FC2ブログ

コブシが咲いた
待ちに待ったコブシが一輪咲きました。

コブシの実が絵手紙材に良いので、我が家の庭にも出来たら良いなと思い
無謀にも大木(15m〜10m)になるコブシの種をまいたのはH25年10月23日のことでした。
それから7年、手の届く所で芯を止め、上に伸びる枝は切り、適当な数の枝を
下に下にと誘引していました。
葉芽とは違う花芽らしいものを見つけたのは今年初めでした。

最初に見つけた物は

コブシ1の前

次にこの蕾、最初の蕾よりは小さかったのです。

コブシ蕾み発見

ところが今では最初の蕾は大きな変化がなく、

コブシ蕾み1

同じ日に2番目に見つけた蕾は膨らんでいます。

コブシ蕾み2の2

コロナウイルスで日々ガーデニングに励んでいるこの頃なので
毎日何時咲くか何時咲くかと楽しみに観察していました。

コブシ蕾み2の3

コブシ蕾み2の4

すると今日24日昼頃に開いてるのを見つけました。嬉しいです。
ヤッターという感じです。


コブシ開花

夕方5時頃には昼頃より少し違う、これが全開と思える花に出会えました。

コブシ全開

生憎風が強いので、花が傷まないように、何時迄咲いているのかなと気になります。
変化のない蕾らしき物は葉芽ではないと思っているのですが、これはこれから
どうなるのかな?

追記
蕾らしき物は葉芽となり
雪に見舞われた1輪の花はまだ頑張っています。意外と長く1週間は咲いていることがわかりました。

雪の翌日のコブシ



ついでに咲き始めた花木も紹介します。

畑のラッパ水仙と赤い木瓜

水仙とボケ

家の周りにある白八重木瓜と赤い木瓜

ボケ白赤縦

やさしい色の草木瓜

草ボケ令和

我が家自慢の乙女椿と卜半の2種咲き


乙女椿と卜半令和


シャリンバイも咲き始め今年は何故か色が濃いです。

シャリンバイ令和

暑さ寒さに強い「コロナバレンティノ」道沿いにあります。

コロナバレンチィノ全景令和

コロナバレンティノ令和


鉢植えを地植えにしたハナカイドウも蕾を持っています。

ハナカイドウ令和

石楠花「ミセス・フジイ」も咲き始めました。

令和シャクナゲ

これから次々と花達が咲きますね。嬉しい季節の到来です。
コロナウイルスも一日も早く収束して欲しいです。

2月は逃げた。
コロナウイルスで日本中が大変ですね。私達の小さなサークル活動も
全て中止とか、 なんで ? とも思いますが、庭仕事や畑仕事等で時間を過ごし
たいと思っています。

光の春もあっという間に終わり、本格的な春が訪れます。
今年は2月も3月のような陽気の日が多く、花達は早めに咲いています。
クリスマスローズも次々咲き初めていますが、次月にまわすことにしました。


まんず咲くという満作は今年は侘助椿の後でした。

満作令和


今年は畑で黄水仙が見事な花を沢山につけています。


令和黄水仙


次々と咲いてくるので、花瓶にも充分な量飾れます。


黄水仙花瓶


紅梅、白梅、しだれ、緑萼など5種の接ぎ木梅の花も満開の時期は過ぎて
そろそろ見頃は終わりです。2月半ば頃の花です。


満開梅

椿の名花「卜半」地植えの物は今咲き始めていますが、鉢植えで南の軒下に置いた物は
2月初め頃から咲き始めています。


卜半アップ

卜半令和


無加温サンルームに置いてあるデンドロやシンビジューム等はまだ咲きませんが
部屋に入れてある蘭達は咲き始めています。

名無しのパフィオや

パフイオ令和

ミニカトレヤや


ミニカトレア

デン・プリンセス

令和デン・プリンセス

小さな(花径 1.5cm位) の デイネマ・ポリブルボン 

令和デイネマ・ポリブルボン

デイネマ・ポリブルボン令和

これ迄1茎だけだったセロジネは今年2茎に花を持ちました。

令和セロジネ


メジロに蜜柑を、と思うと横取りしてしまう、憎いヒヨドリのご夫妻です。
軒下の鉢植えのこんな木に揃って止まっていたので、窓越しに撮ってみました。

いたずらヒヨドリ夫妻


スノードロップや


令和スノードロップ


福寿草も2月半ば頃に咲いていました。


令和福寿草


今咲いている椿の名花「卜半」と白鳩椿を描いてみました。
今年は4年に1度の閏年なんですね。オリンピックは閏年に開催されること今頃気づきました。
「ぼーっと生きてるんじゃないよ!!」と、チコちゃんに叱られますね。


   令和絵手紙白鳩椿   令和絵手紙卜半
Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.