和服リメイク 2
心待ちにしていたショルダーバッグが出来てきましたので、引き続きリメイク品の
記録をしてみました。

キュロツトパンツとお揃いのショルダーバッグ

母大島とポシェット

こんな柄です。

大島の柄


裏付きの冬用長ズボンも作れてますので、ショルダーバッグは重宝すると思います。

母大島ズボン2点

以前紹介済みの村山大島のキュロットとショルダーバッグです。
娘と三渓園に行った時、お茶を頂いたのですが、お手前をされてた和服の同年輩の御婦人に
ステキですね。お作りになったのですか?とお褒めの言葉を頂き、気を良くしていたのです。
それで2匹目のどじょうをねらってみました。

ショルダーとキュロット

バックをお願いする友人は工業用ミシンをお持ちで、私のポンコツミシンと違って
厚地の物も綺麗に仕上げてもらえます。
以前にはこんな手提げも私の半幅帯から作って頂いています。
物がたくさん入って便利な手提げです。

半幅手提げ

夏物の母の帯でもこんなショルダーバッグも作ってもらいました。
柄がステキでしょう!!

夏帯のポシェット

ついでに以前作っていた黒のズボン2点も。

黒ズボン2

キュロットは絽喪服から(裏も同じ布で)、1着だけ出来ました。
紋が入っているので、ようやっとの一着でした。

絽柄

長パンツは花菱の地模様が入った、とろんとした生地で、ハーモニカの舞台用に。

花菱柄

白絹病
昨年畑に白絹病が発生して、アルストロニュームやヒオウギ等に害が出ました。
白絹病は表土5cmのところ迄でしか生きられないので土を天地返しすれば良いとのことですが
植っている植物達があるので、天地返しも充分には出来ず、冬には陰を潜めていましたが
又この暑さで生き延びていた白絹病が暴れ出したようです。
夏の留守に向けて鉢物を畑に植えておこうと、鉢を抱えて畑に行くとなんと植えようと
思うところに白絹病が生きています。

プランターの底を抜き植えていて、昨年は害のなかったサンダーソニアの中にも
菌が来ています。来年は咲くようになり、切り花に出来ると大切に思っていたの
ですが、行って見ると何か様子が違います。

白絹病に囲まれ球根は溶けています。

白絹病に侵されたサンダーソニア

未だ球根は溶けていないけど、葉がないサンダーソニア

葉サンダーソニア

病菌から比較的遠くにあり病菌にまだ侵されていないように思えるサンダーソニア。

鉢中サンダーソニア

鉢中サンダーソニア全景

病菌に侵されている物は周囲の土もろともゴミにだし。
球根はまだしっかりしている物はイソジンの4倍液に浸して、程度に応じて
2カ所に分けて鉢やプランターに植えてみました。種から折角ここ迄球根が育ち
来年は開花と楽しみにしていましたが、どうなりますか。



5年位前だったでしょうか、友人と沖縄に行った時貰って帰った台湾デンギョ(?)
沖縄では黄色い実が一杯に付き、どこにても垣根等にしてありました。
友人の分と2鉢育てていましたが、今年も未だ花も咲きません。
ネットで調べるとジュランタの仲間のようで、葉先に花が咲き実がなるとのことなので、
今年は剪定もせずに待っていましたが、花の咲く気配はありません。
葉は黄色でそれだけでも観葉植物と思えばよいのでしょうか。
喜ばせようと思っていた友人も既に亡くなり、一株だけにしました。

28タイワンデンギョ

このブログと同時に発芽した五葉松はこんなに成長しました。
鉢のまま埋め込んでありますので、根が外に出て水やりする事もなく育っています。
今年何故か少し色が悪いです。病気になっていなければよいのですが。

287月の五葉松


発芽した初期の五葉松と記録のある順に。

2007年5月に見つけた五葉松。この2芽のどちらかが今日まだ健在です。

五葉松の発芽赤丸付き

21b五葉松

22五葉松


2011:5:3五葉松

25五葉松

お気に入りのコマツナギを又又アップ。根粒バクテリアも寄生して土も改良してくれるそうです。

お気に入りコマツナギ

和服リメイク
祖母の、母の、自分のと、最近は不要になった和服がたくさんあります。
それらをボチボチとリメイクをして消化しています。

なんとしよう?と良い考えの浮かばなかった、私の若い頃の絵羽織を
なんとか攻略いたしました。

30代の頃の私です。長男、長女の七五三参りの時のもの、
こんな柄のピンク色の華やかな絵羽織です。

七五三宮参り

一度はこの模様だけを使って何年か前に、こんなチューニックブラウスを作った事もありました。


9:24リメイクNO2


その残りが(残りの方が多いです)あるのですが、派手なので使いにくいのです。
頑張りました。綺麗な色を着ると若くなったようで嬉しくなります。


絵羽織リメイク前

後ろ
絵羽織リメイク後ろ


絵羽織リメイク着用


一度も着ていない、まだしつけのかかった羽織もほどき、リメイクしました。

羽織は襟部分に充分な布がありますので、2点も出来ました。小さな総柄なので、
使いやすいです。お金をかけない、時間もかけない。朝ドラの直線断ちのような
エプロンドレスと

エプロンドレス

夏の簡単ブラウスです。

簡単服

意外と地味でした。上のブラウスは早速に着ています。
春先に母の大島からミディ(裏なし)とロング(裏付き)のパンツ2点も作り既に着用しているのですが、
お揃いのポシェットを友人に頼んでいて、それが出来るのを待っています。
それが出来ると一緒に紹介しようと思っています。随分がんばりました。

何年か前に作った祖母の絽からのアンサンブルも記録しておくことにしました。

祖母絽からアンサンブル


祖母絽アンサンブル着用




涼しい毎日です。
未だ梅雨は明けせず、雨が2日続き、今日は曇り空、涼しい日が続いています。
花達もほっとしているのか、雨の中良く咲いています。

今年初めて種まきした、花茄子(赤茄子、平茄子、飾り茄子とかいろいろな呼び名があるよう
です)がいま黄色い実をつけています。そのうち赤くなります。


飾り茄子

チャイニーズハットも大きくなり咲いてきました。


28チャイニーズハットアップ

チャイニーズハット2輪

28チャイニーズハット全景

スパァスィフィラムも2度目の花です。
ちいさな株でしたが、大きくなってしまいました。小さくそだてるにはどうすればいいのかな?
と思っています。花は6個あるのですが、3個は苞がなく変わりものです。

スパァシィフィルム3輪


変わりスパァシィフィラム

睡蓮木もたくさんの花をつけました。一日花なのです。

28睡蓮木3輪

28睡蓮木全景


小さな鉢仕立ての蝶豆も、たくさんの花です。

28蝶豆全景

プランターのシモツケが今年は初めての花です。遅れていますね。

7:23白シモツケ

クフェアも咲いています。

クフェアアップ28


クフェア28全景


八重の小さなベコニア・タブレットだったかな?も元気いっぱいです。

ベコニア28全景

暑さと蒸れの嫌いなレウイシアはごらんの通りです。回復は難しいですね。
いくつか元気なのもありますが、レウイシアの種蒔きは終わりにしようかな?と迷っています。

レウイシアの現状

コマツナギは花期も長いようです。

今日のコマツナギ

こぼれ種からのインパチェンス、だんだん少なくなりました。

インパァチェン素

寒波にあわせ息絶え絶えだったハートカズラも元気になりました。

28ハートかずら






100均で利殖? 他
毎日蒸し暑い日が続いています。こちらはまだ梅雨が明けません。

私の100均で利殖のお話を!!

伊豆旅行で面白い木と「多幸の木」と書かれたガジュマルを最初に購入したのは
何時の事だったかと思います。500円でした。
大きな鉢の立派な物は3000円以上していて、とても買えません。
大切に育てて、ある程度大きくなった時、昼間外に出していて寒波の夜に取り入れを忘れ
一夜の油断で枯らしてしまったのです。一昨年は花月を枯らしましたね。

田舎に行った時たまたま寄ったダイソーで小さいのですが、ガジュマルが100円で
売られていました。100円につられ、小さいので荷物にもならず、こちらまで連れ帰ったのです。
その頃のガジュマル。レウイシアの後ろに見えてます。

5:3レウイシア


そのガジュマルが今は26×20cmの平鉢に植えられた堂々としたガジュマルになりました。
伊豆で買えなかったガジュマルの風格です。名札は最初の土産に付いていたものです。
「多幸の木」なんか名前にも惹かれた当時の事を思い出します。冬には出し入れしない方が
安全ですね。

28ガジュマル


ダイソーの100均ではエアープランツを時々買っています。
大きく育ったものもあります。

備前焼のエアープランツ

小鉢のやアープランツ


それぞれがかなり成長しています。

流木のエアープランツ

最近購入さほど大きくなっていません。

溶岩のエアープランツ

大きさ比較です。

他のエアープランツ集合

つり鉢のエアープランツもあります。

エアープランツ集合吊り鉢


花が咲くようになったのはストリクタとイオナンタですが、何年か枯れずに育つと花が見られるかな?
と楽しみにしています。水やりが楽なのです(留守中)というより水やりをしなくても生きています。

300円のアンスリュームは2度目の花が咲いてきました。

二度咲きアンスリューム


ラバテラが息も絶え絶え一輪咲きました。夏越しすると秋には元気を取り戻すのですが。

7月のラバテラ一輪

草花火は暑い夏が大好きです。

草花火7:20

ヒオウギも見頃になりました。

ヒオウギ見頃

夏の好きな沖縄スズメウリは縞縞がはっきりして少々白っぽくなってきたようです。
赤くなるのはまだまだです。

沖縄スズメウリ7:20

昨年フラテルナ(原種系白鳩椿)の種が2個とれました。
ダメもとで蒔いていましたら、発芽してきました。
花が咲く迄に育てられるでしょうか?

フラテルナの発芽


孫とじいじ 他
昨日は三連休の中日でした。私達はサンデー毎日なのですが、若い世帯には貴重な休みです。
畑で夏野菜が採れているから、大ちゃん(2才半の孫)連れて遊びに来ない!!と声かけておきましたら、
17日なら大丈夫と昨日、車にストライダー(ペダルのない自転車のような物)を乗せて来てくれました。
近くには自然公園があるので、子供を遊ばせるには良い場所です。
じいじの所にスイスイと走って行きます。パパは少し減量しないといけませんね。

近くの自然公園で

そしてすぐ傍にある畑に夏野菜の収獲に。
ブルーベリーの大好きだという孫ですが、最近の観光農園のブルーベリーは
甘いらしいとのこと。我が家のブルーベリーはジャムにする方が多いので、昔ながらの
ブルーベリーです。酸っぱいと言って食べてくれないのではと心配していましたが、
美味しい美味しいと言ってペロリと食べてくれます。じいじは嬉しそうでした。

ここを取ったらいいよと教えてもらいながら収獲しています。鳥よけのネットがあるので、
収獲は一寸難しそうです。

ブルーベリー狩り


大ちゃんと人参


トマトや人参、ピーマン等も収獲しました。
トマト、茄子、キゥリ、カボチャ、牛蒡等も持たせて祖父ちゃんには良い一日となったようです。

孫は今日(18日)もブルーベリー狩りとのこと。同じ頃産まれた4家族で観光農園を予約してあるのでしょう。
今頃は整備された農園で伸び伸びとブルーベリー狩りを楽しめていることでしょう。

翌日(18日)畑のトマトは又赤くなったのが多数みえます。キュウリも茄子も毎日とれますね。


今日のトマト


ヒオウギも咲き始めていました(畑)。昨年白絹病に侵されかけていたので気配りを忘れ
ないようにしないといけません。

28ヒオウギ

28ヒオウギ黄色


クチナシ(畑)も2輪目が咲いていました。虫に少し食われていますが、良い香りを
漂わせています。切り花にして持ち帰りました。

クチナシ2輪目

鉢のジュズサンゴは下の方に可愛い赤い実がありました。

鉢のジュズサンゴの実

庭の地植えのジュズサンゴにも赤い実です。

庭植ジュズサンゴの実

一昨年かな?挿し芽した玉紫陽花が育っています(畑)。葉がこんなに大きくなっています。
来年には咲いてくれるでしようか?

挿し芽した玉紫陽花

庭の十二単は次々とまだ咲き続けていて今でも見頃です。

十二単の今


道端の花
先月岡山に滞在していた時、道端のあちこちで可愛い小花が咲いているのに
気づいていました。こちらに帰る時、アザミと後2株、可愛い花の咲いている
株をこちらに持ち帰りました。根が充分採れていないので、しばらく大切に
養生していましたら、元気になって一株は花を咲かせてきました。


ネット検索でコマツナギと分かりました。

日当りの良い原野や道端にはえているようで、上向きの小さなこの花房も(この画像)2cm強です。可愛い花です。

コマツナギアップ


コマツナギ中

コマツナギ全景


同じように黄色の鮮やかな豆科らしい花は種は出来ましたが、花の時期は終わったようで
花は咲きません。
今の種の出来ている様子。

ミヤコグサ

ネット検索。この花です。当時はこのような雰囲気で咲いていたのです。

ネットからミヤコ草

なので、ミヤコグサとわかりました。名前が良いですね。


暮れに室内に取り込んだ際、ひょいと挿し芽していたジュズサンゴは
丈もほどほどで花もつけてきました。程よい大きさで、鑑賞できそうです。

ジュズサンゴ全景7:16


小さな花も意外と可愛いです。

ジュズサンゴ花アップ7:16

ジュズサンゴ花2茎


ニオイバンマツリが先頃からチラチラと戻り咲きをしています。

戻り咲きニオイバンマツリ7:16

畑の隅の秋海棠は世話なしで、目立たぬ所に咲いているので、一茎切り花にしてみました。

秋海棠の一輪

街の雀 他色々
朝目覚めてすぐに、見るともなく窓から外を見ると大きなカラスが窓のすぐ下の屋根で
なにやら飲み込んでいるところでした。足も見えて羽化したばかりの小鳥の雛か
カエルかな?という感じのものでした。
何を食べてるのだろうとしばらくカラスを眺めていましたら。幼い雀の鳴き声がしてきました。
羽化したばかりではない雀で、羽もちゃんと生えて電線をチョコチョコと短い距離とんで、
チュンではなく未熟な鳴き声をしていました。そして電柱に付いている穴の空いた部分に入っていきました。
こんな所に雀が巣を作っているんです。へ~~~と驚いて安価なコンデジでは無理とは思いなが
ら撮ってみました。

電線に止まっている雛と思える未熟な鳴き声の雀
左上の長四角の穴に巣を作っています。

雛と思える雀

親か雛が分かりませんが、空いた穴から顔を出している雀

雀1

親鳥ですね。

雀2

親鳥は2羽。夫婦ですね。小雀はかなり成長しているので、カラスが食べていた何かは
この家族の雛ではないとおもいました。小鳥の世界もなにかと大変のようです。

雀3


さて止め葉かと喜んでいたバナナには又又ダマされてしまいました。
ダマされる私が悪いのですが、う~~~ん待ちきれません!!
大きな葉に成長しました。ガッカリです。


又又違った止め葉


蝶豆が今年も美しい花色で咲いてきました。

28初咲き蝶豆

小さな鉢植で育てています。
畑と、綿を植えて発芽しなかつたプランターにも今日苗を移植してみました。

28蝶豆鉢全景

田舎から持ち帰った山葡萄を庭に植えていましたら、蔓が伸びて手におえなくなったので
春大きな鉢に植え替えました。手の届く範囲で蔓の始末がし易くなりました。
株元に昨年は種蒔きしなかったフウセンカズラを遅くなって蒔いてみましたら、古い種なのに
発芽して花も咲いてきました。

フウセンカズラと山葡萄

山葡萄の蕾(上)と実になりかけ(下)の物

山葡萄の実鉢植え

下にあるフウセンカズラの花、小さい花です。

28フウセンカズラの花

これも田舎から運んだムベの苗、根付くの無理かな?と思いましたが、新芽を出してきて
観葉植物みたいで気にいってます。ムベが実るのは何時になる事やらですが。

ムベの苗

畑では八重の山吹と白の山吹(山吹ではないらしいですが)が咲いていたので
切り花にしました。

山吹の黄色白

7月絵手紙
先月下旬には岡山の末息子の葡萄農園の手伝いに行ってました。
その行き帰りの道端にはちいさな野の花が可愛らしく咲いていました。
好きなアザミもあちこちに咲いています。手折って花瓶に飾ってもいましたが
横浜まで、根を堀上げ一株持ち帰りました。
後2種、萩のような小さな花と、同じような豆科の花だと思える黄色い花の咲く
一株、計3株を小さなポリポットに植えて持ち帰りました。
アザミは傷みが少なくこちらで花を咲かせてくれてます。
後2種は根が上手く採れなかったので、霧吹きをしたりして元気になるように
養生しているところです。なんとか根付いてくれたように見受けられますが花が咲く迄には間がありそうです。
名前もわからないので、花が咲いたら紹介します。

咲いてくれたアザミです。トゲもほどほどで花は優しいし咲き方です。

岡山のアザミ


鉢植えアザミ


こちらでも切り花に出来る程に増やしたいです。
絵手紙。

アザミ絵手紙


コオニユリがいつの間にか咲いて終わりそうでしたので。

DSCN0213.jpg


28コオニユリ絵手紙


瀬戸内の田舎の蜜柑畑ではこの洋種ヤマゴボウが巨大に育って夫は除草に苦労しています。
でもこの実は緑色から濃い紫に変わって、絵手紙材には嬉しい物です。
これも一株持ち帰っています。小さく剪定しています。

庭の洋種ヤマゴボウ

洋種ヤマゴボウ絵手紙28

畑でビックリ
八重の「山吹」地下茎でどんどん蔓延ります。今日は小さく剪定しようと
畑にいきました。

やや、こんな所にこんな物が
近くに夫が落ち葉を集めて堆肥を作っています。そこになは無数のカブトムシの幼虫が
いるのは知っていたのですが、カブトムシに出会ったのは初めてです。
羽化の時羽が上手く畳めなかったのか、虫が付いているので、取ってやろうとすると
それはよじれた羽でした。上の硬い羽も折れています。体は大きな立派なカブトムシですが
生き延びられるのでしょうか?

カブトムシ


今年花の咲かなかった一重のクチナシにはセミの抜け殻が、未だセミの鳴き声は聞きませんが
何処かに飛んで行ってしまっています。畑の近くには自然林の公園があり、樹木は豊富にあります。

蟬の脱け殻


庭の鉢植えの美男葛はようやく雄花一輪確認出来ましたが、畑では
既に雄花は幾つも落花していました。

28落花した美男葛

雌花はないかと探すと、花びらに触れるとパラパラと花びらは落ちましたが
これがNO1の雌花

美男葛no1

これがNO2の雌花と思います。自然に受粉していれば、実が育ってきますね。

美男葛no2

ミソハギも咲いています。(だいぶ前から)

28ミソハギ

28ミソハギ一部


黄釣船草はホウセンカみたいな種からどんどんと増えます。雑草のごとくなので
除草していますが、今年も可愛い花を付けてくれています。

28黄釣船草


アガパンサスは一輪だけ咲きました。増やさないように努力しています。
涼やかでステキな花なんですが。

28アガパンサス

止め葉かな?
ドワーフバナナの苗を購入、育て始めて3年目です。
今年も止め葉が出なければ、なんとしょうと思いながら我慢して育てています。
そんな訳で止め葉を出さぬとちょん切るぞと脅しながらの水やりです。

ウン? ひょつとしてこれ止め葉ではないかしら期待出来そうな葉が出てるのですが、
又ぐんぐん育って普通の葉になるのかな?と。
今日は涼しいせいなのか一日経ってもさほど成長していないので、期待してしまいます。
さて結果は如何に?です。

ドワーフバナナ止め葉か

アケビも落ちずに大きくなってきてます。

育っているアケビ

美男葛の雄花がいち早く咲いてきました。
雌花が何時咲くのか、上手く咲いてくれると良いのですが。

美男葛初咲き雄花

秋海棠が畑の隅でひっそりと咲いているのを見つけました。

秋海棠畑の隅てで

一昨年の冬に凍傷に合わせたジュランタ宝塚も復活して咲きはじめました。

28ジュランタ初咲き

コオニユリはもう盛りを過ぎていました。

28コオニユリ

小さな蘭バンダ系でしょうかスミシナンディアも花を見過ごす所でした。
1,5cmくらいの小さな花です。

スミシナンディアアップ28

スミシナンディア中

スミシナンディア全景28

ミニデンドロの仲間。アグレガタムは今年珍しく花茎を3茎も持ちました。
最後の一茎の花も開き始めたので、再度の紹介です。

アグレガタムや7:4

アグレガタム7:5


種からのマツムシソウは次々と咲いていますので、遠慮なく切り花に出来ます。

切り花で活躍マツムシソウ

今年も半年過ぎました。
7月になりました。
帰宅してみるとレウイシアが加湿の夏に絶えられなかったようで、2株は葉も根も溶けてしまい、
背の高い植え替えて根を埋めていた物の根は根だけが溶けていました。

背の高かったこれも

植え替えた根腐れレウイシア

背は伸びていなかった双子のレウイシアも

双子レウイシアの裏


双子レウイシア表

根腐れしていたので、駄目元で排水の良い土に植え替えて、水はやらず霧を吹きかけて
やっていますが、この夏を越すのは難しいかもしれませんね。

レウイシア2鉢に


軒下になる道路沿いの側面に植えてあるサツキは水がたりないのかハダニが発生して葉が白くなっています。
時々水をやり消毒もしていましたら、今頃になって花を咲かせています。
花色は好きな「紅梅」です。庭植でも雨がかからない所は水をやらないとだめですね。

遅れたサツキ紅梅

サツキ紅梅全景


庭の天使の釣り竿も咲きました。

庭の天使の釣り竿

ランタナ庭植にしました。

ランタナ28

ランタナ全景赤系28

コエビソウもまだかと思っていましたら咲いてきました。

28コエビソウ初咲き


蘭 アグレガタム が今年は花茎を3本を持ちました。

アグレガタム3茎

睡蓮木もボチボチと咲いては散っています。一日花です。

睡蓮木の花28

今年初収穫ブルーベリー、我が家のブルーベリーは酸っぱいです。やがてジャムになります。

28ブルーベリー

自転車がパンクしてトボトボ歩いていた川沿いの道の草むらの中にブルーの色の花を一輪見つけました。
引っ張ると簡単に抜けたので持ち帰りました。
この花はなんでしよう?
花はおよそ経3cmでとても良い紫っぽいブルーです。2cm位の距があります。

花正面

?花

葉や茎の様子です。

?花の茎部分

?花の葉

図鑑やネットで調べてみましたが名前が分かりませんでしたでした。
園芸種のように思います。どこかで鉢植えで見かけたような気もします。


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.