田舎で絵手紙
今年は猛暑でしたね。田舎では8月末に一週間降り続いた雨の前は雨のないカラカラ
の天気続きで、そのせいか、例年のように蚊がいないのです。それには助かりましたが、
蜜柑の実が大きくならないなど、農家には深刻のようでした。
そんな田舎で今年も絵手紙描いていました。

高砂百合 横浜の我が家でも咲いているはずですが、描く暇がなく田舎で。

25高砂百合絵手紙

仙人草 やよく似たマイズル草が道ばたに美しく咲き誇っています。
これは仙人草です。

絵手紙仙人草25


25仙人草

ガガイモだったかな?

絵手紙ガガイモ25

一週間雨が降り続いた後、時期としては遅いと思いますが、茗荷がニョキニョキ
出てきていました。テレビで聞いたベニシアさんのこんな言葉が書きたくて,
添え文にしてみました。

絵手紙茗荷25

田舎の自然の山葡萄は一杯実って、自然はいいですね。

田舎の山葡萄

田舎の山葡萄絵手紙

葛の花も咲き始めていました。

絵手紙葛25

カラスウリも一杯稔っています。未だ緑色、晩秋には美しい朱色になります。

絵手紙カラスウリ25

トランペットエンジェル、夕方には良い香りが漂って来ます。


絵手紙トランペットエンゼル25


山椒の実も赤くなってきました。

絵手紙山椒赤い実25


Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.