9月絵手紙NO2
お彼岸になり過ごし易い日が増えてきました。

花達も秋の花に衣替えし、絵手紙に描きたい意欲が湧いてきました。


若い頃は何か毒毒しいと思い、好きではなかった彼岸花ですが、
良く見るとなんとも美しい形で好きな花になりました。
彼岸前後には忘れず花を咲かせています。畑の隅に1球植えていたのが、今年は4輪咲きました。



彼岸花29縦


彼岸花立ち止まり



コスモスも何処かからか種が飛んで来て、植えてもいないのに、大きな2株が咲いています。
切り花にも便利です。


絵手紙コスモス29


掘り上げたコルチカムも元気に開いてきたので、もう1度描いてみました。


絵手紙コルチカム29の3


昨日24日は老健でハーモニカのボランティアをしていました。ハーモニカクラブ全員参加なの
で私はセカンドパートを。大勢なので気楽なボランティアでした。
さる19日は毎年9月敬老の日前後にある、近くの集会所のデイサービスでのボランテイアでした。
ここは長年行っており今年で15回目です。最初はコード、バス、メロデーとハーモニカだけで、
充分楽しんで貰えていましたが、今年からは二人になるので、
穴埋めにマジック(一昨年から習い始めていた)もしてみました。
すると、とても喜んでもらえました。この集会所は、後10年利用出来るのでよろしく!!と。
10年は無理ですが、5年はできるかな?と、
コルチカムを見習って今ある立ち位置で地道に楽しんでみようかなと思ったところです。



田舎行きも終しまいになるので、田舎から絵手紙材にと株を運んだ野葡萄ですが、
実は付くけれど、まとまって付けてくれず、あちらに1~2個とパラパラの実の付き方で
今年も描けないなと思っていました。
ところがブロ友さん(私のお師匠さんでもある)の野葡萄を見てこれなら私の野葡萄でも描けるかなと、
ヒントを得て今年初めて田舎から運んだこの野葡萄を描いてみました。


29野葡萄

バラバラの実を集めて落ちたような場所に付いていたように描いてみました。

絵手紙の葡萄


アシナガバチが畑の老爺柿に巣を作っているの見つけて、このままにして
大きくなる迄見守ろうと決めました。今は蜂達は皆成虫になり何処かに飛び去ったようです。
空の巣を測ると、12cm×8cmの大きさです。女王蜂を残して死に絶えるようですが、
女王蜂はどこで越冬しているのでしょう?


アシナガバチの巣


絵手紙アシナガバチの巣裏


絵手紙アシナガバチの巣表から


コルチカム、睡蓮木他
毎年、葉が枯れると掘り上げて保存し、時期がくるとプランターや鉢の隅に置いて
楽しんでいたコルチカム。
どうやら今年は堀り上るのを忘れてしまっていたようです。だんだんと初事がトホホ~~~
蕾をもたげた所から掘り出してきました。そしてあちこちに配りました。

掘り上げたコルチカム


花の終わったコマツナギのプランターに

置かれたコルチカム1

種まきして紫式部かな?と思っている苗の空いた所に。未だ堅い蕾です。

置かれたコルチカム2


睡蓮木の下にも

睡蓮木とコルチカム

睡蓮木がボチボチ咲いていましたが、今日は2輪咲きました。

上の花
上部の花

下の花
下の花


美男葛は畑には沢山稔っていますが、鉢植えの美男葛は今年は1個も稔りそうにありません。
雄花と雌花の咲く時期がずれて、雌花が咲くと雄花を畑に取りに行って受粉させていましたが
3個の雌花でことごとく失敗最後の4個目、この雌花が咲いた時は畑の雄花も皆無になっていました。
鉢植えの最後の雌花です。

雌花最後鉢植え

最後の雌花


蝶豆は身近に置いたプランターで涼やかな花を咲かせ続けています。

9:14の蝶豆


地植えの萩はほぼ終わりに近づいていますが、鉢植えの萩は見頃です。

鉢植えの萩29


傍においてあるベンジャミン1m超の立派な三本仕立ての観葉植物鉢ですが、
プロの如く私が挿し芽して育てたものです。
簡単に挿し芽が出来るはずです。気根がこんなに出ています。何本か挿し芽して同じ
大きさの物を三本仕立てにしたものです。今は離していたはずの三本の木が
それぞれ太りくっついて一本の木になりそうです。

ベンジャミンの気根、下に少し見えるのは鉢植えの萩です。

ベンジャミンの気根


秋です。マルバフジバカマも咲いてきました。

マルバフジバカマ29アップ


29マルバフジバカマ

台風一過
大型台風18号が鳴り物入りでやってきました。未だ青森辺りで吹き荒れているようですが、
皆様大丈夫だったでしょうか?
こちらは結局夜中の三時頃が一番風雨が強かったようですが、心配していた
日曜卓球は普段通り出来ましたし、思った程の事はありませんでした。
鉢が2個転がって、沢山はなっていない柿が1~2個落ちました。

昨日午前中は家にいて、しばらくぶりの絵手紙を描いてました。

先ずは手作りでお気に入りのポシェットを、作ったよ、良いでしょう!!
と知らせたく。


絵手紙ポシェット


絵手紙ポシェット1


つぎに昨年から育てているけどまだ描いてないジュズサンゴを。


ビニール管のジュズサンゴ


絵手紙ジュズサンゴ


球根の力だけで花を咲かせる事の出来るコルチカム。
葉が枯れると皆掘り上げて球根で保存、花芽が動き始めると好きな場所に置いて
楽しんでいます。掘り残したコルチカムが畑で花を開かせそうになっています。
土に残ったものは地温と水分があるせいか、掘り上げたものより早くに花が咲きます。


29コルチカム


そんなコルチカムを。


絵手紙コルチカム29


小型のホスタ他
地植えの中型のホスタは終わり最後に鉢植え(老爺柿の株元)のホスタが
見頃になりました。

老爺柿の下のホスタ


 29小ホスタアップ


29ホスタ丸枠で


29ホスタ縦


黄色のゼフィランサス。開花株を裏隣さんからいただきました。
白、黄色、ピンクと3色揃いました。

黄色ゼフィランサス


白の水引き草珍しいと思い種頂いて蒔きましたら、今では雑草化してあちこちに花を
咲かせています。

29白水引きそう


ドワーフバナナ順調なら今年は実を付ける時期なのですが、
子株を一つ育てた為に親株の力を子株が吸い取ったのか、親より大きな株になり
親には止め葉が出てきません。親は諦めこの大きな子株が再来年位稔るかな?と
これからでる子株は皆潰して再来年を待つ事にします。
かんたんに実がつくように書いてあったのですが、とんでもありませんでした。
最近バナナの苗売っているのも見かけないような!!


29バナナ


神輿草もパンと弾けてあちこちで可愛い花を咲かせています。
放っておけばいいものは楽です。

自然発生神輿草



名古屋帯で
母のだか祖母のだか?ですが、じみ目の名古屋帯があります。
さてこれを何としよう?とパッと捨てられない私は考えます。
まず、お太鼓部分をそのまま温風機の埃除けカバーに。
切って乗せただけで手間要らずでした。

カバーする


半分に折ってある手のほうは捨てればよいものを勿体ない人は捨てられないのです。
広告でみたチャックの沢山付いた便利そうなポシェットが頭をよぎって
それを作ってみることにしました。
袋物は工業用ミシンを持っていられる友人に頼むのが常なのですが、
自分で試行錯誤、少しぐらい無茶苦茶の出来でもかまわないと作業開始
型紙も作らずこのくらいかな~~~と作り進めて。堅くてミシンで縫えない所
は手縫いで一針一針。
なんとか完成意外と可愛いお気に入りのポシェットになりそうです。
裏には携帯とボールペンがはせられるポケットが付いています。


ポシェット


アサリナがどんどん咲いてきて嬉しいです。

アサリナピンク7輪


今年から三年保育で幼稚園に行き始めたしんがりの孫からの、初めてのたよりです。
園の配慮で敬老の日も近いのでジジさんババさんへとの配慮のようです。
パパの運転でジジ、ババさんの所に行きますよ!!のメッセージかな?と
勝手に解釈(ただ好きな車を描いただけかな!!)なんでも可愛いものです。


孫からの最初のたより

無花果はボチボチと多くて3個。丁度良い量の収獲で美味しいです。

29無花果


狭い庭でも楽しめています。
暑い暑い夏もいつの間にか涼しい日も増えてきて、秋ですかね!!
又暑くなるでしょうか?


今年種蒔きして初めて育てているアサリナの花数が増えてきました。

アサリナ紫4輪


9:8アサリナ

アサリナピンク_紫

珍しく秋明菊と夏菊が一緒に咲いています。

夏菊と秋明菊


零れ種からのジュズサンゴも大きく育ち赤い実を一杯つけました。
来年は又あちこちから芽吹いてくることでしょう!!

9:8のジュズサンゴ


連作障害か育ちの悪い飾りナスが小粒ながら良い色になりました。
こじんまりとして可愛いです。なんとか種は採れそうです。

9:8の飾りナス

萩も咲いていたのですが、今年はあまり元気がありません。
地上部が冬に無くなるので、芽出しの時期に千両の日陰になってしまって
充分成長出来なかったようです。

29萩

萩の花を見ると秋を感じます。

29萩アップ


フウセンカズラはまだこんな青い実も花もあります。

2924フウセンカズラ


田舎の道端ではあちこちに、たわわに稔っている山葡萄。絵手紙材にと株を掘って
こちらに持ち帰り育てていました。最初は地植えしていましたが、あちこち枝を伸ばし
実はまともな物も付かずなので、鉢植にして、一房だけでも田舎で稔っている実のように
ならないかと、枝管理をしてみました。がやはりダメでした。
一房の内、2~3粒しかまともな実になりません。下のごとくです。


鉢植えの山葡萄


田舎で自然に稔っている山葡萄はこんなに見事な実を付けていました。

9:1山葡萄アップ

この中に7房は上のような葡萄の房があります。

田舎の山葡萄

ピオーネも夫が育ててみると、庭の隅に植えていましたが、日当り悪く、
狭い場所なので、これ迄口にするような物は出来ませんでした。
今春ひょんなことから一時、息子の葡萄農園を手伝うことになり、少々知識も
増えました。そして実践してみました。やっとこさ一番出来の良いこの一房だけ
なんとか見られる物になりました。
あと3房成なってますが、デラウエアみたいな大きさで、ピオーネ?とは言えないです。
でも食べられそうですよ。一粒味見したら美味しかったです。

ピオーネ1

台湾デンギョ
2010年の1月末に親友と二人で沖縄旅行をしました。

当時の(7年前になるんですね)美女二人です。  夜目遠目傘の下!!

美女二人2


その時に黄色い実を付けた植物がどこにでもあって、大木だったり
垣根だったり。
何だろう綺麗だねと、観光ハイヤーの運転手さんに聞くと、台湾デンギョ
だよと、小枝を折ってくださいました。


台湾デンギョ


台湾デンギョ1


家まで持ち帰り挿し芽をしました。

台湾デンギョさし芽

活着したので、友人の分と2鉢育てていました。
それから何と6年の月日が経ってしまいました。

いつまでまっても花も咲かず花が咲かねば実も付くはずがありません。

ネット検索です。
ジュランタの仲間で先端に花芽が付くと分かり昨年は先端部分は切らないで、枝を間引いて
部屋にとりこみました。

台湾デンギョ剪定済み


そしてこの夏、7年目にしてようやく蕾がみられました。
蕾が付いたよ!!と知らせたい一緒に楽しい旅をした親友は田部井淳子さんと同じ病を得て
3年前に既に亡くなっています。彼女の分と2鉢育てていましたが、冬の室内取り込みを1鉢に
すると、彼女と一緒に枯れてしまいました。


ジュランタと同じ種類と言う事で我が家のジュランタ宝塚の花と実を参考迄に。

ジュランタ宝塚の花

ジュランタ宝塚比較花

ジュランタ宝塚の実

ジュランタ宝塚比較実


今夏ようやっと蕾を見つけました。ヤッターと嬉しかったです。

台湾デンギョ蕾


咲き始めた台湾デンギョの花はジュランタですね。

台湾デンギョ初めての花

花数も増えてきました。

台湾デンギョあちこちと枝に花


8:31台湾デンギョ


この花が落ちると丸い実をビッシリと付けるのでしょうか?待ち遠しいです。


ところが鉢が小さくなったらしく直ぐに水が足りないと葉がうなだれます。
受け皿を置いて対処していましたが、凶と出るか吉と出るかわかりませんが、
涼しい曇り空の今日鉢増しをする事にしました。


植え替え前の台湾デンギョ

植え替え前の台湾デンギョ

根がビッシリ張って鉢から抜くのは大変でした。鉢にそって周りをぐるっと根切りして
やっとこさ引き抜きました。

鉢抜けの台湾デンギョ



お気に入りの鉢に植えていて、鉢を割らないように植え替えるのに苦労しましたので
今度は乱暴に叩いてもも割れないポリの植木鉢にしました。


植え替え後の台湾デンギョ


黄色い実に変わるのは何時になるでしょう!!楽しみにして待つ事にします。



一方この花は何処かからか飛んで来て我が家で咲いていますが、種が飛んでは又何処かに
生えてきて、毎年花を咲かせています。難なく花が見られる物や何年も辛抱努力しないと
花の見られないものや、人生もいろいろ、花もいろいろですね。

丈夫すぎる花


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.