自画自賛
気温の乱高下が続いていますが、次第に春めいてきました。

今日は初めて作ってみた帽子が出来上がりルンルン嬉しい気持ちです。
帽子なんて作れるものではないと思っていたのですが、いとも簡単に出来るんです。
ビックリです。生地にもよるのでしょうが、しっかりした夏帯のバッグの残り布で
ふと作ってみようと。
如何ですか、好みの帽子の出来上がりです。


夏帯帽子


一昨年だったかな?この夏帯でセミプロの友人にショルダーバッグを作ってもらっていました。


夏帯ショルダー


その残り布なので、お揃いで使えます。早く初夏がこないかな!!と待ち遠しいです。

さらに帽子の縁取りとリボンは
かつて、ベストとズボン作った残り布なので、さらに揃えて着る時はなんだかオシャレに
凝っているように見えません?でもこんな事、気づくのは作った私だけかもしれませんけど。
苦肉のリメイク品でオシャレです。

昔のベストとズボンも再度紹介です。縁取りはこの残り布です。


28秋作パンツ_以前のベスト


冬の寒い時ボチボチと祖母の大島で作務衣作りをしていました。
地味なので、私のピンクの絵羽羽織残り布の模様を利用して伊達襟を付けてみました。
なんとかきれるかな?。


作務衣

我が家の椿
私達が家を建てたのは、もう45年も前になります。三人目の末っ子が生まれた時
社宅では狭くなるので、こちらに家を持ち、産後の世話になっていた田舎から3人の
子供達を連れてこちらに帰って来ました。引っ越しは夫一人でこなしましたよ。


年子に近い3人を夢中で育てた我が家です。いろいろな事が思い出されます。
最初に買った椿は八重の乙女椿。その時はそれが一番の好みだったんですね。


3:18乙女椿

それから何年も経過するうちに我が家の椿はいろいろと変わっていきました。

次に来たのが白い椿

白椿30


同じ頃に絞り柄の椿
今年はまだ蕾です。


絞り椿蕾み30


昨年の花

変わり花椿全景

卜半と言う名花を知り

29卜半アップ

乙女椿に卜半を接ぎ木してみました。


30卜半と乙女椿

白い椿は2本有り、一本の木にピンク色の濃い侘助椿を接ぎ木しています。


椿白と侘助


その同じ木に、鉢植えで頂いた、浄蓮の春と言う椿も接ぎ木しています。
この白い元の木には濃いピンクの侘助椿、浄蓮の春の3種の椿の花が咲きます。
左にみえるピンクの大きめの花が浄蓮の春です。

3:7浄蓮の春と侘助


これら卜半も侘助椿も、浄蓮の春も椿好きの年配のご婦人が、挿し木しなさいと、
これもこれもと枝をくださった物です。ほどなくして階段から落ちられて、子供さんの
近くに越されて行かれましたが、もうお彼岸に渡られているのかな?と。

そんな挿し芽から育った白い鳩が止まっているような花付きの良い白鳩椿(フラテルナ)
も大分大きくなりました。


白鳩椿30全景


白鳩椿30アップ


侘助椿、白は挿し木成功せず、ピンク色の太郎冠者は元気にプランター植で育っています。


太郎冠者3:15

好きな藪椿、挿し芽苗をわざわざ田舎から持ち帰り鉢植えにしていますが、
今年は日当りが良すぎたのか、病気なのか葉が黄色くなり、蕾が未だ開きません。


藪椿蕾み30

昨年の藪椿です。

29藪椿


軒下で幹割れしたニオイバンマツリに、初めてこんな実が付いているのを見つけました。
10 年位は育てていると思いますが、実が付いたのはこの1個が初めてです。


ニオイバンマツリ種


黄色い◯の所に実が付いています。


ニオイバンマツリ種全景



雪割草
ミニクリスマスローズのような雪割草もこの時期咲いてきます。
小さいのでクリスマスローズより体力が無いのか、育て方難しいです。
そんな中で生き残っている比較的丈夫な雪割草が今年も可憐な花を
咲かせてくれました。

最初に我が家に来た雪割草何年もこの同じ場所で咲いています。
よく見ると株別れして3株位に増えていました。


紫親雪割草30


この花の種から芽生えは何度かするのですが、ある年2株が育ち今年はこんなに咲いています。
何度か種をまき芽はでるのですが、成長したのはこの2株だけです。一寸旬が過ぎました。


紫子雪割草30


次に丈夫で枯れなかった赤い雪割草、同じように種まきして(同じ石鉢の中に)
なんとか育った1株に花が咲きました。もう一株も遅れて咲いてきそうです。
上に1輪みえるのが子供です。



赤雪割草30全景

親は株に別れてして2株になっています。

親赤雪割草30

黄色い◯で囲った所に花芽があるような株が見えています。

青雪割草子


昨年も種まきしました。こうして芽生えはするのですが、花の咲く迄成長するのは
難しいのです。何年も経って、ようやく2株ずつ成長した事になります。


    30 雪割草芽生え2         30雪割草芽生え1


しべのピンクが可愛い雪割草。お天気と私の日程が噛み合ず
オバアさんになってしまいました。

ピンクスポット雪割草30

昨年の画像がありましたので載せてみました。可愛いでしょう?別人みたいです。

蕊ピンク雪割草29


薄ピンクのおとなしい雪割草


ピンク雪割草30

原種シクラメンコームも咲いてきました。花茎や葉茎がフニャフニャと長いです。


原種シクラメンコーム30


故郷の河津桜とメジロ。
写真が趣味の中学時代の同級生からの写メールから。
私のデジカメのメジロとは大違いです。腕もカメラも良いですね!!ビックリビックリ。


協治君のメジロ


気温の乱高下で
ここのところ暖かいと思ったら、真冬の寒さに。昨夜は大雨。
今朝は猛烈な風が吹いてました。花達も良いタイミングでの記録ができません。


クリスマスローズ、23年種まき組の同じ花を畑に運んでいましたが、
今年あれ!!この花少し違う、綺麗だなと言う花見つけ、花を一杯18茎も付けていたのですが、
地植えのままで包丁を入れ三分の一を鉢上げし、持ち帰りました。


クリスマスローズブロッチ鉢に

このそばかすの入り方はブロッチというそうです。
なので「23サーモンブロッチ」と一応名付けておこうと思います。
根を傷めたので、咲いていた花は切り花にしました。

クリスマスローズブロッチ花瓶に


畑のそのままの所に三分の二は残しました。

クリスマスローズブロッチ残り


クリスマスローズ切り花5茎


2月末最初に切り花にした時の左に写っている花です。
真ん中の下向きの花は最初に我が家に来た花で、畑にも一杯に咲いてます。


元祖クリスマスローズ畑で



2/26に切り花にしたクリスマスローズはなんとか水揚げを頑張り、今は次の花も咲き始めて
賑やかになりました。「23サーモンブロッチ」は右側に写ってます。

クリスマスローズ最初の切り花の今


その他の花はそばかすがスポットで下の株の花を切りとったものです。


23クリスマスローズブロッチ畑



北側に地植えしていたニゲルがいつまでも成長せず、堅い蕾のままなので、
早く咲かせたくて購入したのに意味がないと、何故いまだに咲かないのかな?と掘り返してみました。
土が悪いのか、根が貧弱でした。鉢に植え替えるとようやく清楚なニゲルの花が咲きました。
緑色の沢山の花は名前の如くクリスマス時期に咲き始めたもう一つのニゲルの花です。
そろそろ花を切りとらねばと思っています。


クリスマスローズニゲルとニゲルとブラックセミダブル


エアープランツ・シーディアナが一輪一輪と咲きすすんで、てっぺんらしいこの花で最後かなと思っていたら、
なんと未だもう一蕾みありました。
2月初め頃から目立たない小さな黄色い花を咲かせて、一輪ずつボチボチと咲いています。

エアープランツシーディアナ最後かな?



エアープランツもう1 蕾み


三月末頃まで咲いているのかな?

我が家の多肉植物
水やりの心配の少ない多肉植物が田舎通いをしている間にいつの間にか
増えています。多肉植物は良く似た物も多く名前もよく分からない物が
多いのですが。

花の咲いているもの2種同居で右の花は良く咲きます。
博星かな?


3:4多肉2種



2:24多肉花アップ


カランコエ・ミラベラ


多肉カランコエミラベラ3:4


大型の花キリン冬咲きで夏は咲きません。


冬咲き花キリン3:4

戸外置きでなんとかこの冬を越した朧月に蕾が付きました。右2番目


3:4 多肉朧月


幹割れしたニオイバンマツリの株元に置いてある「虹の珠」と「乙女の恥じらい」も戸外で大丈夫でした。


多肉虹の珠と乙女の恥じらい

胡蝶の舞もOK

多肉胡蝶の舞3:4


暮から咲いている冬咲きサボテンまだ咲き続けています。


3:4 サボテン冬咲き

寄せ植えの多肉です。

多肉の寄せ植え3:4


右の小さなグリーンに中心が白い多肉「センペルビューム」。花かと思ったら何とアブラムシです。


多肉センペルビューム


なんと一杯の虫です。こんにに沢山になる迄気づかないとは。トホホです。

センペルビュームだけ多肉


今年花の咲かなかった「錦晃花」植え替えないといけないようです。


錦晃花3:4

子持ちレンゲと何かな?


a href="https://blog-imgs-120.fc2.com/f/l/o/flower200752/20180304094149e64.jpg" target="_blank">子持ちレンゲ他1多肉


三時草

三時草多肉

砂漠の宝石

砂漠の宝石

冬咲きの多肉なんですが、今年は花咲かせなかった。なんでかな?
植え替えないといけないのかな。

冬咲き名無し多肉

月兎耳と七宝寿

月兎耳と七宝寿


サマークリスマスブッシュに見た事の無い何かが付いています。

サマークリスマスブッシュの虫

カイガラムシの一種のようです。1.5cmはある大きなカイガラムシです。

サマークリスマスブッシュの虫2


キウイの「香妃」と言う枝が送られてきました。挿し木しておくと何と花芽を持って芽吹いています。
これは挿し木なので実は持ちませんが、接ぎ木したものは今年もう実がなるんですね。
赤い実で、美味です。楽しみです。畑の接ぎ木は活着していますように。


キウイの挿し芽に花


今日は暖かい、なんとゴールデンウィーク頃の気候とか。お雛様も片付けたので、
これから庭仕事を楽しみましょう!!。

庭に出てみると、無加温サンルームの多肉達が目に入りました。

アオエニューム


3:4 多肉アオエニューム

「かがり火」?

多肉火祭りか?

綺麗な花が咲きます。?

美花多肉

一番好きな多肉さん。今年は植え替えて増やします。

名無し多肉3:4コイチ

追記又忘れた物に気付きました。


ダイソー由来「ハオルチア」です。

ハオルチア



明日は雛祭り
早いですね。今日はもう3月2日となりました。
私の小さな陶器の豆雛も明後日にはかたづけます。
出すのも片付けるのも1分未満でなにより手のかからないお気に入りの雛飾りです。


陶器雛30


屏風は広島の旧友と川越に行った時、買ったもの。
陶器雛とぼんぼりは横浜駅を通過した時目に止まって買ったもの
台は若い頃近所の友人と横浜アリーナの骨董市に面白そうだから行ってみようと
出かけて、買えるような物もないなかで、唯一気に入って買ったもの
カリンで出来ていて3段に引き出せるんです。
引き出さないで使うと全面の模様が美しいのです。今は一段引き出してあります。
そんな折々の思い出の寄せ集めでもあります。


ドイツに家族と住む姪っ子からクリスマスカードが届いていました。
頂きっぱなしでなんとか返事書かねばと思いながら、どんどん日が経っていました。
そうだ雛祭りだ、それならなんとかなるかなと絵手紙を書いてみました。
一昨年使ったシール雛が一対残っていたので、コーヒークリームで春、周りはパステルで、
サクラのシールもちりばめて、なんとか失敗無く出来て叔母さんの役割果たせました。 ホッ!!。
2月末迄には届いていることでしょう!!


雛祭り絵手紙30k1


又伝言の必要な方に絵手紙でお願いを。
シール雛はもうないので、手描きで。真似っこ雛ですが。
なんとか用事が出来ました。


雛祭り絵手紙30k2


又又メジロです。
25年秋にコブシの種を蒔きました。手の届く高さに芯を止めてあります。
そのコブシの木に何時ものメジロが番で止まっていました。


コブシとメジロ


梅の木にも2羽で仲良く。


梅とメジロ2:1



この梅の木は一株ですが、接ぎ木して、いろいろな花が咲きます。

緑萼

梅緑額アップ

紅梅

紅梅30

白加賀

梅白加賀アップ30

枝垂れ梅のピンク色などです。


しだれ梅



種からのクリスマスローズ
H23年、27年とブロ友さんから頂いた種を蒔きました。
それぞれ個性があり、成長の良い物、遅い物、大柄の物小柄の物など
様々です。


先ず23年種まき組は1番早く(27年)花が咲き始めたダブルの淡いピンクが1株

23-1クリスマスローズアップ


23種最初咲きのクリスマスローズ

翌28年に


23種クリスマスローズ緑茶

そして同じような花が多数(花を見て畑に移動)

クリスマスローズ切り花3種

右の花が一番多いです。(中は我が家に最初からあるベル型の下向き咲きの花)

23種畑多い


左、畑に運んだけど、これ意外と綺麗なスポット入りです。又鉢に格上げされる日もあるかもしれません。


23種クリスマスローズ畑スポット


畑で咲いているクリスマスローズは切り花で楽しめますので、これは又重宝です。
他に未だ咲いてこない、ブラックのダブルやルーセントホワイトらしき物やあります。


クリスマスローズ切り花5茎

23年の種まきで、今年ようやく咲いた花です。随分時間がかかりました。未だ花が見れないものも1株あります。(種からの地植えは遅くなります)

    早く見たいクリスマスローズ       27年種最後に花咲いたクリスマスローズ


セミダブルのこんな花でした。


23種クリスマスローズ2:26


27年の種蒔き組は

(4)のタグから、29年に有径種のリビダスが先ず咲いてきて、早さにびっくりしました。今年は2茎に増えて
蕾を持っていますが、未だ咲いていません。

同じ(4)のタグから今年30年にはこんな黄色いダブルの花が咲きました。
同じ親なのに、この違いはどうしてでしょう?

クリスマスローズミセスイエロー

(1)のタグからは私好みの


クリスマスローズコイチ1


裏は

27種1の裏コイチクリスマスローズ

同じ(1)のタグから良く似た色ですが

クリスマスローズコイチ2

バックシャンです。

27種1裏クリスマスローズ

同じ(1)のタグからこれも同じような花が咲きそうです。


27種1のクリスマスローズ

(2)(3)のタグからは今年の花は望めそうにありません。来年になるのでしようが、これが
標準なんですね。(1)(4)は成長の早い遺伝子を受け継いでいるようです。

来年はこれらまだ花咲かないものが咲き始めるので我が家の庭は賑やかになりそうです。


例年にない今冬の寒さで
今年の冬の寒さは近年にないものでした。当地も一度、−6℃を記録した日がありました。
ニュースで予め冷えることは分かっていたのですが、これまで大丈夫だったものは
そのまま戸外置きのままでした。
すると

軒下の大鉢のニオイバンマツリは幹割れをしてしまいました。液体がにじみ出ています。
こんな事は初めてです。夜間は毎日布をかぶせてやっていたんですが。

根元部分

幹割れ

一寸上の部分も

幹割れ2

暖かくなって何時ものように花を咲かせてくれるのでしょうか?
枯れてしまうのでしょうか?


又冬型の多肉植物「黒光司」も冬型なので大丈夫だろうと思っていたら、
今年の寒さには堪えられなかったようです。



1の方は幹が太くて、先端も緑色をしていて幹も堅いので、葉を落としただけで
すみそうですが、



黒光司大小

背の高い(1)先のほうの様子。

黒光司凍害

(2)の方は幹もフニャフニャで凍ってしまって曲がっている所から上はダメのようです。
一寸した太さの差ですが、違うんですね。


黒光司凍害2


下に置いてある小さな鉢の黒光司は夏の失敗で枯れそうになっていたのを蘇らせた(先端部分)もので、
小さいので夜間取り込みをしていました。元気です。

花月を凍らせた三年前の失敗で今年は花月は室内に。
大きく立派だった花月がなんとこんな風になりました。
一番小さくて保護された花月が今では一番大きくなってます。
右に古株が見えますね。年数が経つと面白い形になるかな?

花月伯父さん


梅の花を見ていると

30紅白梅


メジロがやってきました。


30梅にメジロ

もう一羽も飛んできました。
じっとしていないので、上手く撮れませんでしたが、番で居ます。


30梅にメジロ2

新しい餌場で番で食事中。


支柱のメジロ2羽

お隣さんも同じように蜜柑を枝に刺してメジロを呼んで楽しまれています。


隣のメジロ


ヒヨドリは何時もやって来て蜜柑横取りしていますが、ムクドリが蜜柑を食べに来たの初めてです。
ムクドリも蜜柑好きなのかな?

ムクドリと蜜柑


無加温のサンルームでシンビジュームが花開いてきました。
赤色は栄光、ルナと懸垂性の湖衣姫です。


シンビジューム3株


園芸作業あれこれ
今日は本格的な春を思わせる穏やかな暖かい1日となりました。
こんな日はついつい庭に出てあれこれと庭いじりを始めることとなります。


先ずは田舎通いをしていた頃鉢のまま庭に埋め込んでいた松が成長して、
そろそろなんとかしなければと思っていた物。2月だけれど、もう植物達は
動き始めているようなのりで、OKかなと?。


掘り出してみるとなんと根は小さなポリポットを突き抜けて、深く太く
成長していて、切り詰めないと掘り出せません。同時に
何を植えていたのか忘れてしまった、空になったポリポットと角鉢も出てきました。
いつの間にか枯れてしまったのでしょう。



黒松ポリポッとから


根がポリポットから出て、下に伸びた事で結構大きな松になっています。
根も大きく切れてしまいましたので、枝葉もせっせと切り詰めて、30cm×40cmの角鉢に植えてみました。
立ててある方は意外と良い形になったなと。寝せてある方は幹もバッサリと切り詰めました。
これから盆栽風に育ててみます。先ず植え替え後生き延びてくれればですが。


黒松ポリポット植えかえ


侘助椿も同様に鉢のまま埋めてありました。同じように根が出ていましたが、
根が切れた分、幹を切り詰めて同じ鉢に植え直しました。
今年は蕾がありませんが、来期は花を付けてくれますように!!


侘助椿の植え替え


元々の白加賀の梅の木に紅梅と緑萼、しだれ梅など接ぎ木して二人で遊んでいます。
紅梅と緑萼は私の接ぎ木も成功していますよ。


緑萼紅梅白加賀


プランター植えの満作も満開になりました。


2:20満作満開


虹色スミレも綺麗に見栄えよくなりました。


2:20の虹色スミレ


長く咲き続けていた黄色のパフィオはそろそろ終わりです。
次のパフィオにバトンタッチです。


パフィオ2種黄色は最後


左このパフィオが咲きました。

パフィオ蕾み30

我が家には猫が時々松の木に潜んで、小鳥をねらっています。
それで猫が手を出せない支柱の上に蜜柑を移動させてみました。


竹竿に蜜柑のメジロ


竹竿に蜜柑のメジロ2


福寿草が咲きました。昨年迄の元気いっぱい畑の福寿草は何故か全滅し、
鉢植えの千両の隅に一株だけ残ったものです。
離れた所に新芽が見えるので、このままそっとしておこうかなと思っています。
福寿草は何故か同じ所に植えておくと突然全滅するんです。

千両鉢で同居のこの福寿草は植え替えも出来なくて長く同じ所に生きているのですが、
混植して置くとよいのかな?解らない事が多いです。

生き残りの福寿草

昨年元気いっぱい、たくさんの花を咲かせてくれた福寿草です。
今年は1芽も顔を出しません。


2:5福寿草全景

クリスマスローズ
クリスマスローズは寒さに強く、花(萼)も長く咲いていて、育て易い、
交配して種から育てると自分だけの名花が生まれるとか、魅力一杯で
人気です。
そんなクリスマスローズに首ったけのブロ友さんから、交配種が送られて
来て、当たるも八卦当たらぬも八卦と育てているクリスマスローズがあります。


そんな種からのクリスマスローズ達です。

23年の秋の種まき組から

一番早く(28年)蕾を持ち咲き始めた元気の良い名花ダブルの花。


23-1クリスマスローズアップ


23-1クリスマスローズ


翌年(29年)になって咲き始めた花。


23-2クリスマスローズ


23-2クリスマスローズ全景


同じ29年小ぶりの花で蕾の緑が強いこんな花。今年まだ花が咲かないブラックのセミダブルの良花もありますよ。

23-4緑クリスマスローズ


今年(30年)にようやく花開いたセミダブルの赤紫。


遅咲き初開花エルフィン


23-最後セミダブル


そして27年種蒔き組にNO1の名花が咲きました。
美人そうなので、早く花が見たいと夜間玄関に入ました。


エルフィン1期待大

花開きました。期待通りの可愛さです。

27-1クリスマスローズアップ


27-1クリスマスローズ


同じ27年の種まき組にはこんな黄色のダブルの花も咲きました。
黄色を一度枯らしたので嬉しいです。


27-4クリスマスローズ黄


上に向いて咲きそうなこんな花もあります。


27-1 k2クリスマスローズ


27年の種まき組の中には有径種のリビダスも育っています。
昨年から咲き始め今年は株別れして2茎に花が咲きます。
左に写っているクリスマスローズです。右はNO1の名花です。


27-4と1クリスマスローズ

まだまだこれから、来年以降にどんな花が咲き始めるか、咲くまでが楽しみです。
それぞれに名前を付けてやらねばと思い初めているのですが、名前どうしたものかな?

買って来た花達は

我が家で一番高価な花。まだ蕾みですが、ダブルの糸ピコです。

糸ピコクリスマスローズ2:17

有径種のフェチダス。縁に赤色が出ました。


フェチダス2:17


クリスマス頃に咲かせたくて購入しているニゲル。
純白からピンクへと色が変わり、今はこんな色になっています。


鉢クリスマスローズにげる2:17

軒下に置いたニゲル(上)は名前の如くクリスマス頃から咲き始めましたが、
庭の梅の木の下に地植えにした物はまだ蕾みです。ニゲルでもまだ咲かないのです。


1:17クリスマスローズニゲル

クリスマスローズのミニのような雪割草も咲いてきました。


30雪割草




Copyright © ガーデン日記. all rights reserved.