花して私を喜ばせてくれました。


カーネーション

このカーネーションは黄色のレモンソフトを挿し芽したものですが、何故かピンクなんですね。

カーネーション1


蕾みが多すぎて先を押さえてみたらふかふかしていたので、ふかふかの蕾みを切り取りました。すると
中は茶色になって切ってよかったなと思う物とちゃんと花が育っているのやありましたね。
もう少し早めに摘蕾したほうがよかったんでしょう。

カーネーション4 カーネーション5 カーネーション6

今日はこんな状態で咲いています。

カーネーション2

それから毎年のように挿し芽して試してみました。

カーネーション3○印入り

花のところどころは黄色に近い白色でツートンカラーです。挿し芽はクローンで同じ物が出る
と思っているのですがねいろいろ不思議な事が多いです。しーちやんの勘違い??でも
2回続けて同じような事が起きています。
もう一株挿し芽して育ってきたのがありますが、カーネーションの挿し芽も今年で卒業です。

絵手紙。山椒、梅の実の収穫
6月に入って庭に少し稔っている梅や山椒の実を丁寧に一つ残らず
収穫しました。
梅は1.3Kg 山椒は50gの収穫でした。
梅は1Kgを梅酒に残り300gは梅ジュースにしました。
梅と氷砂糖と交互にいれホワイトリカーを入れた直後に思い立ち
絵手紙を描いてみました。

 梅酒瓶   絵手紙梅酒

実生の山椒が昨年初めて実を付けました。昨年は、はじけるまで実を付けておきましたが
今年は残らず収穫をしました。

山椒

22絵手紙山椒

山椒は小粒でぴりりと辛いと言いますが、辛いですね。舌がしびれます。
好きなちりめん山椒をつくろうと思い、ネットで検索(便利な世の中になりました)
分量は少々アバウトに600gのちりめん山椒の出来上がりです。
一部は瓶に詰め冷凍保存をしました。しばらく美味しくいただけます。嬉しいです。

ちりめん山椒

今年も庭の隅で白い可愛い花が咲いています。植えた覚えはないのに
いつの間にか我が家の一員になっています。ご近所の家々にもたいてい見かけます。
逞しすぎて疎まれていますが、ドクダミのごとく踏まれても抜かれても元気で明るく
時には人の役にも立ち可愛く美しくありたいと思います。


22絵手紙ドクダミ

山アジサイ我が家のしんがり、七段花・富士の滝です。マル弁の八重の白で可愛い花です。

山アジサイ富士の滝

山アジサイ富士の滝2

借りている畑に夕方行ってみると夏菊が結構咲いていました。早速切り花用に
持ちかえりました。夏菊、寒菊とシーズン以外に咲く菊は重宝です。

夏菊初咲き



大文字草
山野草の本を読んでいましたら、大文字草の葉刈りの項がありました。
元気な株は葉を次々展開し邪魔になるほどになるので、元気な株を対象に
思い切って葉を切りとってしまう。そうすると比較的小型の葉で株がまとまります。
葉刈りの時期は6月上旬から中旬頃とありました。

初めてのことですが、元気の良い株があるので、試してみる事にしました。

地面に鉢のまま埋めていた物です。半分葉刈りを済ませた後写真を撮ろうと
思いつき半分は葉を刈り取った後の画像です。

大文字草葉刈り前1

すっかり刈り取りまたこのまま地面に埋めました。
鉢に泥がついているのはそのためです。

大文字草葉刈り後1


この株も今この大きさの葉だと困るのかなと思い葉刈り候補生に選びました。

大文字草葉刈り前2

刈りとったところです。

大文字草葉刈り後2

初めての作業なので秋に本当にコンパクトな良いものになるのか一寸心配ですが、
新しい育て方で楽しみでもあります。葉刈りはこの二鉢にとどめました。

アイスランドポピー(シベリアヒナゲシ)がようやく一輪咲きました。採り蒔きしたものは一株も芽吹かず
自然落下のものが遅くに生えてきたのを見つけプランターに植えてみました。
今年は二株しかありません。種を採りたいのですが、ちゃんととれるでしょうか?

22初咲きアイスランドポピー

先日のデンドロの蕾みです。松かさに似ていませんか?

松かさ蘭蕾みアップ



カリブラコアと庭の花

カリブラコア1

4/22に挿し芽したカリブラコアの鉢上げをしました。1ヶ月以上経っているので
充分に発根していました。

カリブラコア2

花のついていたり蕾みのある3本は越冬した親株と一緒に大株に見えるようにと植え込み

残り6本を小さな2鉢に各3本ずつ植えました。成長が楽しみです。

カリブラコア3

アマリリスが咲いてきました。まだ蕾みもありますので、しばらく楽しめます。

22アマリリス

まだパンジーも頑張らせています。これは自然落下で遅い芽出しだったので、まだこれくらいの
大きさで、まだまだこれからという雰囲気です。意外と奇麗な花です。

22自然落下パンジー

リカちゃんパンジー三代目の今です。長く咲いていますが、そろそろおしまいです。

22リカ最後

同じく這性ビオラシャングリラの二代目これも終わりますね。

ビオラシャングリラ最後

デンドロも一ヶ月以上咲き続けていますが、来期の事を考え花を摘み取りました。
オアシスにさしたり

デンドロオアシス

浅いお皿に入れたりして楽しんでいます。

デンドロ皿



6月庭の花NO1
スカシ百合が咲いてきました。いつの間にか花を何虫?かに
かじられています。敵の多いことです。充分には守ってやれませんでした。

22すかし百合

名前不詳の薔薇です。昔から育てているものはほとんど名無しなのです。
一重の中輪です。

薔薇赤2

先日紹介したバイカ卯木満開になりました。

バイカ卯木満開

アニソドンテア・サンレモクィーン(ヒメフヨウ)-非耐寒性常緑低木-を挿し芽して、
草花のように丈を短くしてプランターで育ててみました。

ヒメフヨウ

5月初めから咲き始めた???デンドロ一ヶ月経た今もまだきれいに咲いています。
そろそろ終わりに近づいたかな?と再度紹介しました。

    ?デンドロ2    ??デンドロ満開


??デンドロの今

アルストロメリアも次々咲いてきます。水揚げもよく切り花で重宝しています。


アルストロメリア大花瓶





絵手紙
絵手紙通信講座初回の課題は課題の絵(バナナ)を見て、バナナを描く。
標準月一度の課題提出に伴う添削を6 回6ヶ月で終了です。
さてさてどんな事になりますか。???です。
これは5月初めにに提出して返却されてきたものです。

絵手紙バナナ

次の課題は一番好きな花を描くです。

咲かせた花をポピーとか

22絵手紙ポピー

芍薬とか、描いてみて

22絵手紙芍薬

最後に描いたアルストロメリアを提出しました。返却されるのは今月末です。
どんな講評でしょうか?

22絵手紙アルストロメリア

山アジサイの切り花がしぼんできました。そまままポイするのも未練が残り押し花にして
ハガキにボンドで丁寧に付けてみました。薄い和紙で覆えば安心ですが、このままでも
実用になりそうです。小さな花は押し花での、たよりも出来そうです。

  押し花山アジサイ2  押し花山アジサイ

雑草のような夕化粧、いつの間にか裏庭に飛んで来て可愛いピンクの小花を咲かせていましたが、
今年初めてその中に白花が咲いているのを見つけました。白花を見たのは初めてです。
周りの赤花を抜いてこの白花の株を踏まれないように保護してみましたが、来年も白花を
見る事ができるでしょうか? 楽しみが一つふえました。

夕化粧紅白

ペラルゴニュームが咲いてきました(一番手前)。昨年挿し芽軒下で越冬したカリブラコア(黄色)
紹介が遅れた小型ペラルゴニューム(見頃は過ぎてしまいました。)山アジサイ。
つり鉢の赤い花は八重ベコニアです。

ペラルゴニューム他



サボテンと花キリン
サボテンの花は美しいのですが、花期はごく短く1~2日です。咲き始めてお天気に
恵まれなかったサボテン。パッと開くことなくしおれてしまいました。
しぼみ始めの花を覗き込んで撮影してみました。

22赤サボテンアップ

このサボテンの全体像です。まだまだ次の蕾が咲くには日数が必要のようです。

22赤サボテン全景

このサボテンは次々に良く咲きます。今日は又違った蕾から3輪咲いていました。

22サボテンオレンジ

黄色の花キリン我が家に最初に来た時は黄色一色だったのに何年か経ち株は大きくなりましたが、
最近は赤がまざってツートンカラーになってきました。
赤が混ざった枝は切り捨てていくとよかったのかな?と今頃考えています。
自然のままほっておくと赤に変わりそうに思えるようになりました。

22黄花キリン全景

最近はこんな花色が増えてきました。花は1.5×1.0Cm位です。

花キリン黄色アップ

同じ大きさの赤花の花キリンです。

花キリン赤黄

これも花キリンですが、花が大きく3.0×2.0Cm位の大きさです。
なかなか奇麗ですが、棘も大きくて怖いようです。

大小花キリン


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.