種からのクリスマスローズ
H23年、27年とブロ友さんから頂いた種を蒔きました。
それぞれ個性があり、成長の良い物、遅い物、大柄の物小柄の物など
様々です。


先ず23年種まき組は1番早く(27年)花が咲き始めたダブルの淡いピンクが1株

23-1クリスマスローズアップ


23種最初咲きのクリスマスローズ

翌28年に


23種クリスマスローズ緑茶

そして同じような花が多数(花を見て畑に移動)

クリスマスローズ切り花3種

右の花が一番多いです。(中は我が家に最初からあるベル型の下向き咲きの花)

23種畑多い


左、畑に運んだけど、これ意外と綺麗なスポット入りです。又鉢に格上げされる日もあるかもしれません。


23種クリスマスローズ畑スポット


畑で咲いているクリスマスローズは切り花で楽しめますので、これは又重宝です。
他に未だ咲いてこない、ブラックのダブルやルーセントホワイトらしき物やあります。


クリスマスローズ切り花5茎

23年の種まきで、今年ようやく咲いた花です。随分時間がかかりました。未だ花が見れないものも1株あります。(種からの地植えは遅くなります)

    早く見たいクリスマスローズ       27年種最後に花咲いたクリスマスローズ


セミダブルのこんな花でした。


23種クリスマスローズ2:26


27年の種蒔き組は

(4)のタグから、29年に有径種のリビダスが先ず咲いてきて、早さにびっくりしました。今年は2茎に増えて
蕾を持っていますが、未だ咲いていません。

同じ(4)のタグから今年30年にはこんな黄色いダブルの花が咲きました。
同じ親なのに、この違いはどうしてでしょう?

クリスマスローズミセスイエロー

(1)のタグからは私好みの


クリスマスローズコイチ1


裏は

27種1の裏コイチクリスマスローズ

同じ(1)のタグから良く似た色ですが

クリスマスローズコイチ2

バックシャンです。

27種1裏クリスマスローズ

同じ(1)のタグからこれも同じような花が咲きそうです。


27種1のクリスマスローズ

(2)(3)のタグからは今年の花は望めそうにありません。来年になるのでしようが、これが
標準なんですね。(1)(4)は成長の早い遺伝子を受け継いでいるようです。

来年はこれらまだ花咲かないものが咲き始めるので我が家の庭は賑やかになりそうです。


例年にない今冬の寒さで
今年の冬の寒さは近年にないものでした。当地も一度、−6℃を記録した日がありました。
ニュースで予め冷えることは分かっていたのですが、これまで大丈夫だったものは
そのまま戸外置きのままでした。
すると

軒下の大鉢のニオイバンマツリは幹割れをしてしまいました。液体がにじみ出ています。
こんな事は初めてです。夜間は毎日布をかぶせてやっていたんですが。

根元部分

幹割れ

一寸上の部分も

幹割れ2

暖かくなって何時ものように花を咲かせてくれるのでしょうか?
枯れてしまうのでしょうか?


又冬型の多肉植物「黒光司」も冬型なので大丈夫だろうと思っていたら、
今年の寒さには堪えられなかったようです。



1の方は幹が太くて、先端も緑色をしていて幹も堅いので、葉を落としただけで
すみそうですが、



黒光司大小

背の高い(1)先のほうの様子。

黒光司凍害

(2)の方は幹もフニャフニャで凍ってしまって曲がっている所から上はダメのようです。
一寸した太さの差ですが、違うんですね。


黒光司凍害2


下に置いてある小さな鉢の黒光司は夏の失敗で枯れそうになっていたのを蘇らせた(先端部分)もので、
小さいので夜間取り込みをしていました。元気です。

花月を凍らせた三年前の失敗で今年は花月は室内に。
大きく立派だった花月がなんとこんな風になりました。
一番小さくて保護された花月が今では一番大きくなってます。
右に古株が見えますね。年数が経つと面白い形になるかな?

花月伯父さん


梅の花を見ていると

30紅白梅


メジロがやってきました。


30梅にメジロ

もう一羽も飛んできました。
じっとしていないので、上手く撮れませんでしたが、番で居ます。


30梅にメジロ2

新しい餌場で番で食事中。


支柱のメジロ2羽

お隣さんも同じように蜜柑を枝に刺してメジロを呼んで楽しまれています。


隣のメジロ


ヒヨドリは何時もやって来て蜜柑横取りしていますが、ムクドリが蜜柑を食べに来たの初めてです。
ムクドリも蜜柑好きなのかな?

ムクドリと蜜柑


無加温のサンルームでシンビジュームが花開いてきました。
赤色は栄光、ルナと懸垂性の湖衣姫です。


シンビジューム3株


園芸作業あれこれ
今日は本格的な春を思わせる穏やかな暖かい1日となりました。
こんな日はついつい庭に出てあれこれと庭いじりを始めることとなります。


先ずは田舎通いをしていた頃鉢のまま庭に埋め込んでいた松が成長して、
そろそろなんとかしなければと思っていた物。2月だけれど、もう植物達は
動き始めているようなのりで、OKかなと?。


掘り出してみるとなんと根は小さなポリポットを突き抜けて、深く太く
成長していて、切り詰めないと掘り出せません。同時に
何を植えていたのか忘れてしまった、空になったポリポットと角鉢も出てきました。
いつの間にか枯れてしまったのでしょう。



黒松ポリポッとから


根がポリポットから出て、下に伸びた事で結構大きな松になっています。
根も大きく切れてしまいましたので、枝葉もせっせと切り詰めて、30cm×40cmの角鉢に植えてみました。
立ててある方は意外と良い形になったなと。寝せてある方は幹もバッサリと切り詰めました。
これから盆栽風に育ててみます。先ず植え替え後生き延びてくれればですが。


黒松ポリポット植えかえ


侘助椿も同様に鉢のまま埋めてありました。同じように根が出ていましたが、
根が切れた分、幹を切り詰めて同じ鉢に植え直しました。
今年は蕾がありませんが、来期は花を付けてくれますように!!


侘助椿の植え替え


元々の白加賀の梅の木に紅梅と緑萼、しだれ梅など接ぎ木して二人で遊んでいます。
紅梅と緑萼は私の接ぎ木も成功していますよ。


緑萼紅梅白加賀


プランター植えの満作も満開になりました。


2:20満作満開


虹色スミレも綺麗に見栄えよくなりました。


2:20の虹色スミレ


長く咲き続けていた黄色のパフィオはそろそろ終わりです。
次のパフィオにバトンタッチです。


パフィオ2種黄色は最後


左このパフィオが咲きました。

パフィオ蕾み30

我が家には猫が時々松の木に潜んで、小鳥をねらっています。
それで猫が手を出せない支柱の上に蜜柑を移動させてみました。


竹竿に蜜柑のメジロ


竹竿に蜜柑のメジロ2


福寿草が咲きました。昨年迄の元気いっぱい畑の福寿草は何故か全滅し、
鉢植えの千両の隅に一株だけ残ったものです。
離れた所に新芽が見えるので、このままそっとしておこうかなと思っています。
福寿草は何故か同じ所に植えておくと突然全滅するんです。

千両鉢で同居のこの福寿草は植え替えも出来なくて長く同じ所に生きているのですが、
混植して置くとよいのかな?解らない事が多いです。

生き残りの福寿草

昨年元気いっぱい、たくさんの花を咲かせてくれた福寿草です。
今年は1芽も顔を出しません。


2:5福寿草全景

クリスマスローズ
クリスマスローズは寒さに強く、花(萼)も長く咲いていて、育て易い、
交配して種から育てると自分だけの名花が生まれるとか、魅力一杯で
人気です。
そんなクリスマスローズに首ったけのブロ友さんから、交配種が送られて
来て、当たるも八卦当たらぬも八卦と育てているクリスマスローズがあります。


そんな種からのクリスマスローズ達です。

23年の秋の種まき組から

一番早く(28年)蕾を持ち咲き始めた元気の良い名花ダブルの花。


23-1クリスマスローズアップ


23-1クリスマスローズ


翌年(29年)になって咲き始めた花。


23-2クリスマスローズ


23-2クリスマスローズ全景


同じ29年小ぶりの花で蕾の緑が強いこんな花。今年まだ花が咲かないブラックのセミダブルの良花もありますよ。

23-4緑クリスマスローズ


今年(30年)にようやく花開いたセミダブルの赤紫。


遅咲き初開花エルフィン


23-最後セミダブル


そして27年種蒔き組にNO1の名花が咲きました。
美人そうなので、早く花が見たいと夜間玄関に入ました。


エルフィン1期待大

花開きました。期待通りの可愛さです。

27-1クリスマスローズアップ


27-1クリスマスローズ


同じ27年の種まき組にはこんな黄色のダブルの花も咲きました。
黄色を一度枯らしたので嬉しいです。


27-4クリスマスローズ黄


上に向いて咲きそうなこんな花もあります。


27-1 k2クリスマスローズ


27年の種まき組の中には有径種のリビダスも育っています。
昨年から咲き始め今年は株別れして2茎に花が咲きます。
左に写っているクリスマスローズです。右はNO1の名花です。


27-4と1クリスマスローズ

まだまだこれから、来年以降にどんな花が咲き始めるか、咲くまでが楽しみです。
それぞれに名前を付けてやらねばと思い初めているのですが、名前どうしたものかな?

買って来た花達は

我が家で一番高価な花。まだ蕾みですが、ダブルの糸ピコです。

糸ピコクリスマスローズ2:17

有径種のフェチダス。縁に赤色が出ました。


フェチダス2:17


クリスマス頃に咲かせたくて購入しているニゲル。
純白からピンクへと色が変わり、今はこんな色になっています。


鉢クリスマスローズにげる2:17

軒下に置いたニゲル(上)は名前の如くクリスマス頃から咲き始めましたが、
庭の梅の木の下に地植えにした物はまだ蕾みです。ニゲルでもまだ咲かないのです。


1:17クリスマスローズニゲル

クリスマスローズのミニのような雪割草も咲いてきました。


30雪割草





蘭 他
今日は3連休の最終日なんですね。サンデー毎日の私達はそんな事にも
気づかずに過ごしてしまいそうです。


戸外に花の無い時期部屋では蘭の花が咲いてきます。耐寒性のあるデンドロは
長く戸外に置いてますので、(セッコクの混ざった小型種は戸外置きのままです。)
花などまだまだ先です。


デン・プリンセスが咲いてきました。


デン・プリンセス30全景


デン・プリンセス30


小型の蘭「ディネマ・プルポラボン」も咲きはじめました。


ディネマ・プルポラボン30

長く咲き続けている黄色のパフィオや、香りの良い蘭と並べてみました。
こんな小さな花です。


蘭そろい踏み


懸垂咲きの湖衣姫は次々と花数が増えてます。

湖衣姫下から

まだ蕾みの「栄光」


30シンビジューム・栄光


「ルナ」右端に写っているのは栄光です。


30シンビジューム・ルナ

パフィオの次の花も大分ふくらみましたが、咲くのはいつでしょう?


パフィオ蕾み30


今年27年種からの初咲き期待大の印「1」昨日から夜間取り込み開始です。
期待に違わない美女のようです。


エルフィン1期待大


23年種蒔きの遅咲き初開花、レッドのシングルかと思ってましたら、ミヨシの
スモーキーピンクに似たセミダブルが開花しました。これもなかなかの美形です。


遅咲き初開花エルフィン


お気に入りの多肉さんの蕾もようやく大きくなりました。
里から子株を持ち帰った物で名前がわかりません。ネットで調べてみますが、
未だに名前は特定出来ません。


名無し多肉開きそう


追記
午後3時半頃には1輪だけ花ガ開いてきました。

名無し多肉花1


径9cmくらいの小鉢に植えてあります。私の名前はなんでしょう!!

名無し多肉全景

サマークリスマスブッシュも白い花を咲かせてます。6月頃には花が落ち萼が赤くなるので、
赤い花が咲いたようになります。


サマークリスマスブッシュ30


ブーゲンビリア一時水不足にさせて、葉を全部落としていましたが、なんとか花蕾を持ってくれました。


ブーゲンビリア30蕾み


庭ではメジロがさえずっています。これは雄メジロです。


雄メジロ

楽しみなクリスマスローズ他
今年の冬の寒さは格別でクリスマスローズの開花も遅れています。
そんな中、なんとか開きそうかな?と開花の近い物を探してみました。


23年種まき組で一番最後にようやく花を持ったクリスマスローズです。
遅い成長なので、どんな花と期待していましたが、レッドのシングル?


27年種最後に花咲いたクリスマスローズ


同じ23年種まき組の成長の良い、今年で3度目の開花となるダブルの花が
今年もいち早く咲いてきました。


初咲きクリスマスローズ30


寒さに強いフェチダスも咲いています。


フェチダス30年初咲き


27年種まき組の成長の良い物は花を持ちました。
1(白W×濃いリバーシブルピンクSW)の印のある物が一番元気です。
親の記録があるので、期待倍増です。

上向きに花を付けた物

1のクリスマスローズ


下向きに花を付けている物

1のクリスマスローズ2

同じ親でも少しずつや、多いに違っている物がありそうです。


4の印。親は黄色のシングルのようです。


4のクリスマスローズ

1と4が今年蕾みが確認できました。2と3は成長が悪いようです。


クリスマス頃から咲いていたニゲルはこんなになってます。


ニゲル2:8


オキザリス・バーシーカラーも咲いています。


バーシーカラー2:8の1


蕾がかわいいんです。


バーシーカラー2:8の蕾有り


30バーシーカラー全景


鉢植えの紅梅が見頃になりました。南の軒下に置いてありますので、地植えの物より一段と
早い開花でした。


見頃の紅梅盆栽


北側のプランターの満作も咲いてきました。まんず咲くので満作とか、今年は遅いように思います。


満作2:8初



エアープランツ続き
今年初めて花を咲かせた、エアープランツ・シーデイアナ
何かと出歩いていて花が終わった頃にようやく気づく始末(前記事)
2輪目はどれ位の間隔で咲くのかな?と観察していると、昨日から花穂が伸び
今日は咲いていました。

2輪目です。


エアープランツ・シーティアナ


エアープランツ・シーディアナ全景2


およそ2時間後ふと見ると穂全体の上にまで花が伸びています。

2時間後のエアープランツ・シーディアナ

真上から見るとこんなです。雌蕊が黄緑ですね。


エアープランツ・シーディアナ上から


今年の寒さはこれ迄になく厳しいもので、これまでは戸外で越冬し花も咲かせていた
和系のシンビジューム「サザナミ」の蕾が哀れにこんなになっています。葉も大分
傷んでいます。生きていて来年には又花を咲かせてくれると思いますが、今季はダメですね。


サザナミ寒波で


寒波に遭わなければ
上は栄光
下がサザナミで、こんな風に咲くんでしたけど。

シンビジューム2種


スノードロップが今年は6輪の花です。最初に咲いたのもまだ咲いてます。


スノードロップ6輪咲く


今日のメジロ


隣に来たメジロ

蜜柑の食事が済むと、コブシの木の上でさえずっています。春ですね。


コブシの上でさえずるメジロ

エアープランツ
今日はこの冬二度目の雪になりました。
朝早々に、今日のハーモニか教室は中止にしますと連絡が入りました。
そんな大雪でもなく、バスも動いているのに、ちょっと残念です。

そんなポコット空いた時間には好きな植物達に目が向かいます。
するとアレアレ新しい発見です。


去年12月18日に蕾付きで購入したエアープランツ・シーディアナが咲かないなと思っていたのですが
なんと咲いていたのです。目立たない花です。一輪咲いてもう終わりそうです。


シーディアナ花アップ


シーディアナドアップ


これから次々と咲くのでしょうが、花はあまり目立ちませんね。黄色い花色です。


シーディアナ花全景


28年1/21に購入したオアクサカーナーにも蕾が出来ていました。
これも目立たない蕾で今日ようやく気づくことが出来ました。



オアクサカーナ


梅の木にヒヨドリではないと思える鳥が番でいます。


雪の朝何鳥

1羽しか撮れませんでしたが、撮れなかった鳥は茶色の部分が多く丸いかんじでした。


鳩も雪の上を歩き赤い実を拾っているようでした。
番で訪れてます。


雪の朝鳩の散歩

近くの電線に飛んでいきました。


雪の朝鳩番



春がそこ迄
昨夜は雲のない夜空に、皆既月食が見られ、寒い中、時折外に出ては壮大な天体ショウを
楽しめました。

今年はことのほか寒い冬になっています。まさに大寒です。
でも2月となり立春もほどなくです。私には寒い寒い冬最中ですが、植物達はしっかりと春を感じているようです。
鉢植えの紅梅が一輪咲きました。

紅梅初咲き

雪の下から蕗の薹もちょこっと頭をだしていました。
描いてみようと、持ち帰り描いた後は、お味噌汁で春の香りを。


1月末蕗の薹


絵手紙蕗の薹2:1


消しゴムハンコを作ってみました。なかなか上手く出来ませんが
早速使ってみました。


消しゴムはんこ郵便車


里近くに住む妹から荷物が届きました。


絵手紙里から


その荷物の中に知人からの「香妃」というキウイの枝が入っていました。
その方は、畑(里の)に行く途中に住んでいられ、昨年秋にこんなキウイだから食べてみてと
味見をさせてくださり、接ぎ木の適期に枝を採ってあげると言われていたのです。
忘れもせずに妹まで、届けてくださったそうです。
それでこんなキウイだったかな?と思い出しながら、描いてみました。


絵手紙香妃


無加温のサンルームでシンビジュームの湖衣姫が咲いています。まだ蕾も4茎あります。
この寒さで蕾が少し黄ばんだように思い心配です。


シンビジューム・湖衣姫2:1

メジロさんが仲良く並んで、可愛いのです。
意外と長く寄り添っていたのに、腕が悪くてボケてました。


2:1メジロ1


2:1メジロ2


2:1メジロ3

Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.