梅雨明け頃の我が家の花
今日は関東地方も梅雨明けをしたとのこと。
これまでも暑い毎日でしたが、いよいよ本格的な夏となりますね。
暑いのが好みの花達は元気です。

ホオヅキは元気に蔓延りすぎるので、底をぬいた鉢に入れて畑に植えてあります。
鉢からでることはありませんが、もう三年目になるので、手を入れてやらないと
いけないかな?と思っているところです。

ホオヅキ鉢


夏菊が咲いてきました。この時期に咲いてくれる菊は重宝です。

夏菊3輪

夏菊全景29


意外と早く蝶豆が咲きました(16日)。一日花なので、良い時に撮ってやることができませんでした。

初咲き蝶豆29

今日は2輪目3輪目が同時に咲いています。

蝶豆2~3輪目


何年か前にアサリナですと頂いた種は金魚草でした。零れ種で今年はこの白だけが咲いています。

金魚草白


今年は本物のアサリナ(蔓草)が咲いています。紫に続いてピンク色も咲きました。

アサリナピンク

睡蓮の花に似た睡蓮木もボチボチと咲いています。

29睡蓮木

コバノランタナは寒さにも強く手のかからない花です。

コバのランタナ29アップ

コバノランタナ


ハブランサスがボチボチと咲いています。レインリリーと似ていますが、
雨の後いっせいに咲くと言う事はありません。ようやく2輪咲きました。

ハブランサスアップ29

ハブランサス2輪


岡山の道端から連れ帰ったコマツナギは元気で綺麗です。


コマツナギアップ7:17


コマツナギ7:17全景


ミニ胡蝶蘭咲いています。

7:17胡蝶蘭


クリスマスローズ
27年に種まきしたクリスマスローズの変わり物の紹介です。

先ずビックリ、蕾を持ち、なんと今日咲き始めました。
しかも有径種なんです。どういう経緯で有径種が発芽してきたんでしょう?

種採りをしてくれたブロ友さんはアーグチフォリウスではないかしらとの事。
この葉と花です。蕾は残り4 個、種まきから2年目で5輪咲く事になります。
アーグチフォリウスは成長が早いのでしょうか?

クリスマスローズアーグチフォリウス開花

同じ27年種まき組で「1グループ」の苗の中に成長の早い巨大になる気配のある
株があります。プランターを仕切って1~4までの株を一株ずつ植えてあります。
一株だけ抜きん出て大きいのです。どんな花が咲くんでしょう



特大苗クリスマスローズ


一輪挿しにしていた畑行きのクリスマスローズ、パッと開いているのに気付きました。
うつむき加減でなく、横向きでパッと、と言う感じです。


平咲きクリスマスローズ

赤系と書かれて売られていた未開花のクリスマスローズ、花咲いてみるとこんな色。
同じような花がルーセントホワイトとして紹介されてたので、私もルーセントホワイト
にしました。梅の木の根元に植えてます。

クリスマスローズルーセントホワイト


赤系とニゲルの地植えです。梅の木の根元です。

地植えクリスマスローズニゲルと赤系


クリスマスローズあれこれ
シーズンのクリスマスローズ、未だ蕾みの物も2~3ありますが、クリスマスローズの
あれこれを思いつくまま書いてみました。


種蒔いて育てていると株が増えてしまいます。花が咲くようになり同じ物だと
管理も大変なので近くの畑に運びます。畑では鑑賞もしてやれないので切り花に
しています。蕊や蜜線が落ちるので、ちょっと問題はありますが、落ちてしまえば
花(萼)は長く咲いているので、切り花にも役立ちます。
水揚げに苦労していましたが、今回ブロ友さんのアドバスを試してみました。


40℃のお湯に花首まで浸けておき、冷めるまで待つというものでした。
早速畑からクリスマスローズ切ってきました。
40℃のお湯に花首まで浸けてます。

クリスマスローズ水揚げ


確かに良く水揚げしているようです。

よって我が家は今クリスマスローズだらけになってます。
1週間後もこのままならいいのですが。

玄関

玄関クリスマスローズ

和室

床の間クリスマスローズ

洗面所

洗面所クリスマスローズ

台所

台所クリスマスローズ


そしてこんな蜜線が黄色な物もありました。このように黄色いのは初めての気がしますが、
この花昨年も咲いていたのです。

クリスマスローズ蜜線黄色


この中の小さな鉢の花、植え替えの時折れたものを無造作に挿しておいたものです。
ピンク系の花は前にも紹介済みです。もう一株北側の隅に生きているのを見つけ小鉢に植えました。

クリスマスローズ集合


小さなクリスマスローズ、根は3本出ていました。元親はどれでしょうか?

小さな蕾クリスマスローズ

一時は倍々と増えてこんなに元気だった有径種のフェチダスが
一昨年

3:16フェチダス

だんだん元気を失ってきました。株分けは×なのです。
昨年

フェチダス全景2:22

増やすのは種だけと本には書いてあるのですが、今年挿し芽でもクリスマスローズは
増える事が分かりました。
いろいろ試してみる事にしました。

フェチダスは耐寒性は−30℃までとのことなので、早めに株分け挿し芽をしてみました。
さてこれからこのフェチダスはどんな経過をたどるでしょうか?
右ポリポットの挿し穂は、花を切った茎です。

クリスマスローズフェチダス挿し芽等

27年に頂いたクリスマスローズの種の中からこんな株が出現しています。
未だ2年目なのに超早い蕾も出てきました。
どうやら有径種の「アーグチフォリウス」らしいとの事
全く謎だらけのクリスマスローズです。


有茎種アーグチフォリウス初蕾みクリスマスローズ

続 クリスマスローズ
クリスマスローズのシーズンになりました。
早咲きの物は咲き続けていて、まだ蕾の物もあり、咲き始めた物など色々です。

開花株ではなくプロ育成の苗を育てたクリスマスローズ達は。
ほぼ写真通りの花を咲かせます。

ミヨシのスモーキーピンクも咲き始めました。
初年度は、花が小さいなとちょつとがっかりしていました。鉢植えの物は
花径4cmで小粒のままですが、

ミヨシスモーキーピンク鉢植え


株分けして庭の隅に植えたものは花径6cm以上の見応えのある満足な花を咲かせました。

地植えのクリスマスローズミヨシスモーキーピンク


地植えミヨシクリスマスローズ全景


杉山フラッシュも良い花色です。

杉山フラッシュ2の1


杉山フラッシュ2の2

杉山ピンクダブルも今年はまだ蕾ですが、期待通りの花のようです。

杉山ピンクダブル蕾み


エ7号コンテナから鉢上げしました。

クリスマスローズエの7アップ

昨年も蕾のままでしたが、今年もパッと開かないのかな?
黄緑色のダブルの小粒です。18cm鉢に鉢上げです。

植え替え後のクリスマスローズエの718の鉢

初代クリスマスローズの零れ種 実生株は今年元気で多くの花を持ちました。


実生クリスマスローズ全景


27年開花のエ号、同じ花多数で今年畑行きと思っていましたら、ちょっと待ってと!!
お隣さんから声かけがあり、どちらに嫁ぐやら、記念写真を撮っておきました。


嫁入り前のクリスマスローズ

裏のプランターで以前から満作が咲いています。

29年満作

我が家のクリスマスローズ
我が家に最初にクリスマスローズがきたのは何時の頃だっただしょう?
10年は前でありますが、??それが何年前だったか、定かではありません。

そんな最初頃のクリスマスローズで今残ってるのは、こぼれ種で増えた子供達です。
こぼれ種で増えなかった白と黄色は消えてなくなりました。
その初代のクリスマスローズです。

初代クリスマスローズ29:2:10

蕾の形が最近のクリスマスローズと違って可愛いでしょう?。


初代クリスマスローズ蕾み

5年前に購入した糸ピコダブル
昨年株分けした子株の方です。親株は少し元気がありません。
クリスマスローズは7年もすると板根化するので株分けしないと花付きも悪くなる
というので株分けをしたのですが。


糸ピコダブル一輪29


糸ピコダブル29

杉山フラッシュ

29杉山フラッシュ

杉山ダブルは今年未だ蕾みです。


今シーズン最初に咲いたニゲルはこんなになっています。一輪だけ種を残しました。

ニゲルの2:10

今年新入りさん

29年購入クリスマスローズ

ここまでは購入したクリローさん達です。

ここから23年の種まき組の紹介です。

エ1号

29エルフィン1初

今日はこんなに立派に咲いてます。

エルフィン1の2:10

エ2号

エルフィン2号セミブラック

これも立派になりました。


エルフィン2号2:10

エ3号(一昨年開花株で仲間入り)

29エルフィン3号


エルフィン3 の2:10

ここから23年種まき組の初咲き組です。
エ4号
黄緑色のダブル。茎が短く地面につきそうです。

黄緑ダブルエルフィン4

エ5号

エルフィン5

エ4と5を上から見るとこんなです。
右が エ4 左が エ5

黄緑とエルフィン5

エ6 今年初咲きだけど大株(丈は短い)で大柄の花

エルフィン6

エ6 全景

エルフィン6全景


なかなか開花しない小さな蕾、背丈は高いですね。
エ7号

エルフィン7蕾み


右がエ6、左がエ7
エ7の下にエ4と5は隠れています。


小粒とエルフィン7

4、5、6、7、は 同じプランターに入っています。
今春鉢に独立させたり畑に運んだりしましょう!!
27年秋又種まきしています(今度は親株が解っています)。27年組は来シーズン咲くのは無理かな?
親が解っていても、同じ親でも今から苗の形や成長ぶりは千差万別さてさてどんな花が咲くのでしょうか?




Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.