故郷で絵手紙
初冬の故郷にはいろいろな実が稔っていました。
名前を知らない、可愛い赤い実が、あちらでもこちらでも蜜柑畑の石垣から
垂れ下がっています。逞しい雑草の嫌われ者かもしれません。
でもなんとも可愛い実なので持ち帰り花瓶にいけて楽しみました。

見知らぬ実


絵手紙見知らぬ実


野葡萄が未だ元気にしっかりとした実を付けていました。

蒲刈ノブドウ


  絵手紙蒲刈ノブドウ  野葡萄絵手紙縦


この実も初めて見つけた実です。面白い形をしています。
いったい何と言う植物でしょう?蔓性植物でした。

見知らぬ実2

12/29 追記 ブログの偉力で名前判明。
      実(サネ)カズラとも美男カズラともいわれている山野に自生している蔓性植物で
      なんとミニ盆栽にもなっていました。簡単に挿し木も出来るそうで。次回は枝を
      持ち帰ろうと、もくろんでいます。
      何故に美男カズラかというと昔つるから粘液を採って整髪料に使っていたからの
      ようです。
      コメントくださりありがとうございました。

絵手紙見知らぬ実2


懐かしい神社に立ち寄ってみましたら、見覚えのある椋の実が落ちていました。

椋の実

椋大木


絵手紙椋の実


皆様どうぞ良い新年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。



帰宅しました。
傘雲の富士

何年にもわたり、何度も新幹線で往復していますが、こんな傘雲の富士山に出会えたのは
初めてです。座席から意外ときれいに撮れていました。


出発時蕾みを見せてくれた日本水仙は1ヶ月経ち花を開きかけています。
田舎では既にに満開、一月前が丁度こんな状態でした。

帰宅時の水仙

今年の秋は暖かく田舎では、トマトが未だ成っています。

冬のトマト

12/10日の収穫です。冬の露地物トマトは又格別美味でした。


冬のトマト2

ヤーコンの花、夫が植えていたものですが、初めて花をみました。
小さな「ひまわり」のようです。

ヤーコンの花


何年か前に苗木を植えたレモンが昨年から急に大きくなり
沢山のレモンが収穫出来るようになっています。畑と太陽は有り難いです。

我が家のレモン

過疎になり、廃校になった中学校の二宮金次郎像は健在でした。

蒲中二宮金次郎

我が家の蜜柑畑から本州の方(左端、川尻の造船所かな?)を撮って見ました。

h23松島

フォーチュンベコニア
出発前にフォーチュンベコニアの花を切りました。花柄が残ったままで病気等にならないように。

きれいに咲いています。

11:20フォーチュンベコニア

11:20フォーチュンベコニア2

かわいい好みの小菊を頂きました。
来年から我が家でも咲くようにと挿し芽をしました。
首尾よく発根するでしょうか?

新入り小菊


早いですね。日本水仙の蕾を見つけました。田舎ではお正月前には咲きますので、
この時期の蕾み(11/20)は例年のことですが、ここでも同じように咲くのでしょうか?

日本水仙蕾



11/20日の予約投稿です。今しばらく留守をしています。
日本水仙は咲いているのでしょうか?

Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.