なかなか上手くいかないです。
例年の行事で又しばらく留守の時期が近づきました。
今年は帰省の時期が遅くなったのと季節が早く進んでいる事で
ちょっと嬉しいことがあったり、不都合な事が出てきたりと。
長期の留守はガーデニング大好きの私には一寸つらいです。でも後一年の
辛抱ですかね。母の7回忌が終わると、田舎行きは止めることにしています。

さてそんな嬉しい事の一つは鉢のまま地植えにしてあるイカリ草の花が見られた
事です。一体何時花は咲くのだろうと最近花を見た事はなかったのです。
白花はまだ蕾ですが、赤花が咲いています。小さな可愛い花です。

イカリ草赤花アップ

イカリ草赤花

白花はまだ蕾です。

イカリ草白蕾み

赤白と鉢植で地面に埋めっぱなしです。
左白花  右が赤花

イカリ草白赤

不都合な事。帰宅後かな、昨年はなんとか畑のアケビの花粉を家のアケビに付けてやれたので、
実が付きましたが、今年は雄花がまだ咲きません。

畑のアケビの花。

アケビ畑花

家のアケビの花

家のアケビ

どちらも雄花の方が遅いようです。今年は実が付きますかね?


チューリップは何故か黄色ばかりに変身します。
色が変わるのか、黄色以外は育たないのか。赤やツートン、紫やピンクもあったのですが
今残って咲いているのは

庭には赤らしいのが一株

家のチューリップ

畑はみんな黄色です。

昔ながらのチューリップ

最近のチューリップは既に咲き終わったテーターテート一輪

早咲きチューリップ上から

原種系チューリップ一輪と蕾がみえてます。
丈が2cmもなく土をかぶっています。

畑原種チューリップ

これはどんな花だったかな?赤色のようです。植えっぱなしにしているとこんな状態です。

最近の残りチューリップ

植えっぱなしで元気なのはチオノドクサ。

チオノドクサ28

ラッパズイセンの白も咲きました。水仙も植えっぱなしです。

木瓜とラッパズイセン白黄


寒ぼけも淡い色で又咲いてきました。

3月寒木瓜

球根を捨てたオキザリス。裏の通路で蔓延っています。黄色い大きな花で
意外とこれもいいな!!って思っています。世話要らずの花ですね。

裏のオキザリス

花カイドウは見頃になってます。友人に絵手紙でこれからの留守を知らせます。

絵手紙花カイドウ

花カイドウや丁字サクラ
今年はサクラの開花も早いようです。横浜の染井吉野の開花宣言もありました
が、我が家の富士桜(鉢植え)はまだ硬い蕾です。里行きまでに花が見られたら
嬉しいのですが、ちょっと心配です。サクラの代わりに花カイドウが
咲いてきています。花カイドウも開き始めが綺麗です。


花カイドウアップ28

花カイドウ全景28


サクラと名のつく丁字桜も咲いてきました。

丁字桜28

サマークリスマスブッシュも白い花が咲き始めました。
小さな白い花の後で赤い萼が花のようにみえるのは6月頃になります。

サマークリスマスブッシュ全景28

サマークリスマスブッシュアップ1

サマークリスマスブッシュアップ2


「黒にがな」と言う花なんですが白いデージーのようです。

黒にがな

ここら辺に自生している小スミレです。クフャアのプランターに種が飛んだのか
可愛らしく咲いています。小さなスミレです。

小スミレ

20年以上は我が家にあるベコニアも花が咲き始めました。

ベゴニアアップ28

ブーゲンビリアもそれらしく華やかになってきました。。

28ブーゲンビリアアップ



レウイシア初咲き他
ヤッター!! 今日(22日)レウイシアが咲きました。今までで一番早い開花ではないでしょうか?

私にしては上出来です。花茎も8個あります。種蒔きをして一番の出来栄えです。

レウイシアアップ3:22


レウイシア初咲き3:22

もう一株にも蕾が見えてます。どちらも無加温のサンルームに入れてありました。

レウイシアNO2

一昨年購入の寒さに強い、コロニラ・バレンティノはずっと戸外にありましたが、
黄色い花を咲かせてきました。

コロニナ・バレンティノ

コロニラ・バレンティノ3:22全景


イベリスもたくさんの蕾を持って咲き始めています。

スミ白3:22


ビオラは全盛期を迎えています。

ビオラ3:22

黄色ビオラ3:22

葉に切れ込みのある平塚スミレのような白色のスミレが可愛く咲きました。
あちこちにどんどん増えて咲いています。

イベリス3:22


比較的寒さに弱い一重のマーガレット(コスモスと間違えられる)も咲き始めています。無加温サンルーム入りでした。
今は戸外に出してあります。

マーガレット3:22




庭や畑で
暖かくなり花達が次々と蕾を持ったり咲いたりしています。
うっかりすると気づかぬうちに花が終わるものもありそうです。

畑ではイエイオンが咲いています。

イエイオン3:20

イエイオン3:20アップ

畑のムスカリは同じ種類なのに、葉が間延びしていません。

畑ムスカリ21

木瓜黒光司も見頃です。

木瓜黒光司28

家廻りにもある赤いボケ、畑にもあります。

木瓜縦畑

ラッパ水仙も咲きました。

3:16ラッパ水仙

同じ所に植えてあるのですが、ラッパ水仙白のほうが、開花は遅いようです。

3:16ラッパ水仙白


庭では日向ミズキが咲き始めました。

28日向ミズキ

何年か前5球買ったチューリップは一球だけ元気に残ったらしく
花一輪咲きました。丈は15cm位の小さなチューリップです。
他のチューリップはようやく蕾を持ったくらいなので、早咲き種ですね。

チュウリップ横から

早咲きチューリップ上から

このチューリップはテーターテートと言うらしく、以前の画像を挿入してみました。

チューリップテーターテートアップ


我が家で一番遅い開花のクリスマスローズ・白シングル、根が板根化して弱ってようで
昨年株分けしてなんとか生き延びそうな気配です。


しんがりクリスマスローズ白

南紀は暖かいのかな?
日曜日早朝から南紀に行ってきました。こちらとはかなり暖かいようです。

バスの車窓からは山桜があちこちで咲いていて春本番の様相です。

山桜

熊野古道入り口の大門坂ではレンゲが田んぼ一面に花を咲かせています。

大門坂のレンゲ

我が家のレンゲはまだこんな状態で蕾もありません。

我が家のレンゲ


土産物店の隅に、セッコクが売られていました。
「太閤」と書かれています。セッコクはピンク花と斑入り葉の白花がありますが、
どちらも名前不詳なので、「太閤」殿を連れ帰ることにしました。

セッコク太閤

花芽と思える物もあります。咲いてくれると嬉しいのですが。

セッコク太閤花芽か?

我が家で、初めて育てているダイソーのアンスリュームがまだ咲いてます。
何と2ヶ月も咲き続けていることになります。まだ咲き続けそうです。
こんなに花が長いとは苞だからですね。パフィオ並みの花保ちの良さのようです。
大切に育てましょう!!

1/16日

アンスリュームとシクラメン

今日3/16日

3:16のアンスリューム


庭では接ぎ木で楽しんでいる乙女椿と卜半が咲き分けています。

乙女椿と卜半縦


乙女椿卜半横

木瓜も白八重、赤と咲いています。白八重の今年の花は大きいです。

木瓜紅白

メジロが卜半の蜜を吸いに来ていました。蜜柑をやるとすぐに蜜柑を食べに来ました。

何時までメジロはこの辺りにいるのでしようか?

3:16メジロ




雪割草
クリスマスローズと同じ時期に咲く、同じキンポウゲ科の雪割草
小さな花で場所もとりません、上を向いて咲きますが、クリスマスローズより
育て難いです。

我が家に今あるのは、地植えになっている初代のこの花
今年は見頃を逃したので、昨年の花です。

親雪割草27

と赤い花

雪割草2:26

最後に花開いてきた白系の花

雪割草白系

の3種がなんとか生き延びて咲いてくれてます。


近くに小苗が一つ生えています。育つかどうか分かりませんが、これで1年は経過した苗なんです。

雪割草白系小苗

紫の親からは小苗が2株昨年咲いたけど今年は花咲きませんでした。発芽して8年は経ってます。

紫雪割草の中苗


一昨年赤系の花の種を廻りにまいていましたら双葉が幾つか出て今、4この小苗が生きてます。

雪割草と4小苗

1の小苗のアップです。

雪割草赤系小苗1の苗

ヒナソウがいつの間にか咲いていました。

ヒナソウ28

ムスカリもいつの間にか花咲かせています。
プランターに2列に植えてありますが、軒に近い方は花が咲いているのに、
外側の方は根元に蕾が見えていますが、まだまだ咲きそうにはありません。
ほんの一寸の違いが大きな違いになっています。

ムスカリ28

イオノプシジュームのこぼれ種からの花です。

23イオノプシジューム

絵手紙と続クリスマスローズ
しばらくぶりの絵手紙です。だんだん描く回数が減っています。
コーヒークリームを使って3枚の春の字を描いていました。
(コーヒークリームで字を書き、乾かしてパステルの粉をふりかけ
摺り込んでおいたもの)

土筆はまだまだと思っていましたが、散歩中に何とこんなに伸びた土筆が
にょきにょきと出て、スギナまで出ています。今年の春は早いようです。
カメラを持っていなかったので、摘んで帰りました。

摘んだ土筆

そして絵手紙材になってもらいました。

絵手紙つくし3:6

今年購入したプリムラや。

絵手紙プリムラアクエイリアス

畑に行って花が開いてきた蕗の薹も描いて 春 3枚消化しました。

蕗絵手紙3:5

地植えだったクリスマスローズ、ブラック・セミダブルを鉢上げしました。
鉢植えにすると下からも充分見ることが出来ます。

鉢上げクリスマスローズブラック

杉山交配ピンクフラッシュも鉢上げに。
正面からと、

ピンクフラッシュクリスマスローズ正面

上から。ピンクの色がとても綺麗で、同時に買ったピンクダブルより、お気に入りの物になりそうです。

クリスマスローズピンクフラッシュ上から

小さな小粒ちゃん。一番花はそのままで成長が止まっているようです。
2番花が少し開いてきました。黄色のダブルのようです。
来年は花も少し大きくなり普通サイズになるのではと思えます。
黄色は古株が消えそうですし、貴重な一株となりそうです。

クリスマスローズ?


クリスマスローズ?さん

クリスマスローズ・レッド これは確かにレッドですね。

クリスマスローズレッド

園芸作業とクリスマスローズ
昨日は好天、今日はくもってはいますが穏やかな暖かい日になっています。
戸外での園芸作業にピッタリの季節です。

鳥が落としたまま長年鉢に植えて、畑に埋めていた常磐柿を鉢上げすることにしました。

一作年は2個なり、昨年は途中まで8個位は実っていましたが色づく迄に全部
落果してしまいました。プラの鉢も割れて、根がどれがどれだか分からなく絡まりあい
鉢底からは太い根が出て、鉢からはずすのに一苦労でした。

実なりのある雌木を一本(大)、雄木(低い)と分かっている木を一本残し、他は処分。
なんとか自力で鉢上げ完了です。根をブフブス切ったので、今年の稔りはどうでしょうか?

常磐柿の鉢上げ

庭の隅に植えていた山葡萄も管理が難しいので鉢上げしました。
これも又大変。なんとか自力で鉢上げ完了。

山葡萄の鉢上げ

山葡萄を鉢上げした鉢には長年放置の竹が植っていました。この竹を除くのが
又一苦労でした。少しずつ根を切り、ようやっと竹を除きました。
長年の放置にもめげずに生きのびていた少々の竹は浅鉢に植えておきました。

竹を浅鉢に

畑のイベリスも鉢上げ。

イベリス鉢上げ

畑の隅に捨てていた球根から花が咲いていたヒヤシンスも鉢に植えてやりました。
こうして身近に置くとかわいいです。三人の子供達の教材でそれぞれが持ち帰った同じ紫色の
ヒヤシンス、増えるばかりです。捨てては拾い捨てては拾いです。

ヒヤシンスも鉢に


夫は紅、白、緑萼の梅に更にしだれ梅の穂木をピンク、白と接ぎ木をしています。
こうして遊ぶのが楽しいようです。
紅、白、緑萼の梅は二人で競って接ぎ木しました。どちらが接いだのも付きました。
今回は一人接ぎ木したようです。

しだれ梅の接ぎ木

さて、クリスマスローズは

初代のオリエンタルクリスマスローズは親株は板根化して枯死してしまい。自然落果の
子供達が地植えで咲いています。茎が意外と長いので、切り花になります。

クリスマスローズ初代の実生

2011実生組のブラックセミダブルは地植えにして元気です。

ブラックセミダブル11年組全景


ブラックセミダブルアップ

2011年組の初咲き。ブラックより花が大振りです。花色も少し薄いかな?シングルのようです。

初咲き11年組

2011年組の変わり者。花が小さくて大きくならない。何時咲くのでしょう?

大きめな我が家の花と比べてみました。

クリスマスローズ大きさ比べ

1cm×1cm位の大きさです。2番花はも少し大きくなりそうです。

小粒クリスマスローズ3:6

比較に使ったのはタグとは違う色の咲いたクリスマスローズです。

タグとは違うクリスマスローズ

今年初咲き杉山交配のピンクフラッシュ。
ピンクフラッシュがどんな花なのか?ですが、私の好きな花色です。
縁取りが優しいピンク色のステキな花になりそうです。

ピンクフラッシュ開花か

ピンクフラッシュアップ

レッドと書いてあつたクリスマスローズ

レッドクリスマスローズ夫買う

レッドクリスマスローズ28

あと一種初め頃の白シングルがまだ蕾です。

糸ピコダブルが昨年はこんなに見事に咲いていたんだなと、この時期をすぎると板根化して
花の咲きが少なくなったり、枯れたりします。黄色は行き絶え絶え、白がやっと一輪これからの
開花のようです。
糸ピコダブルは経験をいかして昨年秋に株分けをしました。

クリスマスローズ糸ピコ全景最後

クリスマスローズ水に浮かせて2


ブーゲンビリア他
今日は雛祭りの日でした。毎年この日に近くのグループホームに
ハーモニカボランティアに出かけています。女性の方の割合が多いので、
雛祭りの歌から始まって、青い山脈、水戸黄門の歌 等等、高齢の方に
馴染みのある曲を大きな声で歌って頂きました。
今回は木曜日で週1の配食ボランティアとも重なって、忙しい日となりましたが、
元気で今日の用をこなせる事に幸せを感じた日でもありました。

室内に取り込んでいるブーゲンビリアが小さな、おかしな花を咲かせてきたな、
奇形かな等と思っていました。ところが、ブーゲンビリアはこんな小さな花粒がだんだんと
大きくなりあの紙のような大きな花びらになるんです。
我が家で前にも咲いた事はあるのですが、田舎から帰るとすでに咲いていて、こんな小さな
花粒が成長する事を知りませんでした。

28ブーゲンビリア全景

丸く囲んだ部分を撮りました

28ブーゲンビリア中景

数字の部分を撮ってます。開花順は逆になりました。

28ブーゲンビリア3

28ブーゲンビリア2

28ブーゲンビリア1

花びらに見える所は苞で、花は黄色い勲章のような部分です。(昨年の花)

2:5ブーゲンビリアアップ

満作の今です。見頃になりました。プランター植です。

3:1満作縦

3:1満作横

3/1の早朝、北側の日の当たらない鉢の隅に、こんな雪の名残を見つけました。

3:1氷

友人がアイスプランツを持参してきて皆で少しずつ賞味してみました。
駄目元大好きな私は芯の部分を残して一寸挿し芽してみようかと、持ち帰りました。
が、4日も忘れてバッグの中で過ごさせてしまいました。ビニール袋に入れていたので、
寒い時期でもあり、あまり萎んでもいないので、バーミキュライトに挿してみました。
さてどうなるでしょうか?

アイスプランツ
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.