FC2ブログ

エアープランツとハオルチア 他
エアープランツを育て始めて10年以上になります。それぞれ個性があり、
姿を楽しめば良いのでしょうが、つい花を見たくなります。

「チランジア・イオナンタ」と「ストリクタ」は毎年花を咲かせてくれ、倍々に増えます。
7年目に咲いた「ジュンセア」は花後、子株を3個つけました。
この子株達は7年後でないと花がみられません。
「フクシー」は親株が吸収されるように3株の子株を持ちましたが咲く迄に3〜4年
かかったように思います。
8年経過してもまだ花をつけないものもあります。

今はブラキカウロスが咲いて終わりそうです。
2年前に一度咲き、子株を1株つけて親は枯れました。
その子株が育ち2年経った今年6月9日
こんな葉が出てきたので、花を咲かせるのかな?と思っていましたら


エアープランツ・ブラキカウロス令和花か?

1ヶ月後蕾が見え始め11日に2輪咲きました。


エアープランツ・ブラキカウロス令和


一日花らしく翌 12日は11日の花は枯れ次の1輪が咲きました。


エアープランツ・ブラキカウロス令和2


翌13日には3輪は枯れ新しく2輪咲いていました。


エアープランツ・ブラキカウロス令和3

今日14日に最後の9輪目が咲いて今年のブラキカウロスは子株1個つけて
枯れる事でしょう。そしてこのサイクルを繰り返すので増える事はなさそうです。

エアープランツ・ブラキカウロス令和4


何年前だったか、100均で名前も知らない、「ハオルチア」を購入
台所の出窓に置いたまま時折水をやっていましたら、ビックリ何と花茎が伸びてきました。
多肉植物もどうやら全て花を持つようです。
気付いた時は既に2輪は萎んでいました。

ハオルチア全景

黄色い◯部分を拡大してみました。

ハオルチア花アップ



ハオルチアに花?


蝶豆の発芽が悪く今年はやっとこさ、こんな盆栽風な蝶豆が咲きました。
これから大きくなるのかな?。


盆栽風蝶豆


昨年購入の桃花テイカカズラは又咲いてきて、黄色○の所には又蕾みが出てきました。
又1ヶ月後花が咲くかな?と楽しみです。

桃色テイカカズラ7月

丁度一月前の6/4日にもこのように咲いていたのです。


テイカカズラ6:4


黄色いスイカ
スイカがそろそろ食べられるかな?
と夫は最近ソワソワしていました。何時採ろうかな?と。
受粉して35日になるし、と。

今日は久しぶりの梅雨の晴れ間、気温も30度近く。
採ってこようと近くの畑に行き持ち帰りました。
持ち帰ったスイカにビックリ!!
黄色いスイカとは中身が黄色ではなく外皮が黄色のスイカでした。
苗を購入した時は小玉スイカで中身が黄色と思って買ったようでした。


私もこんな黄色いスイカを見たのは初めてです。
3kg足らずの中玉です。


黄色いスイカ1


黄色いスイカ2


黄色いスイカ3


四分の一は二人のお腹に入ってしまいました。
こんな色をしていて、種が少なく、甘いスイカでした。



6月下旬の花とマスク
令和2年も半年経過、今日から7月です。夕べは酷い暴風雨で台風並みの風が吹いていました。

6月中旬以降に咲いていた花達と今年必需品になったマスクを記録しておく事にしました。


クチナシの一重、実がなるので花は地味だけど、嬉しい花木です。

クチナシ令和

シモツケ赤

シモツケ赤


シモツケ白

シモツケ白


サンダーソニア、白絹病に侵され思うように増えません。

サンダーソニア令和


蘭・アグレガダム  今年は3茎、黄色丸囲いの所に蕾があります。
今年初めて3茎立ちました。


蘭アグレガダム


例年なら水を切って夏越しさせているシクラメンが枯れないので、水遣りしていると
何故だか、又花があがってきました。蕾も次々あがっています。
コロナ禍の折りシクラメンも踏ん張っているのでしようか?


夏のシクラメン


コロナ禍対策の必需品マスク。
最初は手に入らないので、とりあえず、手持ちの布でこんなマスクを作り
凌いでいました。

上部に銅線を入れて鼻に沿わせるようにしています。


マスク1


次に横につまみを入れてみました。

マスク2


しばらくすると立体マスクの型紙がネットで出回ってきたので
端切れで色々な模様のマスクを作りました。
気分に合わせて、昔を思い出しながら。全てシルク製です。
羽裏や色無地等は表に胴裏は裏に使いました。


マスク3


マスク7       マスク4

マスク5        マスク6

このマスクが穏やかな優しい色で一番気にいっています。

マスク8


マスクゴムも手に入らないので、色々工夫して、ストッキングの輪切りもゴム代わりに
便利でした。
マスクには不自由しなくなり、ファッションの1部になった頃、アベノマスクが届きました。
こちらではアベノマスクをしている人を見かけません。

それではあまりに残念なので昔昔の刺繍糸を取り出し
下に小さな簡単な花を刺繍してみました。


アベノマスク1
アベノマスク2

マスク布が小さいのでゴムが長いですね。
出番は何時になるでしょう?皆洗えるマスクなので、私は一生マスクに不自由する事はなさそうです。
最初頃のマスクは既に幾つか、拭き捨て布になってしまいました。


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.