五色唐辛子、蝶豆他
五色唐辛子をこぼれ種から育てています。園芸店よりは遅くなりますが、
自然の状態で紫色から少し黄色みを帯びるようになっています。
ある朝、一本の株が折れていました。通りがかりの誰かに、いたずら
されたんだと思い、まだまだこれからなのにと、ミニカップにさしておきました。

五色唐辛子カップ


ところが又翌日のこと同じように折れています。????と思いました。
幹をみると、白く欠けた部分もあります。犯人は夜盗虫かな!!と思いつき、
まわりの土を掘ってみました。居ました夜盗虫一匹。

食害五色唐辛子


一匹しか見つかりませんでしたが、その後害がないので、だいじょうぶかな、です。
薄皮一枚くっ付いているので、添え木をして、保護してみました。

五色唐辛子3本

蝶豆が元気にどんどん花も咲き実もなっています。
若いサヤは食べられるということなので、味見をしてみる事にしました。
未だ充分実の入らない若いサヤだけをとりました。

蝶豆収穫

塩ゆでしてみました。

蝶豆茹でる

それでも上部分に写っている7サヤ、5~6cm迄の極若いものでなければ、皮は堅くて食べられません。
最初の一口は甘みもあり美味しいかなと思いましたが、後味がよくありません。
エグミのような嫌な後味がのこりました。
サヤマメやモロッコインゲンのような食用の物とは違いました。
観賞用のグリーンカーテンには涼しげで美しいので,良いんじゃないかと思います。

長径4cm位の花です。

蝶豆その後アップ

ランタナのピンクも咲いてきたので、撮ろうと思っていました。
ぼんやりしている間にもう盛りは過ぎ種が出来ていました。
赤い方は留守に備えて切り戻しをしました。


ランタナピンク


ランタナ花瓶

ウスバカゲロウが網戸に止まったままじっとしています。

ウスバカゲロウ

一番最初に実ったオキナワスズメウリが変色してきました。

オキナワスズメウリ変色

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑いですね。皆様ご自愛ください。

絵手紙サルスベリスパ縦  絵手紙サルスベリスパ横

我が家で初なりの山葡萄も描いてみました。

8:10山葡萄


しばらく留守をいたします。

鈴虫他
三年目になりますが、鈴虫を夫が飼育していました。今年も卵から孵化し
脱皮をくりかえして成虫になり8月初めから鳴き始めていました。


25鈴虫1

こんな餌をもらっています。

25鈴虫2

この2匹は仲が良さそうです。互いに歩みよっています。

25鈴虫3

そして今日、ハーモニカの練習から帰ってくると、鈴虫は放したよ!!と

そろそろ田舎行きも近づいたので、庭に放そうかと話してはいましたが。
(新幹線に乗せ移動を繰り返していたのですから。ご苦労なことでした、荷物が減ってよかったな!!)


グリーンカーテンのオキナワスズメウリはパッションフルーツと違って、沢山の実を
付けています。

8:17オキナワスズメウリ

枝を整理していて、切ってしまった長い立派な蔓
このまま赤くなるかなと思いましたが、萎んできました。ダメですね。

しぼんだオキナワスズメウリ


花が長期に咲いている胡蝶蘭です。未だ美しいです。
最後の花の開花日は6/25と書いてありました。

5:16胡蝶蘭


8:14胡蝶蘭



猛暑
毎日猛烈な暑さに見舞われています。幸い一昨年窓をペアガラスに入れ替え
6月にはエアコンを新しく入れ替えたので、安心して暮らしていられます。これまでは
ほとんどエアコンもあるだけで、使用頻度は低く効率の悪い年代物の木目調のエアコンが未だ
健在だったのでした。

さてぐったりとした、植物達もありますが、この暑さも、ものともしない植物もあります。
そんな花達です。

今年初めて育てている蝶豆も暑いのが好きのようです。毎日たくさんの花
を咲かせています。


8:11蝶豆

サルスベリも元気に咲いてきました。

25サルスベリ

コリウスもどんどん成長して葉色がきれいになっています。
4種植わっています。

8:11コリウス

クフェアも小さな花ですが、元気いっぱい次々咲いています。

8:11クフェア

ランタナも元気です。

8:11ランタナ

初登場我が家のパッションフルーツ、日除けの目的は達せられていますが、
花も実もありません。

パッションフルーツ

シモツケが2回目の開花をしています。

8:11シモツケ

葉が斑入りの中程度の大きさのギボウシです。花は長い所で4cm位です。

斑入りギボウシ

どこから来たのか失念している大きなギボウシ。葉に斑はなく花茎は70cm位、
花は長いところで7cm位あります。

ギボウシ大

吾亦紅、園芸種と言って頂いた。今年初めての開花です。
畑に植えていて世話しなかったので、カボチャやゴーヤーの蔓に絡まれ
うどん粉病にもかかり、あわれな状態です。

8:11吾亦紅


夕方水やりしていたら、柿の木の下、水引草の葉につかまり、セミが羽化しているのを見つけました。


25セミの羽化1

水をやり(16分後)終えてみると、え~~もうこんな状態。早い変身でした。

25セミの羽化2

その後はゆっくり、アブラゼミですね。羽が茶色になってきました。

25セミの羽化3

今夜ゆっくりエネルギーを貯めて明日朝には元気に飛び立つことでしょう。


アナナスとホオズキ
母の部屋に残された見舞いのアナナスをこちら迄、持ち帰っていました。
栽培法もいい加減で、パインナップルと同じ種なので、花を咲かせるには
と、6/4日りんご(10日位)を入れておきました。今頃ネットでしらべると1週間でよいそうです。

りんごを入れて、袋をかぶせておきました。

6:4りんごとアナナス

7月中旬それが功を奏したのか 上から見るとなにやら葉ではない、蕾らしいものが
見えてきました。

7:14のアナナス


7:16アナナス

8月に入ると蕾みの茎も伸びてきて何時花が咲くかな?と楽しみになっています。

8:7アナナス

ホオズキも地植えで今年は上手く育ちました。
切り花用に根元から一株切りました。長いので、丸めて撮っています。

ホオズキ1

二分割して花瓶に生けました。

ホオズキ二分割

一節に2個のホオズキが付いているところもあります。

ホオズキ2コ1

今日から立秋とのこと、まだまだこれからの猛暑予報のあるなか、暦の上では秋なんですね。
そういえば昨日赤とんぼが数匹群れて飛んでいました。

絵手紙も暑中見舞いから残暑見舞いに切り替えです。
スパッタリングで意外と短時間で枚数が描けます。

絵手紙ホオズキ縦


絵手紙ホオズキ横

追記

かりや様のコメントを頂いて今日のアナナスをアップしてみました。
アナナス類は一度開花したものは枯れるのですね。パイナップルもそうでした。
でもこの個体は何故か花を咲かせるとしか思えないのです。母の部屋では花は
頂点でなく横から花穂を伸ばして咲いていました。今回は頂点からの花穂です。
それも不思議なんです。まあどうなるかのお楽しみです、中旬以降の留守予定が
心配ですが。

8:8アナナス花穂

睡蓮木とチャイニーズハット
睡蓮木が今年は早い開花を迎えました。花期は6月~10月と書いてありますので、
1ヶ月早く咲いたことになります。
一日花なので、この一輪のあとはしばらく休んで、6月頃から日々何輪か
咲いていました。一度に最高で23輪咲かせたこともありますが、木が大きく
なりましたので、剪定をする事にしました。
通常、3回剪定して、3度のいっせいの花を見るのが、いいようです。

5月8日の初咲きです。

睡蓮木1

6/11 次々咲き始めました

睡蓮木2


睡蓮木3

毎日よく咲いています。

睡蓮木4

ポチポチ切り詰めていましたが、今日全体を剪定することにしました。
未だ蕾みもありますが、もう一度の見頃を迎えさせる為の作業です。
初めての作業なので、もくろみ通りになるかは?です。

睡蓮木5

切った枝をミニカップに入れて絵手紙にしました。

25睡蓮木絵手紙

チャイニーズハットも枝がよく伸びましたので剪定をしました。
三分の一きり戻すと書いてありますが、それ以上の剪定をしました。

チャイニーズハット1

それでも来年の事を考えると、又大きく伸びると思われるので、再度切り詰めました。
どうでしようか?来年のお楽しみです。(切り詰め過ぎると枯れる事があるのでちょっと心配です。)

チャイニーズハット剪定2

株元に生えているのは、こぼれ種からのビオラやすみれです。
花色確認するまで、このままにしておきます。

山葡萄の初なりと観音竹その後他
8月になりました。瀬戸内の故郷に行けば、いろんな自然の植物達に出会え、
絵手紙材料にも事欠きませんが、我が家でもその一部を育てたいと
山葡萄、野葡萄、カラスウリを畑や庭で育ててみる事にしました。
カラスウリはいつの間にか消えて今年は芽出しをしませんでした。
野葡萄は畑で実を付けているのを確認していました。
庭の隅に植えていて、ジャングル状になっていた山葡萄を整理していると
なんと!!立派な山葡萄が一房、もう色付いて実っていたのです。

絵手紙用にと植えたのですが、これだけ早いと季節感がずれてしまいます。
未だ花も一杯付いているので、良い時期に又実ってくれますように!!

我が家で初なりの早すぎる山葡萄、立派でしょう!!

山葡萄の初なり

ディモルホセカが又咲いています。

7:26ディモルホセカ

良い香りがしてるなと思ったら、ニオイバンマツリの三度目の花が意外とたくさん咲いていました。
花期は4月〜8月と書いてあるので、不思議ではないんでしょうが、これまでは5月に一杯の
花を咲かせ、もう一度戻り咲きがちらちら咲いていましたが、今年は更にもう一度、咲きました。

7:30ニオイバンマツリ

世話なし多肉の草花火は毎年可愛い花を咲かせてくれてます。

25草花火アップ

25草花火

観音竹の花のその後です。

終り頃に色が茶色に変わっているのに気付きました。
その花部分をアップしてみると無花果のようなものが見えました。

7:23観音竹の実

7:23観音竹の実2


7:29観音竹の実

今朝床にパラパラ何かが落ちています。観音竹の実が落果を始めたようです。
手で触るとパラパラと落ちましたので、穂を切り取ることにしました。

8:1落果を始めた観音竹


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.