ハナハマセンブリ他
昨年リンドウと書かれた小さなピンクの花を鳥取花回廊で買いました。
リンドウなら寒さに強いと思って花が終わると畑に植えておきました。

元気なら今時分花が咲いてもよいのにと思いますが、すっかり枯死して
植えた所には、何もありません。ネットで調べると、それは小町リンドウ(ケンタリウム)で
寒さにはそれほど強くないと書かれていました。
なるほどです。今冬の寒さでダメになってしまったようです。


2014:5月の小町リンドウ


そしてよく似た雑草の種を田舎から持ち帰りそこいらに蒔いておきましたら
花が咲きました。前にも名前不詳の雑草として紹介していた花です。
今日ようやく「ハナハマセンブリ」とわかりました。

ハナハマセンブリ


アオリギネ(ブルーハイビスカス)が今年も咲いてきました。ハイビスカスとはいっても寒さには比較的
強くプランター植で戸外で越冬出来ています。

ブルーハイビスカス上から


ブルーハイビスカス横から

レウイシアが又咲いてきました。初めて咲く株です。以前に咲いた株と同じ花色です。
今年はこれでレウイシアの花は終わりのようです。

最後のレウイシア2

最後のレウイシアアップ

ブルーエルフィンが一時一杯さいていましたがね今はこんな状態、意外と花期は短いのでしょうか?

ブルーエルフィン終わり?

種から育てたサンビタリア、今年は上手く大きくなりません。
2~3輪咲いているだけです。早く大株になって花たくさん咲かせて欲しいです。

サンビタリア6:30

サンダーソニアはまだまだ可愛く咲いていますよ。

6:30サンダーソニア

ハツユキカズラが半分は発色しています。発色していない半分を剪定してみましたが、
どうなるでしょう?全体が発色して欲しいのですが。

ハツユキカズラ



畑で
今日も畑にクチナシを見に行きました。他所のクチナシは乱れ咲きもう終わり
そうな所が多いのですが、まだ蕾みのままでさほどの変化がありません。

代わりに面白い物見つけました。

この花何でしょう?

落花生花

ササゲの花も咲いていました。蝶豆より一回り小さいですが、きれいな花です。

ささげ花


クチナシは変わらずなのに桔梗がこんなに咲き進んでいます。

6:28桔梗

モントブレッチェンも咲いてきてました。丈夫で良く増えるので、
増えないようにする努力が必要な花です。

27モントブレッチェン

ガクアジサイもそろそろ剪定しないといけませんね。

ガクアジサイ3


トマト先日初収穫して食しています。黄色いトマトも1個出来ました。
次々困るように採れそうなので、完熟を待たずに頂きます。でもお店のよりい美味なりですよ!!

トマト初収穫

春、秋は蕾のまま開かずに終わるバラ、この時期には開きます。
本来は蕾のままで鑑賞するバラなのでしょうか?

開かずのバラ

長く咲いているミニやミデイの胡蝶蘭達です。

ミデイ胡蝶蘭3株


畑の花は切り花に重宝いています。
アルストロメリアもノコギリソウも良く咲いています。

アルストロメリアとモントブレッツェ

ホタルブクロも種を落とすとまだ見られます。桔梗も1枝切りました。

桔梗とはホタルブクロ


最初の黄色い花は落花生の花
花の元がびょ~~~んと伸びて土の中にもぐります。そして土の中で落花生ができますよ。
びよ~~~んと伸びた子房柄も見つけました。

落花生子房柄

ドワーフバナナ、雑草、他
昨年の春ドワーフバナナを生協の宅配で購入しました。
今年はバナナ成ってくれるかなと日々観察していますが、今のところ
花芽の出る気配がありません。又来年に持ち越しになるのでしようか?

昨年の今頃

8:7ドワーフバナナ

今、径30cmの鉢で70cmの高さです。
止め葉が出ると花芽が出ると書いてありましたが、又葉がでてきました。

ドワーバナナ27

今朝もクチナシが咲いているかなと畑に行ってみますが、一向に咲く気配がありません。
まだ堅い蕾と思っていた桔梗の方が先に咲いていました。

6:25桔梗


美男葛も畑に一株植えておきましたら、もう蕾みが一杯です。

27美男葛

今年の白山吹は何故か枝の先端にだけ花を付け皆八重花です。?????

6:25白山吹

雑草がプランターに生えています。
といっても可愛い雑草なので、田舎で種採ってきたのです。

雑草プランター

左は昨年購入して枯らしてしまった、~~~~りんどうと書かれた花の近縁種でしたが、
名前をすっかり忘れてしまいました。

左雑草

右はおなじみネジバナです。あちこちから顔を出しています。
蘭ですね。

右ネジバナ

雑草は他にも松葉雲蘭とか赤花夕化粧のピンク、白など、種がこぼれてはあちこちで咲きます。
痩せ土の方が小さくなってより可愛いのですが、それがなかなかそうならないのです。


レインリリーも

27レインリリー2

27レインリリー

赤い好きな花色のランタナ。

27ランタナ

サンダーソニア、最初に咲いたものは今年も種がとれそうです。

27サンダーソニア種

遅れて咲いたものは今又可愛く咲きました。

6:26サンダーソニア

6月絵手紙
もう今年も半年経過したというのに、最近絵手紙さぼりがちです。
6月は少しは描いたかな?

ホタルブクロ 
なんだかもう梅雨もたけなわ季節はずれのようになりましたが。

27ホタルブクロ絵手紙


庭の隅で昨年は咲かず今年一輪です。

27アガパンサス

27絵手紙アガパンサス

近くの公園でコブシの実がもうこんなにふくらんでいました。

6月のコブシ

ー付録ー遅くに誕生した宝物のような孫、大ちゃん元気に育っています。
水まきも慣れた手つきです。

大ちゃん水やり



クチナシ
八重で香りの良い大振のクチナシの花。畑に植えてあって今日も見に行きましたが
まだ咲いていませんでした。
こちらに来て先ず育ててたのは、八重の小さな花のクチナシでした。
それはいつの間にか枯れてしまい、ご近所さんに枝を頂いて挿し芽した、
昔田舎の庭にもあった、咲くのを待ちわびているクチナシです。
この時と同じようでした。

27クチナシ蕾み


隣に一重の実のとれるクチナシもあります。それはもう花が終わりかけていました。


一重クチナシ


一重クチナシ2


お目当ての八重クチナシが蕾のままだったので
夫管理のトマトを。もうすぐ(といってもまだまだかな?)食べられるでしょうか?

27トマトアップ

二人なのにこんなに植えてあって、昨年もトマトソースたくさん作りましたが、
まだ消化出来ていません。今年はどう消化しましようか?

27トマト全景

ノコギリソウとアルストロメリア、宿根かすみ草を切り花用にもちかえりました。

切り花ノコ

3種とも植えっぱなしの宿根草で世話なし、丈夫で便利な花です。


サボテンも2~3あるのですが、一日花なので、丁度の時を写してやれませんでした。

まだ咲ききらない一輪目の咲き始め。

6:11サボテン

花は三輪咲いたのですが、二輪目は見れませんでした。
三輪目がもう終わりかけの時またやっとこさ撮れました。

6:19サボテン


ハイビスカスが元気になってきました。

27初登場ハイビスカス

ベコニア再登場です。株を更新したので元気です。

再びのベコニア



梅雨らしい毎日
最近梅雨らしく雨がよく降るので、水やりが楽です。

今日も雨がふったり止んだり、時折強く降ったりします。
お年寄りへの配食の日なので、空模様が気がかりでしたが、お弁当を届ける時
空き箱の回収の時は雨が止んでいて、良かったです。

畑のクチナシがそろそろ咲いているのではと気にかかり行ってみました。
まだ蕾みでした。


27クチナシ蕾み

ノコギリソウが花盛りでした。

ノコギリソウ

アルストロメリアは何故か一度全滅して又新しく頂いたのが増えて
今年はじめての花ですが、一杯咲いています。

27アルストロメリア

桔梗も蕾をもっていましたが虫にも食われています。

桔梗蕾み

毎年切り詰めますがガクアジサイも畑では大きくなります。
好きな花色です。

ガクアジサイのお気に入り

ヤマアジサイの白八重、はじめはグリーンですが、今はこんな白です。

白八重ヤマアジサイ盛り

シモツケの赤色と白色。株が近づいて源平シモツケのようです。

源平シモツケみたい

庭に戻るとこぼれ種からの黄ツリフネ草の初咲きを見つけました。


黄釣船草27初咲き

ブルーレースフラワーは咲き進んでいます。

ブルーレイスフラワー6:16


ブルーレースフラワーの今

散歩中、駐車場の痩せ土に小さな庭石菖があちこちにかわいらしく咲いています。
近くの公園の芝の中に生えているのより、より小さくてかわいいので、
小さな石鉢に植えて愛でることにしました。とても可愛らしいのです。

庭石菖

ホタルブクロも小さな丈(4cm位)で咲いています。こんなに小さく咲かせるのは私には
難しいことなのですが、花に興味のない斜隣のお宅の踏まれるの芝の中から
あちこちと首を出してさいているので、頂いてきました。
大きく豪華な花も良いですが、小さなこんな花達もとても可愛いです。

小さなホタルブクロ


アグレガダムの花色が良い黄色になりました。

アグレガダムの見頃

6月の蘭
蘭の花は長く咲いてくれますね。

5月に咲いていた花が今も咲いています。

エピデンドラム

エピデンドラムあっぷ


母の日プレゼントの鉢に入れています。5月初旬のエピデンドラム。

5:10のエピデンドラム

6/15のエピデンドラム終わりかけてはいます。

エピデンドラム6:15上から


胡蝶蘭も長いです。5月初旬の胡蝶蘭

5:10の胡蝶蘭

この胡蝶蘭は今切り花になっています。


切り花胡蝶蘭

ミデイや

ミデイ胡蝶蘭黄色

ミニの胡蝶蘭です。

6:15ミニ胡蝶蘭赤


5:15白胡蝶蘭


アグレガダムも咲いてきました。

27アグレガタムアップ

27アグレガタム全景

スミシナンディア、1.5cm位の小さな花ですが、蘭なんですね。

27スミシナンディア


パフィオの夏咲きが蕾を持ちました。咲くのは何時になるでしょう?

スパシィフィラム蕾

新しく仲間入りした花木
園芸店にではなく電気店に用事がありでかけました。ついでに
近くにある園芸店を覗いて。
見るといけませんね。
ブロ友さんの名前でもあるブルーエルフィンが店頭に並んでいるのが
まず目に止まりました。

これはご縁がありましたと早速買う事にきめました。

ブルーエルフィン横


ブレーエルフィンアップ

こんな大きさで200円超でした。この買い物はアッパレ?  × ?

ブルーエルフィン

店内をぐるぐる回っていると「キングサリ」と書かれた(黄色の藤のような花が
終わり)、藤のような種を付けている花木を見つけました。なんと99円(税抜き)です。
立派な大きさですし、寒さにも強いとのことで、来年必ず花が見られるだろうと
連れ帰りました。およそ3分の一のお値段でした。これはアッパレでしょう!!

キングサリ


サンダーソニア生育記 2
サンダーソニアの愛らしさにひかれてその球根を買ったのは平成16年(2005年)の
秋でした。
それから10年以上育て続けていますが、育て方が解ったような、でもまだまだ
失敗もあり。意外と難しいのです。でもなんとかこれからは失敗しないで済む
ように、これ迄の経験を記録しておくことにします。

サンダーソニアは加湿が嫌いのようです。蠟梅と一緒にプランターに植えていました。

ダメになりそうなのが復活したのは植えてあったプランターが、偶然割れたからのようです。
プランターが割れてなければ、このままおしまいになっていたはずです。

2008年プランターが割れたお陰で復活したサンダーソニア
(これ以前の物はブログを立ち上げていませんので、記録がありません。)



サンダーソニア3

H20年初めての種まきをしました。

紆余曲折を経て、この時蒔いた種から昨年(2014)立派な花が咲きました。
同じ鉢に2鉢、一方は家に一方は畑に置きましたら、畑のは新芽が出る度ダンゴムシに
食害されたようで、無惨な姿になりました。

昨年の元気に咲いたサンダーソニア

6:15サンダーソニア

ダンゴムシに食害された無惨な鉢

失敗サンダーソニア

ところが立派に咲いてくれた上のサンダーソニアを梅雨の間も庭に出しっ放しにし、
花が終わったら、西日のあたる西側の軒下に置いたのが、いけなかったのです。
今年さぞ又立派な花がとの期待もむなしく、球根は腐っていまい、
今年なんとか一茎は咲きそうですが、こんなに状態です。

サンダーソニア26年立派の今年

一茎に花芽をもちました。

サンダーソニア立派腐って再生27

そのうち咲いてくれますね。上から

サンダーソニア26年立派の27花芽

一方無惨だったサンダーソニアもなんとか2株は生き返りそうです。

サンダーソニアダンゴムシ害復活


2005年購入の初代サンダーソニアも10年も同じところに植えておいたままなので
(蠟梅と同居の割れたプランター)
昨年、蠟梅は大きな丸い平鉢に、サンダーソニアも鉢にうえかえました。

今年はこの初代サンダーソニアが一番良く元気に咲いています。

27サンダーソニア

サンダーソニアは切り花に出来るように多くの株を育てたいが目標なのです。

なんとか球根は一度購入で、少しずつ増えてはいます。

種が採れればその都度蒔いていました。

H23.24.25年の種まきしたものを底を抜いたプランターで畑に置いてあります。
ダンゴムシに食われたりしながら、ただ今こんな苗に育っています。

サンダーソニア底抜けプランター

なんか花芽らしい物も見つかりました。花咲くかな?

サンダーソニア畑プランター花芽?


種はこんなです。

サンダーソニア種8:17


サンダーソニアは加湿がきらい。種は採り蒔き。新芽はダンゴムシの好物。
花後は西日の当たらぬ涼しい所に鉢を置いて、球根がカラカラにならない程度に管理。
(掘り上げて百合根と同じに管理が一番良いのでしょうが)
ということですかね。これで正しければ、切り花になるほどサンダーソニアが出来ますよ!!

畑でホタルブクロが咲いていました。今年は白っぽいです。もう終わりそうです。
切り花にしました。

ホタルブクロ切り花


絵手紙ホタルブクロ27





今日の園芸作業
今日は一日ゆっくり出来るので、気になっていた園芸作業をしました。
先ずは畑の除草。
そして凍傷にあわせてしまった、花月と砂漠のバラの処置です。

砂漠のバラ根

砂漠のバラは掘り上げて見ると、根も腐って悪いところを切っていると
生き返る見込みがなさそうなのです。
凍傷のひどい親株、根回りは29cmもある立派な株だったのに残念なことです。


昨年元気な茎で挿し芽して、
親株の陰でさしたる凍傷にもなっていないらしい子株をまず新しい鉢にうつしました。

砂漠のバラ傷の裏

凍傷の親株も、なんとか挿し芽したら発根してくれるかなと思い挿し芽を試みてみました。

右の鉢は昨年親株の陰でさしたる凍傷にもならなかった挿し木苗
左は今年親株から切り離し挿し木した物。挿し木する前は切り口を充分乾燥させておきます。


挿し芽砂漠のバラ2鉢

挿し木苗は根回りがあまり肥大しません。さてこの砂漠のバラ達はどんなことになるのでしょう。


次は花月です。

友人に良く花が咲くといって枝を頂き挿し芽しました。このブログを立ち上げた時には既に咲いて
いますので、おそらく15年前に挿し芽をしてるんですね。
その時の初代の根回りは22Cmあります。

凍傷からの花月

私がいたずらして挿し木している部分は中が腐ってきています。空洞になったり、
ぶよぶよしたりです。ブロ友さんの指摘のように、ポロツともう少し下まで、
落ちるかもしれません。でもこの株はこのままにしておきます。


この親株で挿し木したNo2の花月。根回りは16cm。これも何年か前に凍傷にあわせ今はこんな状態です。

花月2

その後に又挿し木したNo3の花月。根回り13.5cm。


花月3植え替え前

無傷のこのNo3の花月を砂漠のバラの空いた鉢に植え替える事にしました。

花月3植え替えjpg

植え替え完了です。今日の作業はこれでおしまいです。

さて今咲いている花達です。


ブロ友さんから種を頂いたブルーレースフラワーが咲きはじめました。
5株育っていますが、皆おなじ花色のようです。
昔育てていて、種切れさせた花なので、嬉しいです。

ブルーレースフラワー


ヒペリカム畑にも保険で植えています。花咲くのが庭より遅れています。

畑ヒペリカム

シモツケ。

27シモツケ赤

シモツケ。昨日は蕾でしたが、今日咲きはじめました。

27シモツケ白

萩もまだ咲いてます。

27萩アップ


6月初旬の花
そろそろ梅雨入りしそうです。

何故か今年はまだヒナソウが咲いています。こんなに長く咲いているのは珍しいです。

6月のヒナソウ


最初に咲いてきたすかし百合は終わりましたが、
元気のよい赤い百合がどんどん増えて咲いています。
昨年暮れには食用として、しっかり頂いたのですが、又又こんなにあります。
食用のコオニユリの百合根は小さくなるばかりで、食べられそうにないのに、
この百合根は大きくて美味しいのです。畑で。

赤い百合畑

庭で。

赤い百合庭アップ

赤い百合庭


同じ百合科のサンダーソニアが咲きました。
昨年元気だったのは、根が傷んで今年は、花が咲くかどうか?の様子ですが、
昨年は生き絶え絶えだった初代のサンダーソニアを植え替えたら何故かこんなに元気になりました。

初代のサンダーソニア

27サンダーソニア


ヤマアジサイもまだ咲いておりますが、アナベルも咲いてきました。
アナベルは色の変化がきれいです。

アナベル1

アナベル2

アナベル3

アナベル4

27アナベル

畑ではこんなガクアジサイも咲いています。

畑萼アジサイ


昨年鳥取花回廊で購入した山野草の花鳥草も枯れずに咲いてきました。
小さな面白い形をしています。

27花鳥草


畑で沢桔梗(?)が咲いていました。

さわ桔梗か

ヒペリカムも花をつけ、赤い実になっているものもあります。

ヒペリカム27

ヒペリカム赤い実




絵手紙 6月
5月はなにかと多忙だったんですね。絵手紙を描いていませんでした。

ラッキョウ漬けを何年ぶりかで作ったので、それを題材に描いてみました。

絵手紙ラッキョウ


今年も7月の七夕灯籠祭りの灯篭絵を頼まれたので、絵手紙風な灯篭絵を
描いてみました。一昨年から頼まれ描きはじめて、3年目になりますが、
昨年は当日自分の描いた物を(2枚のうちの一つ)見つける事が出来ませんでした。
ロウソクでどんなに見えるのか確かめたくて1枚はほとんど同じ物を描きました。


灯篭絵カタツムリ


灯篭絵蛍27

見つけられなかった昨年のもの。こちらの方が好きなんですが。

灯篭絵蛍26


ラッキョウ漬け 他
ラッキョウ漬けはまだ若い頃お店でラッキョウを買い漬けてていたことがありました。
もう何年もそんな作業からは遠のき、出来た物を、時折買ってきていました。

昨年だったかな?テレビでエシャレットとラッキョウが同じ物ということを知った
夫がラッキョウを作ると、種を買いラッキョウ栽培に取り組んでいました。

ところが6月に入るまで、その収獲をしないものですから、時期をうしなったラッキョウは
(エシャレットとして食すなら、3月末から4 月に収獲とのこと)
やむなくラッキョウ漬けにすることになりました。

茎部分約10cmと根も付けて、おおよそ3Kgの収獲でした。
ゴシゴシ荒い

泥付きラッキョウ

根と茎の上部を切って、2Kg弱になりました。

洗いラッキョウ

もう一度塩洗いし、熱湯に10秒くぐらせ瓶に入れ

瓶横ラッキョウ

ラッキョウ酢を入れて冷暗所に保存です。
1ヶ月すると食べられるとのこと。早くは10日でも食べられなくはないそうです。
美味しくできているでしょうか?これは又何年か保ちますね。

ラッキョウ酢入り

これまで細々と咲いていたビオラをおしまいにしました。

27最後のビオラ


今年田舎行き前になんとか受粉をしたアケビが効果あり、私の手の届く場所で実をつけてます。
今は17個の実をつけています。最後迄これらが成長するかどうか、これ迄だいぶん自然摘果をしたようです。
大きさは4~5cmになっています。

6月アケビ

6月アケビ2


昨年初めて2個の実は付けましたが、秋までに落果した常磐柿が今年は8個の実を付けています。
次郎柿の消毒時ついでに消毒をと夫に頼みましたので、今年は色づくまで止まっててくれますか?
ここには4個の実が写っています。わかりますか?

常磐柿6:2


老爺柿は何本かあるので、どれかが実を付けてくれます。
これは畑の鉢植えです。(大きな鉢のまま埋め込んであります)

老爺t柿6:2

6月と秋にも咲いてくれる萩です。

6:2萩


八重の白ヤマアジサイが見頃になりました。

6:2白八重ヤマアジサイ


早春白い花を咲かせ、夏に萼が赤くなるサマークリスマスブッシュも
見頃のようです。

6:2サマークリスマスブッシュ


凍傷のその後
5月はことのほか忙しく、いろいろな事がありましたが、早や6月になりました。
5/29は、昨年迄よりおおきな会場に移してのハーモニカの発表会でした。
会場が埋まるだろうか等の心配もありましたが、盛況のうちに終わりほっとしています。
私自身は大事な所で失敗をして反省です。新しい月になったので又新しい気持ちで
取り組みましょう!!

今冬は格別の寒さで、軒下の物、室内に入れていた物でも
窓近くの側が凍傷になるなど、思わぬ被害がありました。
その物達の今の様子です。

なんとか持ち直して新芽を出してきてくれたものは

木立ベコニアの「火祭り」です。

凍傷からの火祭り

ジュランタ宝塚のスタンダード仕立てになっていたものですが、
立ち上がっていた木部はすっかり枯れて地際からの新芽が15cm位になっています。

凍傷からの宝塚ジュランタ

花月はなんとか小さな新芽は出してきましたが、こんな状態です。

凍傷からの花月


大切に育てていた砂漠のバラ、室内に要れ水も切り例年なら元気に越冬出来たはずなのに
窓に近い方が凍傷にあいました。挿し芽した小苗のほうが、奥側になっていたので
なんとか無事のようです。

砂漠のバラ全景27

砂漠のバラの好む季節になりましたので、→の部分から切って挿し木をしてみます。

砂漠のバラ傷正面


奥側になっていた小苗です。

砂漠のバラ傷の裏

今年は花を望めそうにありませんので、以前の砂漠のバラを添付してみました。

昨年の砂漠のバラ

砂漠のバラ8:123輪

更に以前の物

砂漠のバラ7日


地植えのサツキは
「雪中の松」

27雪中の松

「秀峰の峰」が咲いてます。

秀峰の峰アップ

秀峰の峰全景


母の日はとうに過ぎたけど、カーネーションが咲いてきました。
挿し芽から育てたものです。

カーネーション2輪27

カーネーション全景27


種から初咲きのレウイシアNO3です。

初咲きのレウイシア3

巨大だったレウイシアの2番花は普通のサイズになりました。

初咲きレウイシアと2番花2株

Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.