猛暑に負けず
梅雨明けの猛暑に閉口している私達ですが、この猛暑を
喜び元気いっぱいの花達です。

四季をとわず咲いているハイビスカスですが、冬には一重咲きになり
暑い夏は八重咲きに、しべも2~3カ所から出て来ます。

7:30ハイビスカス


沙漠のばら(アデニューム)の蕾みも色付いてきました。
この夏は咲く迄見られそうなので、蕾みのふくらみ具合をいつか
まとめて紹介するつもりです。

7:30沙漠のばら


マツバボタン、毎年の零れ種だけを育てていましたら、昨年からこの色一色に
なりました。

7:30マツバボタン


夏咲きのパフィオが今年も一輪咲きました。咲いて10日位経っています。
なにせ2ヶ月位先続けます。

7:30パヒィオ


待望の琉球スズメウリの蕾みを見つけました。
これから暑くなるとますます元気になることでしょう。
赤い縞模様の実を付ける迄、しっかり楽しみます。

7:30琉球カラスウリ







暑中見舞い申しあげます。
オリンピックが開幕しました。
聖火の点灯にはこれ迄にない発想で感激しました。
人間ってすばらしい!!
これからの競技にもすばらしい感動を見せていただけるものと
期待が高まります。


ところで、このところの猛暑には閉口ですね。
皆様ご自愛なさってください。

絵手紙ホオズキ

今年は我が家でもホオズキを栽培しました。上はスパッタリングでの2作目です。

7:28ホオズキ

睡蓮木は毎日5~6輪咲き続けています。一番多い日で10輪咲きました。
一日花なんです。

絵手紙暑中睡蓮木

6月に80円で花の終わりに購入した ホルムショルディア(チャイニーズハット)
が咲き始めています。
ハットの飾り部分の紫の花はこれも一日でポロリと落ちます。
ピンクのツバ部分は額なのか何時迄も咲いて(付いて)います。

チャイニーズハット

取木で育てた老爺柿が今年はどうしたことかこんなに沢山の実をつけています。
赤くなる迄このまま付いていてくれると嬉しいのですが。

7:28老爺柿

自然は発芽の五色唐辛子も花を咲かせました。

五色唐辛子花


借りた畑で
猛暑と思ったら涼しくなったりと、このところ気温の変化が
乱暴です。庭の花達が寂しくなったので、畑に行ってみました。

さてこの花 何の花でしょう?分る人いらっしやいますか?

ごぼう花

この花はわかりますよね。

アザミ

先の花はアザミに良くにていますが、ごぼうの花です。
葉をみるとアザミとは違うでしょう?


アザミとごぼうを描いてみました。

アザミとごぼう

盆花とも言われるらしいですが、ミソハギです。
盆の仏花としてよく使われるそうです。

ミソハギ24アップ

ミソハギ24


アルストロメリアは春から次々と咲き続けています。
切り花にとても重宝な花です。

7:21アルストロメリア

田舎で
昔はたくさんいたカタツムリ、近年田舎に行っても見つけることが
ありませんでした。殻は1~2個、転がっていますが、生きているカタツムリに
出会うことがありませんでした。
嬉しいことに、今回は見つかったんです。日を変えて2匹
最初にみつけたのは少年か少女かまだ若そうなカタツムリです。
標準的なスタイルでしょうか?

カタツムリ

首がよく伸びますねー。

カタツムリ1

カタツムリ3

お父さんかお母さんか成人のカタツムリです。
模様が消えています。

カタツムリ2-2

カタツムリ2-1

カタツムリ2-3

絵手紙にしてみました。

一度怒ると一才年をとり、一度笑うと一才若返るということだそうです。
何日だったかな?描いた頃の天声人語に書かれていた言葉です。

絵手紙カタツムリ縦

雨を降らせてみました。

絵手紙カタツムリ横

つゆ草が、いっぱいいっぱい、咲いていましたので田舎でも描いてみました。

田舎つゆ草絵手紙

残念な事に17日には梅雨があけてしまいました。カタツムリの絵手紙はお蔵入りとなりました。


帰宅してみると小さな蘭、スミシナンディアが咲いていました。
1×1,5cm位の小さな花です。

7:18スミシナンディア

7:18スミシナンディア1

7/5日 出かける前の蕾みです。

出発前のスミシナンディア

留守番の花達
予約更新です。ただ今瀬戸内の里にいます。いましばらくこちらに滞在いたします。

留守番隊の紹介です。
先ずなんとか間に合って花を見せてくれた、デンドロ・ガットンサンレイ
6×4cm前後の大きな花で見栄えがします。例年なら5月頃に咲いていましたが、
今年はこれ迄で一番遅い7月になりました。

24ガットンサンレイ

球根ベコニアの白が今とてもきれいです。

7:1球根ベコニア

さてこのベコニアは20年以上同じ鉢に植わっている性格の良いベコニアです。
大きく撮ってやると球根ベコニアと変わりないようですが、上の白い球根ベコニアの
径は12センチ前後、赤色のは2,5cm前後です。

24普通サイズベコニア

千両の花や葉と較べるとこんな大きさです。

普通サイズベコニア全景

零れ種でふえているクフェアの一株を、ちょつと可愛い鉢に植えてみました。

7:5クフェア


コバノランタナも咲いています。この冬の寒さで他のランタナは未だ
蕾みもありませんが、コバノランタナは寒さに強いです。

24コバノランタナ

名無しの多肉ちゃんやハイビスカス

名無し多肉


24ハイビスカス

小坊と花が同居しているヒペリカム

24ヒペリカム

何故か今年はこの一輪だけの、クチナシや

24クチナシ

2年目になるチョコレートコスモス

7:5チョコレートコスモス

零れ種で毎年出て来るインパアチェンス等があります。

24インパァチェンス

絵手紙、先の記事のミニパインを描いてみました。

絵手紙ミニパイナップル24

今年一輪のみ、開き始めたかけたクチナシです。

24絵手紙クチナシ1

在宅の間はまだ開かないと思っていたミニパインの花が7/5日、開きました。
小さくて目立たない花ですが、こんな花でした。

パイナップル開花3

パイナップル開花4

パイナップル開花2

パイナップル開花1

ミニパイナップル
2010年1月に沖縄旅行をしました。その時土産にミニパインの実を買って
帰りました。その後娘達も沖縄に行き、土産は?と、問うてきたので、
私達は一月の寒い時期だったので、買って来たミニパイン説明書通りに育つや否や、
心配だったのでミニパインの苗がいいと、今度は苗を買って来てもらいました。
それから2年後の今なんとかどちらも実をつけ花を咲かせそうです。

植え付け後の2010年10月の頃のミニパイン

2010,10,4パイナップル苗

沖縄土産のミニパインとその時の植え付け時の様子はここに!!
ミニパインは食べられませんが、普通のパインやスナックパインで育てた時の様子も
あります。径8cmのパイナップルが出来、甘い香りも漂わせてくれましたよ。


今回のミニパインは2×2cmの小さなものです。
2010年2011年の冬を加温しない空き部屋で越し今年小さな実を付けているのを
見つけました。

パイナップル1

そして茎も伸びてきましたよ。

パイナップル2

パイナップルアップ1

そして今はこんな状態です。花色の紫色がわかります。

パイナップル3

パイナップルアップ2




7月だー。
早いですねー。7月になってしまいました。
ここのところ梅雨は中休みして、比較的過ごし易い毎日でした。
今日からまた梅雨らしい梅雨になるとの予報ですが、7/7七夕様前後は
晴れて欲しいです。母の四十九日で又又田舎行きです。

借りた畑の一角を私の趣味の園芸用に使わせてもらっています。
そこで咲いている花達です。

戻り咲きと言うのでしょうか、白ヤマブキの花が咲いています。

7:1白ヤマブキ

夏菊が咲いてきました。二色あります。

7:1夏菊アップ

7:1夏菊ピンク

7:1黄菊

ツユクサが咲いています。雑草として抜いてもそのままほっておくと、そこでまた
繁殖するくらいの丈夫な花です。
花は可愛いし、今年初めて絵手紙材料に手折って持ち帰りました。
なんと花はすぐに萎むんですね。花瓶にさしてやっても同じすぐに萎みます。
一昨日は午後だったからかなと昨日は午前中に摘みに行きましたが、
おなじようにすぐに萎みました。絵手紙でよく題材になっていますが、
こんなに早くに萎むことには驚きました。

絵手紙ツユクサ


サンダーソニアをもう一度描いてみましたが、添え文の入れ方がまずかったですね。

絵手紙サンダーソニア3  7:1サンダーソニア

しもつけの赤が咲いていたのですが、今年は虫に食害されて、小さな花しか
咲いていません。白は里から運んで今年初めて花を咲かせました。

24シモツケ赤

シモツケ白蕾み

シモツケ白


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.