もってのほか、他
食用菊の「もってのほか」が咲いてきました。食用菊には勿体ないような
美しい菊です。今年初収穫。

1028食用菊

花弁をバラバラにはずし、

食用菊バラバラに

少々の酢を入れた熱湯にしんなりする位の短時間茹でて、水を切り
甘酢に浸けておいて箸休めに頂きます。効能は調べてはいないのですが、
血液サラサラになる気分がします。

食用菊仕上がり

何でしょうこの時期イチゴが採れました。これは一人分で一皿は食べてしまった後で、
ふと写真をとろうと思い立ちました。この時期にこれほど採れたのは初めてです。

10月末のイチゴ


ほうれん草も以前から収獲しています、もう大きくなっています。
丁度良い大きさのや、成長し過ぎの物は40cmもあります。


1028ほうれん草

大文字草のこぼれ種からの小苗に花が咲いてきました。

子供大文字草

9/27 種まき、10/02発芽し始めたマツムシソウはそろそろ移植しないといけない
大きさになりました。

まつむしそう1028

ストレプトカーパス、左端のは終わりそうですが、珍しく5輪咲き揃いました。

1028ストレプトカーパス

野紺菊は元の所からどんどん遠くに生えて移動していますが、遠くの方にいくほど
色が薄くなっています。
切り花にするとその違いが良くわかります。
本来の色は濃い色でした。

野紺菊ツートン


フラテルナの実
原種椿フラテルナの枝を頂いたのはH21年の2月でした。

何も知らずに椿だからと挿し木しました。どうも挿し木は難しいと後で知ったのですが、
幸いにも1枝が活着し、成長しはじめ初開花は4年後のH25年の3月でした。

そして今年まともな種が2個初めて出来ました。
今日そのうちの一個が落下しているのに気付きました。

フラテルナ種

1cm位の丸い種が一個入っていました。

フラテルナ成熟実

フラテルナ実と皮

後一個残っています。

フラテルナ青い実

6年経った今、花蕾も適当に付けていて、問題なく育っています。6号鉢で60cmの高さです。

フラテルナ27:24全景

今年早春のフラテルナ

26フラテルナ

昨年のフラテルナ(白鳩椿と言われるのも分かるような花姿です)

フラテルナ

一時元気がなくなり植え替えてみると根にコブ状の物が付いていました。
根コブ病で枯れてしまうように思い又挿し芽をしました。
一時は活着して意外と挿し木易しいのではと思ったのですが、鉢上げすると枯れてしまいました。
どうやら2年は動かしてはいけなかったようです。

フラタルナ2014の5月活着苗

今年3月又挿し木しました。今は活着して元気です。今度は2年このままにして育ててみます。

フラテルナ27:5:3挿し芽

出来た種2個も大切に蒔いてどうなるか育成してみます。

沖縄スズメウリ他
沖縄スズメウリを育て始めて4年目でしょうか?

ブロ友さんから種を頂いて蒔いた年は元気な沖縄スズメウリが
いっぱい実って、実付きの蔓を絵友さんに送ったり、種も近くの方に
あげたりました。翌年も地植えで家の周りの柵に絡ませたり、道行く人目を
惹いてました。翌年もまあまあだったように思います。

今年は何故か調子が悪いのです。地植えにした物は実が緑の時は元気で
健康そうな実なのですが、


アオイスズメウリ


赤くなるにつれて、おかしくなるのです。
病気になっているのでしょうか?種を採りたいと比較的きれいな赤い実を
採っておいてもいまはこんな状態です。

病気かな沖縄スズメウリ

これでは種には不向きですね。

今年は小さな鉢植えでこじんまり育ててみようと、一鉢鉢植えもあります。
鉢植えの実も赤くなってきました。


鉢植え沖縄スズメウリ


これなら種が採れるでしょうか?又おかしくなるのでしょうか?

鉢植え沖縄スズメウリアップ


野紺菊が咲いてきました。美しい花色です。

野紺菊3輪アップ


鉢植え美男葛も一実赤くなりました。初めて3個稔りました。

鉢植え美男葛3


今年は柿(次郎柿)の豊作で100個以上は収獲しています。
木が大きくなると困るので、かなり大きな枝もブツブツ切りながらの
収獲です。
落とした枝を松の木に引っ掛けてみました。こんなふうに木を小さくしながらの収獲です。

松にかかった柿


大輪クフェアがまだ咲いています。

10:23大輪クフェア

早速着用
母の羽織のリメイク。
パンツとベストの制作完成しました。

ことのほかステキなのです。見てやってくださいませ!!

先ずはパンツ

こんな漆糸が織り込まれたような地模様がありますがこの一枚以外は黒無地のよう写ってしまいました。

パンツ仕上がり

前に捨て布で試し縫いをしての、リバーシブルのベスト

母羽織とお召しのリバーシブルベスト

ベストとパンツのお揃いで

母羽織ベストパンツ

裏側のベストとパンツの組み合わせで。

榮お召しベストとパンツ

裏側の布は春に私のお出かけ用「ねんねこ(材質はお召し)」でジャケットを作った残り布です。
昔は子供はおんぶして、和式の「ねんねこ」を着ていたのです。
ちょうど良い残り布があって、嬉しくなり、作業がはかどりました。

お召し羽織る物とベストパンツ


今日は早速こんな組合わせで、娘と上野公園散策予定です。着心地もよさそうです。

明日のお出かけセット

追記

出かけてきました。

「ブルガリ展」をメインにいろいろ展示品を見て歩きました。
朝からの歩数は8800歩余、疲れた割りには歩数がありません。一寸移動しては立ち止まりの
繰り返しなので、カウントされないのかな?


穏やかな日和で上着は要りませんでした。

ブルガリ展で

上野公園の「カリン」こんな大きな木に沢山のカリンが鈴なりです。
こんなに実っているカリンをみたのは初めてです。見事でした。

上野公園のカリン

山椒の実
山椒の実がこの時期になると赤くなりとても美しいのです。
今年の実は又一段と奇麗なように思います。



10:18山椒

もう一度絵手紙にしようと花瓶に挿しました。
切ると明日には皆爆ぜて黒い輝くような実が飛び出します。

10:18花瓶の山椒


爆ぜないうちにと一枚だけ絵手紙描きました。

10:19絵手紙山椒

秋も深まって
日中少し動くとまだ汗ばみますが、庭の草木は秋色へと変わっています。

石鉢に植えているハゼがもう紅葉して、葉も落とし始めました。

27ハゼの紅葉

プランターのウインターコスモスの花はまだですが、畑の地植えは
咲きはじめています。

ウインターコスモス27

大文字草も花ざかりです。
手前のが「黒真珠」ですが、色が薄くなってしまいました。

10:17大文字草

畑に行って見ると白の秋明菊がパッと目に入ってきました。はなざかりです。

10:17秋明菊

お茶の花も咲いてきました。ポチポチと咲きます。小型の椿のようです。
蕊がおおくて、蕊だけ見るとマユハケオモトの花みたいです。

27お茶2輪

10:18お茶の花アップ

10:18お茶の花

多肉植物の胡蝶の舞の頂部が曲がってきました。蕾ができるのかな?

胡蝶の舞首下がる

ランタナが2種ありますが、こちらの花は放置して植え替えもせず、花も咲かずに
ただ生きているだけでしたが、今春土を入れ替えると今頃花が咲いてきました。

ランタナ2アップ

ランタナ2全景

好きな花色で毎年咲いているランタナです。今も咲いています。

9:30ランタナ2

夏は虫に食われなんとか咲いていたラバテラが秋になり又元気を取り戻しています。


10:17ラバテラアップ

10:17ラバテラ

着物リメイク準備と栗渋皮煮
今年は何故だか栗をあちこちから頂き、嬉しいような、困ったような気分でした。
栗は美味ですけど、鬼皮渋皮と除くのが難題です。
簡単いい加減栗ごはんも三度は作りました。いい加減でも結構美味ですよ!!

それでも2,3Kgもあるのですから、いい加減栗ごはんばかり食べてるわけにも
まいりません。一念発起、夫にも栗皮むきを応援してもらい、
渋皮煮と甘煮を作りました。
渋皮煮は昔、一度作り、面倒だったので、二度と作らないぞと頂いたレシピも捨てていました。
やむなく一番簡単そうなレシピをネットから取り出し、作りましたよ!!
渋皮を傷つけずに剥くのが、一番大変でした。

頂いた栗2,3Kg

頂き物栗

重曹で三度の灰汁抜きをして美味しい渋皮煮の出来上がりです。
冷凍用小袋に入れ、嫌な臭いの付かないように更に空いた牛乳パックに入れて
冷凍保存をしました。甘煮も作りました。お正月用の栗きんとんにも使えるように、こちらも
一部冷凍保存です。上手く剝けず壊れた栗は又栗ごはん行きです。かなり壊れました。

栗渋皮煮27年


田舎から、気に入った母の羽織を一枚持ち帰りました。

かつて購入していた着物リメイク本のこのリメイク品に興味があったのです。



文人見返しコート

表地
漆表地

ところがほどいてみると

漆地裏表

裏が漆の糸が織り込まれたような、こんな状態で、とても私の手におえるような物
ではありません。

漆地裏


予定変更です。
裏の処理の簡単な、パンツとリバーシブルのベストなら何とかなりそうと
まず、ベストの目鼻を付けようと、不要なスカート2枚を捨て布として、
試作することにしました。
意外とまともな物が出来ました。捨てずに着用出来そうです。
肩をはいでザッザッザとぐるっと回りを縫って裏返して出来上がりという
簡単仕立てで、これなら出来そうです。表裏の色調子が大切に思いました。
合う色の裏地がみつかったら。パンツとベストも作りましょう!!

ベスト裏前

ベスト裏後ろ

ベストコージュロイ前


10月初旬の花
秋らしい秋になってきました。庭の花達も元気を取り戻し、色鮮やかに
なっています。

今年春購入初めて育てているブルーエルフィン。花期が長いです。
いつまで咲き続けるのか?ですが、蔓性とのことで、枝が間延びしているので
花の付いている枝を切り、花瓶に指してみました。切り花でいいですね。

ブルーエルフィン切り花1

水揚げもよく五日後の今日13日もまだまだきれいな花のままです。蕾も開いてきたようです。

ブルーエルフィン切り花2

モクセイの咲いていた時期、今年は柊モクセイは咲かないのだなと思っていました。
ところが庭の草取りでもと思って庭をウロウロしていると、馴染みのある香りが漂ってきました。
モクセイとは少し違う香りです。覚えのある柊モクセイの香りです。
咲いていました。モクセイとは時期がずれていたのを忘れてしまったのかな?
それとも今年遅れたのかな?何年も庭にあるのに、記憶が曖昧になっています。

柊モクセイ27アップ

柊モクセイ27全景

夏ギクは虫に食われ、きれいに咲きませんでした。
今頃になって遅れの2輪がなんとか見れる状態で咲きました。好きな花色です。

夏ギクやようやく

スプーン咲きの菊も咲いてきました。

27スプーン咲き菊

大輪クフェアがまだ咲いてます。

大輪クフェア10:12

白ホトトギスは早く咲きましたが、ホトトギスらしいホトトギスも咲いてきました。
色は一輪一輪微妙にちがいます。この一輪が一番良い色をしていました。花開いた直後なのでしょうか?

ホトトギス紫27アップ


ホトトギス紫27初咲き

庭や畑で
朝夕は寒い位で、秋らしくなりました。

稔りの秋ですが、上手く稔った物や、そうでない物があります。

上手く実っているもの「キウイ」ただしー夫管理ー
大きな実がたくさん稔っています。

10:9のキウイアップ


10:9のキウイ


今年こそは上手く育てたいと摘芯もして、育てましたが又又上手くいきません。
今頃たくさんの花や小さな実がついていてもダメです。来年は種まきを早くにしようかな?
もう一年頑張ってみます。

綿一個

綿3個

畑の美男葛は上手く育っています。絵手紙材料なので、そんなに稔らなくてもよいのですが、
いっぱい実をつけました。

畑10:9美男葛

ツルウメモドキは木ばかり育ってあまり実が成りませんでした。

27ツルウメモドキ

観賞用のミニパイナップルの花です。
小さな実です。

10:9パイナップル花

ミニパイン全景9:14

4株購入した初恋草、夏越ししたのはこの一株だけです。
紫色他は枯死しました。

生き残り初恋草アップ

生き残りの初恋草

追記

夕方食料品の買い物に出かけた「西友」で初恋草が、お値下げ品と書かれて
売られていました。
赤系はまだ残っていましたが、紫色は一鉢だけになっていました。
枯れてしまった色なので、なにかの縁と思い買ってかえりました。

本日購入初恋草

我が家で夏越しした赤と違い、沢山の花を咲かせています。プロは違いますね。



秋明菊も盛りを過ぎそうですが、まだまだピンク色と共に楽しませてくれてはいます。

10:9秋明菊一輪

10:9秋明菊



シクラメン、ブルーエルフィン他
今日は区の昼時イベントにハーモニカのサークルで参加してきました。

全員での4重奏、3重奏の他、今回は独奏の番が回ってきていたので、
緊張でした。いやと言う程練習はしたのですが、この年になっても緊張するのです。
グリッサンドハーモニカという特殊のハーモニカを加えて、3本持っての演奏でした。
「山寺の和尚さん」なんとか無事に終わり、良かったよ!!と声をかけられ
ほっとしていところです。時には失敗することもあり、そんなと時は後味が悪いのです。
でも一度緊張すると一寸若返るかな?と思いながら、それを目的に続けています。

昨日草取りしていると、シクラメンが花芽をつけているのをみつけました。
軒下に置いて、そのまま夏越しさせた物です。
花芽が上がっているので、新しい土で植え替えてやりました。

シクラメンの芽出し2

シクラメンの芽出し1

ガーデンシクラメンは軒下ではなく、雨のかかる庭の隅に置いておきました。
3球のうち1球は空っぽで皮だけ、1球は空ではないけど、怪しげ、1球はかろうじて葉が
付いています。
シクラメンの夏越しは雨にあてないようほうがいいようですね。

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメン芽出し

ブルーエルフィンは花期の長い花です。
又咲いてきました。剪定の要領が分からず、間延びしていますが、花は美しく咲いています。

ブルーエルフィン2輪アップ

ブルーエルフィン中


ブルーエルフィン10:4縦


インパァチェンスのこぼれ種からの花、秋になり一段と色鮮やかになってます。

10月のインパァチェンス

美男葛の最後の花が咲きました。どちらも雄花でした。

最初咲き始めは雄花ばかり、途中から雌花ばかり、雌花はもうないのに最後に又雄花。
それでもなんとか今のところ3個の実が付いてます。(鉢植えの美男葛)
保険にうえている畑の美男葛も同じような花の咲き方でしたが木も大きく、
数も多いので実もたくさん付けてます。

鉢植え最後の2輪は雄花でした。

最後は雄花2輪


嬉しいことか、悲しい事か?
一度止め葉かと勘違いした葉は大きな普通の葉になり、さらに
もう1葉大きな葉が出て、止め葉は来年と思っていました。

ところが、なんとなんと昨日いつの間にか止め葉が出ているではありませんか!!
2葉です。観察を油断していたので、一枚ずつ出てきたのか、ほとんど同時にでたのか
わかりません。

小さな2枚の葉が見えてます。

バナナ止め葉

今頃止め葉(花芽がでる合図)が出ても花が咲き実がなるのだろうか?
温室があれば、大丈夫なのでしようが。
室内でしかも冬期にも長い留守をする我が家で順調に生育することはできないような。

もう一年冬越しをさせて来年に期待していた私は戸惑ってます。
一度花が咲いた木は枯れてしまいます。花が咲いて実が熟す迄半年はかかるそうです。

追記
あ~~ん笑って下さい。夫にも止め葉を見てちょうだいと頼んでました。
「見たよ!!いいかげんだな!!って」
「なんで?ちゃんと2枚出てるでしょう!!」と私。
「よく見て見なさい。これはこの葉が切れているだけだよ!!」って
う~~~んそういえば、ここにつながるんだなーって納得。
先日の大風で葉がきれたようでした。私の観察眼のなさにもあきれてしまいました。
まあそれなら止め葉は来年持ち越しで、となりそうです。

気を取り直して

大文字草が一鉢だけですが、早々と咲いてきました。

27初咲き大文字草

沖縄スズメウリがようやっと赤くなりましたが、ちょっと凸凹病気らしい気がします。

10:3沖縄スズメウリ

五色唐辛子の色が3色は揃いました。そろそろ終わりです。

10:3五色トウガラシ

ミコシグサ(ゲンノショウコ)は毎日咲いては散り、咲いては散って次々と咲いてます。

次々咲くミコシグサ


今年上手くいったアケビ、1茎に4個。これからも庭でこんなに実ることはないだろうと思い。
又又アケビの登場です。

アケビ4個

早や10月。9月末の花々等
今日は10月1日、5年に一度の国勢調査の日です。
老夫婦二人世帯の我が家は変化がなくなって久しいです。
調査項目も次第に簡素、簡単になってきたように思います。

秋になり花達は鮮やかさをましたように思います。
雑草のツユクサのブルーもより鮮やかに感じます。

何故か我が家の花瓶には夏秋が同居です。

夏秋同居


我が家の植物達は
畑に掘り残したコルチカムも

堀残したコルチカム

掘り上げて我が家に持ち帰ってプランターに乗せているコルチカムも
花盛りです。

今は盛りのコルチカム

好きな花色のランタナ、最初は中心部分が黄色みを帯びてますが、

9:30ランタナ1

咲き進むと真っ赤になります。

9:30ランタナ2

寒さで枯死寸前だったハートカズラが復活し花を持ちました。
先端が茶色の方が花でピンクッぽい緑に膨らんでいるのが、蕾です。
種は又面白い形のサヤができます。

復活ハートカズラ

復活ハートカズラサムネイルに

ハイビスカスも鮮やかです。

9:30

畑の蝶豆は日当り良くまだ盛んに大きな美しい花を咲かせています。

蝶豆畑の今

プランター植の蝶豆は片付けました。
根っこには共生しているこんな根粒菌が付いててました。

根粒菌

畑に種まきした「ペンステモン」今まだこんな状態ですが、これからどうなるのでしょうか?

ペンステモンの今


老爺柿を10年近く育ててています。雌雄異種と信じて、雄木と雌木を揃えて、
栽培してきましたが、今年「ギョギョ」と目を疑う事が起きてました。
ひこばえが混ざらないようにと、大きなプラ鉢に植えて畑にいれてある老爺柿の
雄木に実がなっているではありませんか?
雌花も咲いていたに違いありません。こんな事ってあるのかと、頼りはネットです。
時にはそんな事もあるらしいようでした。でも老爺柿は雌雄異株なんです。
こちらが1個実を付けていた雄木

老爺柿の不思議雄花の実

幾つか実を付けている雌木、落下したのもあり。(不注意に私が落としたかもです。)

老爺が木の?


夫が畑で落花生を作りました。堀立を塩茹ですると、ビールのおつまみにとても美味です。
今年は量がありますので、乾燥もさせ、レンジで煎ってもみるつもりです。

落花生

落花生アップ
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.